米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、2021年7月23日に開催されたブロックチェーンカンファレンス「REDeFiNE Tomorrow 2021」に登壇した際に、米国向けの暗号資産取引所である「Binance US」が新規株式公開(IPO)を検討していることを明かしました。

こちらから読む:サークルK、北米店舗に仮想通貨ATMを導入「暗号資産」関連ニュース

BINANCE CEO「新規株式公開」についてコメント

BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、2021年7月23日に開催されたブロックチェーンカンファレンス「REDeFiNE Tomorrow 2021」に登壇した際に、米国向けの暗号資産取引所である「Binance US」が新規株式公開(IPO)を検討していることを明かしました。

「Binance US」は2019年9月に公開された本家BINANCEからは独立した暗号資産取引所であり、ウォレット・マッチングエンジンなどはBINANCEのものを使いつつ、米国の規制に準拠してサービスを提供するために取扱う暗号資産やサービスの種類を限定する形でサービスが提供されています。

米国では既に大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」がNASDAQに上場しており、その後は「GeminiKrakenCircle」なども株式上場の計画を発表しているため、今回の発言には注目が集まっています。

また、ジャオ・チャンポン氏は"BINANCEのIPO"などについてもコメントしており『ほとんどの規制当局は本社・事務所など一定のパターンを持つ企業に馴染みがあるため、そのような会社構造を構築することによってIPOが容易になる』と述べた上で『それは問題ではないが、我々にとってはまだ初期段階である』と語っています。

さらに同氏は仮想通貨関連の規制について『現在の業界は比較的厳しく規制されている。BINANCEもテクノロジー系スタートアップから金融サービス企業への移行を考えている』ともコメントしており、規制当局出身者を採用するなど、コンプライアンスへの取り組みを積極的に進めていることを語っています。

なお「Binance US」のCEOには、米国の規制当局「米通貨監督庁」で元長官代理を務めていた経歴を持つBrian Brooks(ブライアン・ブルックス)氏が就任しています。

また、ジャオ・チャンポン氏は今回のカンファレンスの中で「BINANCEの新しいCEO」を探していることも明かしており、『規制分野での経験を有している人物が理想的である』との考えを語っています。同氏は今年初めに『BNBとBinance Smart Chainの成長に集中するために今後2〜5年でCEOを辞任したい』との考えも語っていたため、その計画は現在も進められていると見られています。

>>「REDeFiNE Tomorrow 2021」の内容はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

Bybit:人気Move to Earnアプリ「Sweatcoin」のSWEATサポートへ

Bybit:人気Move to Earnアプリ「Sweatcoin」のSWEATサポートへ

SBI VCトレード「XDCのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード「XDCのステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

「Facebookメッセンジャーが危ない!」モネロマイニングマルウェア「Digmine」

「Facebookメッセンジャーが危ない!」モネロマイニングマルウェア「Digmine」

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

Dogecoinが1ドルへ向けて上昇傾向、続くミームコインとして投資家はSponge V2に期待

シバイヌ(SHIB)暗号化企業「Zama」と提携|プライバシー・セキュリティを強化

シバイヌ(SHIB)暗号化企業「Zama」と提携|プライバシー・セキュリティを強化

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

ビットポイント:国内初オシトークン(OSHI)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットポイント:国内初オシトークン(OSHI)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す