メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

by BITTIMES

仮想通貨業界ではメキシコ第3位の富豪として知られるRicardo Salinas(リカルド・サリナス)氏が『私と私の銀行はビットコインを受け入れるメキシコ初の銀行となるよう取り組んでいる』と発言したことなどが注目を集めていましたが、メキシコの中央銀行・財務省・銀行規制当局の3組織は2021年6月28日の共同声明で『現行の金融システムはメキシコの金融機関が暗号資産を取り扱うことを禁止している』と強調し、投資家に対して"仮想通貨投資にリスクがあること"を警告しています。

こちらから読む:ビットフライヤー、ポルカドット取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

「金融機関の暗号資産取り扱いは禁止」だと強調

メキシコの中央銀行・財務省・銀行証券監督委員会の3組織は2021年6月28日の共同声明で『現行の金融システムはメキシコの金融機関が暗号資産を取り扱うことを禁止している』と強調し、投資家に対して"仮想通貨投資にリスクがあること"を警告しました。

この共同声明では『仮想通貨には価値の保存手段・交換手段・投資手段としてもリスクがある』と警告がなされており、『暗号資産と金融システムの健全な距離を維持する必要があるため、メキシコの金融機関はBTC・ETH・XRPなどの仮想通貨を取り扱うことを認められていない』と説明した上で『許可なく仮想通貨を用いた事業を行なった金融機関は規制違反で処罰の対象となる可能性がある』との警告が行われています。

暗号資産はメキシコの法定通貨ではなく、現在の法的枠組みにおける通貨でもありません。

今回の共同声明では具体的な金融機関名などは挙げられていないものの、この共同声明が発せられる前には、メディア・インターネット・金融・小売などといった様々な事業を保有するメキシコのコングロマリット「Grupo Salinas」の創設者でありながら"メキシコ第3位の富豪"としても知られるRicardo Salinas(リカルド・サリナス)氏の発言などが世界中で話題となっていたため、今回の共同声明の背景にはサリナス氏の発言が関係しているとの見方が出ています。

Ricardo Salinas氏の発言について

Ricardo Salinas(リカルド・サリナス)氏はTwitter上に投稿された動画の中で『30年後の未来に持っていく財産はビットコイン一択だ』と発言しており、この動画はビットコイン強気派として知られるアンソニー・ポンプリアーノ氏や、ビットコインを大量購入している「MicroStrategy」のマイケル・セイラーCEOなどにも引用ツイートされています。

これは、メキシコで3番目に裕福な男性が「すべての法定通貨は詐欺で、今後30年間ビットコインを保持したいと考えている理由」について説明を行なっている動画です。

リカルド・サリナス氏は以前から「ビットコイン支持者」として知られており、今年2月には同氏が自身のTwitterプロフィール欄に『#Bitcoin』の文字を追加したことなども注目を集めていましたが、サリナス氏は今回のツイートを引用ツイートしたMichael Saylor氏のツイートに返信する形で『私と私の銀行はビットコインを受け入れるメキシコ初の銀行となるよう取り組んでいる』とコメントしていたため、今回の共同声明にはこのようなコメントも影響している可能性があると考えられています。

仮想通貨業界ではエルサルバドルで「ビットコインを法定通貨として採用する法案」が可決されたことを受けて"その他複数の国でのビットコイン採用"に期待が高まっていましたが、今のところ他国では期待されているような進展はみられておらず、先日は「BTCを法定通貨化する法案を提出する可能性がある」として注目されていたパラグアイのCarlos Rejala議員が『私たちが推進している法案は、ビットコインを法定通貨とするものではなく、デジタル資産を適切に規制するためのものだ』と説明したことなども報告されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所BITTREX:ラテンアメリカとカリブ海諸国でサービス開始|200銘柄を提供

仮想通貨取引所BITTREX:ラテンアメリカとカリブ海諸国でサービス開始|200銘柄を提供

【速報】ビットコイン価格「50,000ドル」突破|BTC時価総額は約100兆円に

【速報】ビットコイン価格「50,000ドル」突破|BTC時価総額は約100兆円に

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

ビットコイン、次の強気相場で「1,000万円到達」の可能性|プロトレーダーが価格分析

ビットコイン、次の強気相場で「1,000万円到達」の可能性|プロトレーダーが価格分析

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の「出金サービス」提供開始

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の「出金サービス」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Mastercard×hi:カスタマイズ可能な「NFTデビットカード」を発表

Mastercard×hi:カスタマイズ可能な「NFTデビットカード」を発表

デジタル庁「Web3.0研究会」立ち上げ|Web3推進に向け環境整備

デジタル庁「Web3.0研究会」立ち上げ|Web3推進に向け環境整備

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

2Dメタバース「AZITO」クローズドβ版リリース|記念キャンペーンも開催

2Dメタバース「AZITO」クローズドβ版リリース|記念キャンペーンも開催

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

DEA社:Web3ユーザー共創型IP創出プロジェクト「SOUL Fusers」スタート

DEA社:Web3ユーザー共創型IP創出プロジェクト「SOUL Fusers」スタート

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

米ホワイトハウス「暗号資産・デジタル資産に関する包括的な開発枠組み」を発表

DappRadar「カルダノ基盤のdApps」を正式サポート|DeFi・NFT関連情報も掲載

DappRadar「カルダノ基盤のdApps」を正式サポート|DeFi・NFT関連情報も掲載

野村HD:デジタル資産子会社「Laser Digital Holdings AG」をスイスに設立

野村HD:デジタル資産子会社「Laser Digital Holdings AG」をスイスに設立

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

FTX Japan:イーサリアム「The Merge」の対応方針について続報

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す