イーサリアム:大型アップグレード「London」実施|新たな手数料システムなどを導入

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレードとなる「ロンドン(London)」と呼ばれるハードフォークが日本時間2021年8月5日21時33分(ブロック高:12,965,000)で予定通り実行されました。このアップグレードによって、手数料モデルの変更・ネットワークの基本取引手数料導入・手数料バーン(焼却)の新システム導入などといった複数の変更が加えられました。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

イーサリアムの「ロンドンハードフォーク」とは

イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレードとなる「ロンドン(London)」と呼ばれるハードフォークが日本時間2021年8月5日21時33分(ブロック高:12,965,000)で予定通り実行されました。今回の大型アップグレードで導入された改善提案としては以下のようなものが挙げられます。

  • 手数料モデルの変更(EIP-1559)
  • 基本手数料のオペコードの追加(EIP-3198)
  • ガス払い戻しの一部削減(EIP-3529)
  • 0xEFから始まるコントラクトの拒否(EIP-3541)
  • ディフィカルティボムを2021年12月1日まで延期(EIP-3554)

取引手数料の事前予測が可能に

ロンドンハードフォークで特に注目されている点は、手数料モデルの変更を行う「EIP-1559(イーサリアム改善提案-1559)」と呼ばれるものであり、これによって取引手数料が予測しやすくなり、イーサリアムネットワークがより使いやすくなると期待されています。

イーサリアムの取引手数料では「オークション方式」が採用されているため、手数料が変動しやすくネットワークが混雑している場合には"取引手数料が高騰する"という問題が発生しているほか、他の入札者の値段を知ることができなかったために手数料の予測ができないことなどが問題となっていました。

しかし「EIP-1559」が適用されると、ユーザーはネットワークの混雑状況に応じてアルゴリズムで決定される「基本料金」を支払うようになり、マイナーにチップを支払うことによって取引を早く処理してもらうこともできるようになるため、取引前に手数料(基本料金)を把握して"手数料が高すぎる場合には下がるまで待つ"という選択を取ることもできるようになります。

手数料をバーンする新システムにも期待感

また「EIP-1559」では、マイナーに基本料金を支払う代わりに手数料をバーン(焼却)する新システムが導入されているため、『ETHの供給量が制限されることによって、ETH価格の上昇につながる可能性がある』と期待する声も出ています。

手数料をバーンする新システムの導入が実際に価格上昇につながるかどうかは現時点で定かではないものの、イーサリアムの基本手数料のバーン状況をリアルタイム配信している「ultrasound.money」のデータでは、記事執筆時点で「3,407.18 ETH(約10億円相当)」がバーンされていると報告されているため、今後の価格動向などにも注目が集まっています。

2021年8月6日午前11時30分時点の手数料バーン状況(画像:ultrasound.money)2021年8月6日午前11時30分時点の手数料バーン状況(画像:ultrasound.money

なお、今回のハードフォークに伴い多くの暗号資産取引所からは『ETHの入出金サービスを一時停止する』といった発表が行われていましたが、現在はそれらの暗号資産取引所からも『ETH入出金サービスの再開』が発表されています。

2021年8月6日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先月20日に192,000円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年8月6日時点では「1ETH=305,307円」で取引されています。

2021年5月8日〜2021年8月6日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)2021年5月8日〜2021年8月6日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットバンク「FLRトークンのエアドロップ・取扱い開始日」が決定

ビットバンク「FLRトークンのエアドロップ・取扱い開始日」が決定

ビットコインの新レイヤー2「Anduro」を発表:BTCマイニング企業Marathon

ビットコインの新レイヤー2「Anduro」を発表:BTCマイニング企業Marathon

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

ビットコイン:円建て過去最高値「1110万円」を突破|イーサリアム現物ETF承認の噂が影響か

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す