米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、2021年7月23日に開催されたブロックチェーンカンファレンス「REDeFiNE Tomorrow 2021」に登壇した際に、米国向けの暗号資産取引所である「Binance US」が新規株式公開(IPO)を検討していることを明かしました。

こちらから読む:サークルK、北米店舗に仮想通貨ATMを導入「暗号資産」関連ニュース

BINANCE CEO「新規株式公開」についてコメント

BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、2021年7月23日に開催されたブロックチェーンカンファレンス「REDeFiNE Tomorrow 2021」に登壇した際に、米国向けの暗号資産取引所である「Binance US」が新規株式公開(IPO)を検討していることを明かしました。

「Binance US」は2019年9月に公開された本家BINANCEからは独立した暗号資産取引所であり、ウォレット・マッチングエンジンなどはBINANCEのものを使いつつ、米国の規制に準拠してサービスを提供するために取扱う暗号資産やサービスの種類を限定する形でサービスが提供されています。

米国では既に大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」がNASDAQに上場しており、その後は「GeminiKrakenCircle」なども株式上場の計画を発表しているため、今回の発言には注目が集まっています。

また、ジャオ・チャンポン氏は"BINANCEのIPO"などについてもコメントしており『ほとんどの規制当局は本社・事務所など一定のパターンを持つ企業に馴染みがあるため、そのような会社構造を構築することによってIPOが容易になる』と述べた上で『それは問題ではないが、我々にとってはまだ初期段階である』と語っています。

さらに同氏は仮想通貨関連の規制について『現在の業界は比較的厳しく規制されている。BINANCEもテクノロジー系スタートアップから金融サービス企業への移行を考えている』ともコメントしており、規制当局出身者を採用するなど、コンプライアンスへの取り組みを積極的に進めていることを語っています。

なお「Binance US」のCEOには、米国の規制当局「米通貨監督庁」で元長官代理を務めていた経歴を持つBrian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏が就任しています。

また、ジャオ・チャンポン氏は今回のカンファレンスの中で「BINANCEの新しいCEO」を探していることも明かしており、『規制分野での経験を有している人物が理想的である』との考えを語っています。同氏は今年初めに『BNBとBinance Smart Chainの成長に集中するために今後2〜5年でCEOを辞任したい』との考えも語っていたため、その計画は現在も進められていると見られています。

>>「REDeFiNE Tomorrow 2021」の内容はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

スイスの病院:医療製品の「ブロックチェーン追跡システム」を試験導入

スイスの病院:医療製品の「ブロックチェーン追跡システム」を試験導入

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

コインチェック「パレットトークン(PLT)のIEO実施」に向け共同プロジェクト発足

コインチェック「パレットトークン(PLT)のIEO実施」に向け共同プロジェクト発足

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月5日〜11日

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

仮想通貨ステーキングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨ステーキングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)がもらえる口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)がもらえる口座開設キャンペーン」開始

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す