イーサリアム:大型アップグレード「London」実施|新たな手数料システムなどを導入

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレードとなる「ロンドン(London)」と呼ばれるハードフォークが日本時間2021年8月5日21時33分(ブロック高:12,965,000)で予定通り実行されました。このアップグレードによって、手数料モデルの変更・ネットワークの基本取引手数料導入・手数料バーン(焼却)の新システム導入などといった複数の変更が加えられました。

こちらから読む:Celsius、カルダノ(ADA)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

イーサリアムの「ロンドンハードフォーク」とは

イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレードとなる「ロンドン(London)」と呼ばれるハードフォークが日本時間2021年8月5日21時33分(ブロック高:12,965,000)で予定通り実行されました。今回の大型アップグレードで導入された改善提案としては以下のようなものが挙げられます。

  • 手数料モデルの変更(EIP-1559)
  • 基本手数料のオペコードの追加(EIP-3198)
  • ガス払い戻しの一部削減(EIP-3529)
  • 0xEFから始まるコントラクトの拒否(EIP-3541)
  • ディフィカルティボムを2021年12月1日まで延期(EIP-3554)

取引手数料の事前予測が可能に

ロンドンハードフォークで特に注目されている点は、手数料モデルの変更を行う「EIP-1559(イーサリアム改善提案-1559)」と呼ばれるものであり、これによって取引手数料が予測しやすくなり、イーサリアムネットワークがより使いやすくなると期待されています。

イーサリアムの取引手数料では「オークション方式」が採用されているため、手数料が変動しやすくネットワークが混雑している場合には"取引手数料が高騰する"という問題が発生しているほか、他の入札者の値段を知ることができなかったために手数料の予測ができないことなどが問題となっていました。

しかし「EIP-1559」が適用されると、ユーザーはネットワークの混雑状況に応じてアルゴリズムで決定される「基本料金」を支払うようになり、マイナーにチップを支払うことによって取引を早く処理してもらうこともできるようになるため、取引前に手数料(基本料金)を把握して"手数料が高すぎる場合には下がるまで待つ"という選択を取ることもできるようになります。

手数料をバーンする新システムにも期待感

また「EIP-1559」では、マイナーに基本料金を支払う代わりに手数料をバーン(焼却)する新システムが導入されているため、『ETHの供給量が制限されることによって、ETH価格の上昇につながる可能性がある』と期待する声も出ています。

手数料をバーンする新システムの導入が実際に価格上昇につながるかどうかは現時点で定かではないものの、イーサリアムの基本手数料のバーン状況をリアルタイム配信している「ultrasound.money」のデータでは、記事執筆時点で「3,407.18 ETH(約10億円相当)」がバーンされていると報告されているため、今後の価格動向などにも注目が集まっています。

2021年8月6日午前11時30分時点の手数料バーン状況(画像:ultrasound.money)2021年8月6日午前11時30分時点の手数料バーン状況(画像:ultrasound.money

なお、今回のハードフォークに伴い多くの暗号資産取引所からは『ETHの入出金サービスを一時停止する』といった発表が行われていましたが、現在はそれらの暗号資産取引所からも『ETH入出金サービスの再開』が発表されています。

2021年8月6日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先月20日に192,000円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年8月6日時点では「1ETH=305,307円」で取引されています。

2021年5月8日〜2021年8月6日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)2021年5月8日〜2021年8月6日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は各種手数料が無料の暗号資産取引所ビットポイントからどうぞ。

暗号資産取引所ビットポイントの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

【Chiliz&Socios】スウェーデンのeスポーツ団体「Alliance(アライアンス)」と提携

【Chiliz&Socios】スウェーデンのeスポーツ団体「Alliance(アライアンス)」と提携

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

Gemini Earn「ドージコイン」追加|DOGEセービングに年利2.25%の利息を付与

Gemini Earn「ドージコイン」追加|DOGEセービングに年利2.25%の利息を付与

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

中米ホンジュラス「初の仮想通貨ATM」を導入|BTC・ETHに対応

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

スヌープ・ドッグ氏:匿名NFTコレクター「Cozomo de’ Medici」であると暴露

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

仮想通貨マイニングの「詐欺アプリ」に要注意|120以上の偽アプリが現在も稼働=報告

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

ビットバンク「逆指値注文・逆指値成行注文」機能提供へ

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す