IOST×Moonstake:ステーキングなどに関する「共同ウェビナー」開催へ

by BITTIMES   

Moonstake(ムーンステーク)は2021年8月4日に、同社の戦略的パートナーでもある「IOST」と共同で日本時間2021年8月12日午後8時からZoomで共同ウェビナーを開催することを発表しました。このウェビナーではIOSTのステーキングに関する複数の話題について説明が行われる予定となっています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

「Q&A」や「IOSTのプレゼント」も予定

Moonstake(ムーンステーク)は2021年8月4日に、同社の戦略的パートナーでもある「IOST」と共同で日本時間2021年8月12日午後8時からZoomで"IOSTのステーキングなどに関する共同ウェビナー"を開催することを発表しました。

MoonstakeとIOSTは今年5月に提携を結んでおり、現在はMoonstakeウォレットでIOSTのステーキングも行うことができるようになっていますが、今回開催されるウェビナーでは「MoonstakeのウォレットでIOSTのステーキングを可能にするための技術的な協力関係」と「ステーキングにおける両者の成長をどのように加速させているか」を中心に説明が行われると報告されています。

ウェビナーには、MoonstakeのCEOであるLawrence Lin氏と、IOSTのビジネス開発ディレクターであるKuda Samkange氏が登壇する予定となっており、具体的には以下のようなことを学ぶことができると説明されています。

  • MoonstakeとIOSTのミッションとビジョンは何か?
  • MoonstakeとIOSTの世界的な実績と今後の発展計画は?
  • IOSTのような市場をリードするブロックチェーンパートナーをMoonstakeのパートナーとして迎え入れること、また逆にMoonstakeのようなトップクラスのステーキングプロバイダーをIOSTのパートナーとして迎え入れることで、どのような影響があるのか?
  • Moonstakeは一連のIOSTキャンペーンで何を達成しようとしているのか?
  • MoonstakeとIOSTのパートナーシップには、今後どのようなことが期待できるのでしょうか?

また、今回のウェビナーでは視聴者が質問を行うことができる「Q&A」の時間も設けられているとのことで、最も評価の高い有意義な質問を行なった2名の方には、それぞれに50ドル(約5,500円)相当のIOSTがプレゼントされるとも報告されています。

>>「Moonstake」の公式発表はこちら
>>「ウェビナーの申し込みリンク」はこちら

IOSTを取扱っている暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

イラン政府:電力不足受け「ビットコインマイニングの一時的な禁止措置」を発表

イラン政府:電力不足受け「ビットコインマイニングの一時的な禁止措置」を発表

ブロックチェーン「保険金支払業務自動化」などで活用へ:損保ジャパン・LayerXなど4社

ブロックチェーン「保険金支払業務自動化」などで活用へ:損保ジャパン・LayerXなど4社

ビットコイン価格「30分で100万円近く急落」主要アルトコインも大幅下落

ビットコイン価格「30分で100万円近く急落」主要アルトコインも大幅下落

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

注目度の高い仮想通貨ニュース

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「DOGE・ADA・ETH・SHIB・BTC」などの注目記事をまとめて

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す