中国人民銀行:銀行・企業に「暗号資産関連の取り締まり強化」を指示

by BITTIMES

中国の中央銀行である「中国人民銀行(PBoC)」が同国の主要銀行・決済機関に対して『仮想通貨関連の取り締まりを強化して、仮想通貨取引を行う顧客への銀行業務・決済サービス提供を停止するように』と指示したことが明らかになりました。今回の指示を受けて「中国農業銀行」や「アリペイ」などの銀行・企業も取り締まり強化の方針を発表していると報告されています。

こちらから読む:カナダ規制当局、Bybitを警告リストに追加「暗号資産」関連ニュース

「仮想通貨関連顧客へのサービス提供停止」を指示

中国人民銀行(PBoC)が中国銀行・中国農業銀行・中国工商銀行・中国建設銀行・中国郵政儲蓄銀行・Alipay(アリペイ)などの主要銀行・決済サービスプロバイダーを招集して『仮想通貨取引を行う顧客への銀行業務・決済サービス提供を停止するように』と指示したことが明らかになりました。

中国人民銀行は今回招集した金融機関・決済サービスプロバイダーに対して「仮想通貨関連の投機的な取引」などに関する聞き取り調査を行なったとのことで、21日に発表された公式声明の中では『全ての銀行・決済機関は仮想通貨関連の口座開設や登録を行なってはならない』と説明されています。

全ての銀行・決済機関は「ビットコインリスク防止に関する通知」および「トークン発行による資金調達リスクの防止に関する発表」およびその他の規制要件を確実に満たし、顧客識別の義務を果たす必要があります。仮想通貨関連の口座開設・登録・取引・清算・決済などの製品またはサービスを提供してはなりません。

金融機関は、仮想通貨取引所と店頭販売業者(OTC業者)の資本収支を包括的に調査・特定して取引の支払いをタイムリーに遮断し、仮想通貨取引の誇大広告活動の取引特性を分析する必要があります。異常な取引を監視するためのモデル、監視・識別機能、内部作業メカニズムを改善して、そのような行為の関連活動を監視するための措置を講じなければなりません。

主要銀行・企業も「仮想通貨関連の取り締まり」を強化

中国人民銀行の声明の中では、今回の会議に参加した組織は中国人民銀行の指示に従って『仮想通貨関連の事業活動に参加せず、調査・処分の取り組みをさらに強化し、仮想通貨関連の関わりを断固として遮断するための厳格な措置を講じる』と述べたとも報告されています。

先日21日には今回の会議に参加した団体から「仮想通貨関連の取り締まり強化」に関する発表が行われていることも報告されており、中国農業銀行は『仮想通貨関連の違法行為を根絶するためにクライアント調査を実施し、仮想通貨取引への関与が判明した場合には対象アカウントを直ちに閉鎖する』と発表したとも報告されています。

また、別の報道では『Alipayは主要WEBサイトとアカウントを対象とした規制当局の監視システムを設定して違法な仮想通貨関連取引を検出し、仮想通貨取引に関与する全ての加盟店をブラックリストに登録すると述べた』とも報じられています。

中国では取引の追跡が困難な「OTC取引プラットフォーム・P2Pネットワーク・VPN」などを用いて仮想通貨取引を行う事例も増えていたため、以前に"仮想通貨関連規制の強化"が報じられた際には『現地の投資家は政府の取り締まりをそれほど気にしていない』ということも報じられていましたが、中国人民銀行は「OTC取引」なども厳しく取り締まっていく方針を示しているため、仮想通貨業界ではこれらの取り締まりに対する懸念が強まっており、ビットコイン価格も300万円台まで下落しています。

>>「中国人民銀行」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック:オリジナルラベルビールが当たる「7周年記念キャンペーン」開始

コインチェック:オリジナルラベルビールが当たる「7周年記念キャンペーン」開始

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

中東の電気通信大手Zain:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営委員会に参加

中東の電気通信大手Zain:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営委員会に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

JPYC株式会社「JPYC購入で1万円分のETHがもらえるキャンペーン」開始

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す