イーサリアム:大型アップグレード「London」実施|新たな手数料システムなどを導入

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレードとなる「ロンドン(London)」と呼ばれるハードフォークが日本時間2021年8月5日21時33分(ブロック高:12,965,000)で予定通り実行されました。このアップグレードによって、手数料モデルの変更・ネットワークの基本取引手数料導入・手数料バーン(焼却)の新システム導入などといった複数の変更が加えられました。

こちらから読む:Celsius、カルダノ(ADA)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

イーサリアムの「ロンドンハードフォーク」とは

イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレードとなる「ロンドン(London)」と呼ばれるハードフォークが日本時間2021年8月5日21時33分(ブロック高:12,965,000)で予定通り実行されました。今回の大型アップグレードで導入された改善提案としては以下のようなものが挙げられます。

  • 手数料モデルの変更(EIP-1559)
  • 基本手数料のオペコードの追加(EIP-3198)
  • ガス払い戻しの一部削減(EIP-3529)
  • 0xEFから始まるコントラクトの拒否(EIP-3541)
  • ディフィカルティボムを2021年12月1日まで延期(EIP-3554)

取引手数料の事前予測が可能に

ロンドンハードフォークで特に注目されている点は、手数料モデルの変更を行う「EIP-1559(イーサリアム改善提案-1559)」と呼ばれるものであり、これによって取引手数料が予測しやすくなり、イーサリアムネットワークがより使いやすくなると期待されています。

イーサリアムの取引手数料では「オークション方式」が採用されているため、手数料が変動しやすくネットワークが混雑している場合には"取引手数料が高騰する"という問題が発生しているほか、他の入札者の値段を知ることができなかったために手数料の予測ができないことなどが問題となっていました。

しかし「EIP-1559」が適用されると、ユーザーはネットワークの混雑状況に応じてアルゴリズムで決定される「基本料金」を支払うようになり、マイナーにチップを支払うことによって取引を早く処理してもらうこともできるようになるため、取引前に手数料(基本料金)を把握して"手数料が高すぎる場合には下がるまで待つ"という選択を取ることもできるようになります。

手数料をバーンする新システムにも期待感

また「EIP-1559」では、マイナーに基本料金を支払う代わりに手数料をバーン(焼却)する新システムが導入されているため、『ETHの供給量が制限されることによって、ETH価格の上昇につながる可能性がある』と期待する声も出ています。

手数料をバーンする新システムの導入が実際に価格上昇につながるかどうかは現時点で定かではないものの、イーサリアムの基本手数料のバーン状況をリアルタイム配信している「ultrasound.money」のデータでは、記事執筆時点で「3,407.18 ETH(約10億円相当)」がバーンされていると報告されているため、今後の価格動向などにも注目が集まっています。

2021年8月6日午前11時30分時点の手数料バーン状況(画像:ultrasound.money)2021年8月6日午前11時30分時点の手数料バーン状況(画像:ultrasound.money

なお、今回のハードフォークに伴い多くの暗号資産取引所からは『ETHの入出金サービスを一時停止する』といった発表が行われていましたが、現在はそれらの暗号資産取引所からも『ETH入出金サービスの再開』が発表されています。

2021年8月6日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先月20日に192,000円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年8月6日時点では「1ETH=305,307円」で取引されています。

2021年5月8日〜2021年8月6日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)2021年5月8日〜2021年8月6日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は各種手数料が無料の暗号資産取引所ビットポイントからどうぞ。

暗号資産取引所ビットポイントの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

習近平主席、産業改革における「ブロックチェーン」の重要性を強調|本格的に技術導入へ

習近平主席、産業改革における「ブロックチェーン」の重要性を強調|本格的に技術導入へ

日本暗号資産取引業協会:国内主要銘柄の「参考価格」公表を開始

日本暗号資産取引業協会:国内主要銘柄の「参考価格」公表を開始

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

ジャスミー「サガン鳥栖ファントークン」の事前登録受付開始|9月1日に発売予定

ジャスミー「サガン鳥栖ファントークン」の事前登録受付開始|9月1日に発売予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

著名アナリスト「今の仮想通貨は大規模サイクルの始まりにある」BTC・ETHの価格予想も

著名アナリスト「今の仮想通貨は大規模サイクルの始まりにある」BTC・ETHの価格予想も

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

Bitget「先物取引で賞品を勝ち取り、BTCを獲得」イベント開催中

Bitget「先物取引で賞品を勝ち取り、BTCを獲得」イベント開催中

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年には50倍の利益の見込み

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年には50倍の利益の見込み

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

素晴らしいヒント:クリプト弱気市場で便利な5つの無料インデックス

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す