Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

by BITTIMES

仮想通貨関連の様々なサービスを提供している「Crypto.com(クリプトドットコム)」は2021年7月7日に、アメリカの総合格闘技団体である「UFC(Ultimate Fighting Championship)」とパートナシップを締結したことを発表しました。今回の提携によって、今後はUFCの試合会場などには「Crypto.com」のロゴマークが掲載されることになると報告されています。

こちらから読む:Socios.com、強豪NBAチームと提携「暗号資産」関連ニュース

UFC会場内などに「Crypto.com」のロゴを掲載

Crypto.com(クリプトドットコム)は2021年7月7日に、アメリカの総合格闘技団体である「UFC(Ultimate Fighting Championship)」とパートナシップを締結したことを発表しました。同社はUFC初の公式仮想通貨プラットフォームパートナーにも指名されたと報告されています。

今回のパートナー契約は両組織のブランディング促進を目的としたものであり、UFCの選手やセコンドが着用するウェア・会場のロッカールーム・オクタゴン(金網で囲まれた八角形の試合場)・ソーシャルメディアチャネルなどといった様々な場面に「Crypto.com」のロゴマークが掲載されることになると報告されています。

UFCは世界中に6億2,500万人以上のファンを有しており、SNSのフォロワー数は1億5,000万人以上にのぼるため、今回の提携によって「Crypto.com」の認知度が世界的に高まると期待されています。

「公式仮想通貨プラットフォームパートナー」はUFC初

「Crypto.com」のパートナーポジションとされている「公式仮想通貨プラットフォームパートナー」は"UFCで新たに創設されたスポンサーシップカテゴリ"だと説明されているため、今後は仮想通貨関連のパートナーシップが拡大していく可能性があるとも期待されています。

「UFC」の代表であるDana White氏と、「Crypto.com」の共同創設者兼CEOであるKris Marszalek氏は今回のパートナーシップについて次のようにコメントしています。

【UFC:Dana White氏】
今回の提携は「UFC」と「Crypto.com」の2社が取り組んできたことの中で最高のパートナーシップです。格闘技の人気を高める上でUFCほど尽力した企業はありません。私たちは現在、地球上で最も大きなスポーツブランドの1つです。私たちのブランド力は「Crypto.com」の存在を世界中のより多くの人々に伝えるための助けとなるでしょう。

【Crypto.com:Kris Marszalek氏】
今回の提携は「最も急速に成長している仮想通貨プラットフォーム」と「最も急速に成長しているスポーツ団体」が力を合わせて仮想通貨への移行を促進するという歴史的な瞬間です。これはUFCと構築する長い関係の序章に過ぎません。私たちはこれからUFCと協力していけることを楽しみにしています。

Crypto.com(クリプトドットコム)は暗号資産取引所・アプリ・ウォレット・デビットカードなどといった仮想通貨関連の様々なサービスを提供している大手企業であり、同社が提供しているアプリのユーザー数は1,000万人以上、AppStoreとGooglePlayの両方で"トップ10の金融アプリ"となっています。

同社はスポーツ分野での提携関係を拡大しており、これまでにはイタリアのプロ・サッカーリーグ「セリエA」、NHLチーム「Montreal Canadiens」、F1チーム「Aston Martin Cognizant」などとの提携も発表されています。

なお、UFCも仮想通貨関連の取り組みを積極的に進めており、昨年2月には「Dapper Labsと提携してデジタルグッズを発売すること」が発表されている他、今年5月には「Chilizとの提携を通じて$UFCファントークンを発行すること」なども発表されています。

>>「Crypto.com」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

モナコイン(monacoin)高騰再び!1週間で価格は2倍以上に!

モナコイン(monacoin)高騰再び!1週間で価格は2倍以上に!

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

ビットコインの法定通貨化「経済・法律面で複数の懸念」国際通貨基金(IMF)

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

注目度の高い仮想通貨ニュース

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す