暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

by BITTIMES

暗号資産交換所「ShapeShift(シェイプシフト)」は2021年7月14日に、企業という形式でのサービス運営を終了して、FOXトークン保有者が管理する自律分散型組織(DAO)へと移行していく計画を発表しました。今回の発表では、DAOへの移行に向けて大規模なFOXトークンのエアドロップ(無料配布)を実施することも報告されています。

こちらから読む:UUUM子会社、NFTマーケットプレイス公開へ「暗号資産」関連ニュース

ShapeShift「自律分散型組織(DAO)」に移行

ShapeShift(シェイプシフト)は2021年7月14日に、企業という形式でのサービス運営を終了して、FOXトークン保有者が管理する自律分散型組織(DAO)へと移行していく計画を発表しました。

自律分散型組織(DAO)とは「特定の管理者や主体が存在しない分散型管理された組織」のことであり、ブロックチェーン技術の活用によって実現される新しい組織の形として注目されています。DAOでは、国や経営者のような中央管理者を立てずに「コンピュータ上で構築されたルール」に基づいて組織が運営されるため、従来の会社のような階層構造を持たない組織を構築できるとして期待されています。

ShapeShiftは2014年に設立された老舗暗号資産交換所として世界中で広く知られており、現在は65名の従業員を抱えているものの、今後は会社を清算して徐々に"コミュニティ主導の自律分散型組織"へと移行し、4ヶ月〜12ヶ月後には従業員・銀行口座・CEOなどが存在しなくなると報告されています。

同社は元々ユーザー自身が自分でウォレットの秘密鍵を管理する「ノンカストディアル」と呼ばれる方式で仮想通貨取引サービスを提供していましたが、今後は「分散型金融(DeFi)」の思想に基づいてコミュニティが所有・管理する仮想通貨プラットフォームへと進化していくことになるとされています。なお、同社が利用しているコードや技術全体は今後数ヶ月以内にオープンソース化される予定だと説明されています。

ShapeShiftの最高経営責任者(CEO)であるErik Voorhees氏は以前から"中央集権的なプラットフォーム"に対する懸念を語っており、「本人確認書類などの個人情報がハッキングなどで漏洩する可能性があること」や「外部から監査する方法がないため、運営者や関係者を信用しなければならないこと」などを問題点・懸念点として挙げていましたが、DAOへの移行が完了することによって、そのような問題を解決することができると期待されています。

FOXトークンの「大規模なエアドロップ」も予定

ShapeShift(シェイプシフト)は今回の発表の中で「自律分散型組織(DAO)への移行に向けてFOXトークンの大規模なエアドロップ(無料配布)を行うこと」も発表しています。このエアドロップは仮想通貨の歴史上最大規模のエアドロップだと報告されています。

具体的には「既存のShapeShift全ユーザー約90万アドレス」と「複数のDeFiプロジェクトの約12万アドレス」を対象として、3億4,000万FOXを無料配布すると報告されており、公式発表ではエアドロップの詳細についても詳しく説明がなされています。

エアドロップ対象者は「ShapeShift利用者・KeepKey所有者・DeFiサービス利用者」など多岐に渡りますが、実際に配布を受けるためには特定の条件を満たす必要があるため、参加を希望する方は公式発表ページを確認するようにしましょう。

なお、今回の発表では「FOXトークンのエアドロップ」に加えて、特定の条件を満たすことによってFOXトークンを獲得することができる「FOX Liquidity Mining(FOX流動性マイニング)」を日本時間2021年7月17日午前1時から3ヶ月間にわたって実施することも報告されています。

>>「ShapeShift」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:現物取引手数料を最大0%まで割引「手数料キャンペーン」開始

Huobi Japan:現物取引手数料を最大0%まで割引「手数料キャンペーン」開始

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

ASUS最新の仮想通貨マイニング用マザーボードは20基ものGPU接続が可能に

ASUS最新の仮想通貨マイニング用マザーボードは20基ものGPU接続が可能に

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bybit:取引ボットで「30種類の現物取引ペア」をサポート|LUNC・CHZ・ENJなど

Bybit:取引ボットで「30種類の現物取引ペア」をサポート|LUNC・CHZ・ENJなど

Terra(LUNA)創業者Do Kwon氏など6名に逮捕状:韓国

Terra(LUNA)創業者Do Kwon氏など6名に逮捕状:韓国

一時停止のBNB Chain「BSCの復旧」を発表|BINANCEも入出金を再開

一時停止のBNB Chain「BSCの復旧」を発表|BINANCEも入出金を再開

大手暗号資産取引所BINANCE「日本市場への参入」再検討か=報道

大手暗号資産取引所BINANCE「日本市場への参入」再検討か=報道

DappRadar「カルダノ基盤のdApps」を正式サポート|DeFi・NFT関連情報も掲載

DappRadar「カルダノ基盤のdApps」を正式サポート|DeFi・NFT関連情報も掲載

ビットバンク:カルダノ(Cardano/ADA)の取扱開始日を発表

ビットバンク:カルダノ(Cardano/ADA)の取扱開始日を発表

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

アメリカ・コロラド州:仮想通貨決済で「税金の支払い」が可能に

アメリカ・コロラド州:仮想通貨決済で「税金の支払い」が可能に

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す