Moonstakeウォレット「IOSTのステーキング」に対応|特別キャンペーンも開催中

by BITTIMES   

複数の暗号資産のステーキングにも対応している仮想通貨ウォレット「Moonstake(ムーンステーク)」は2021年5月25日に、Moonstakeウェブ版ウォレットで「IOST」のアカウントを作成してステーキングを行うことが可能になったことを発表しました。これにより、Monnstakeウォレットでステーキングが可能な暗号資産は合計12銘柄となりました。

こちらから読む:レイ・ダリオ氏、"BTC保有している"と公言「暗号資産」関連ニュース

Moonstake「合計12銘柄のステーキング」に対応

Moonstake(ムーンステーク)は今月7日に日本でも人気の仮想通貨プロジェクト「IOST」と提携したことを報告していましたが、本日2021年5月25日にはMoonstakeウェブ版ウォレットで「IOST」のアカウントを作成してステーキングを行うことが可能になったことが発表されました。

今回の開発アップデートによって、Moonstakeウェブ版ウォレットの利用者は「IOSTのアカウント作成、IOSTとRAMの交換、ガスの取得、IOSTの保有・送信・受信、ステーキング参加」などを行うことができるようになりました。

Monnstakeはステーキング可能な暗号資産の種類を続々と増やしており、今回新たにIOSTに対応したことによって、Moonstakeウォレットでステーキングできる仮想通貨は以下の12種類になったと報告されています。
アイオーエスティー(IOST/IOST)NEW!
オーブス(Orbs/ORBS)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
テゾス(Tezos/XTZ)
クアンタム(QTUM/QTUM)
コスモス(Cosmos/ATOM)
セントラリティ(Centrality/CENNZ)
・アイリスネットワーク(IRISnet/IRIS)
・オントロジー(Ontology/ONT)
・ハーモニー(Harmony/ONE)
・キュラス(Quras/XQC)

IOSTアカウントを無料で作成できるキャンペーンも

Moonstake(ムーンステーク)は今回の発表の中で、IOSTのステーキング開始を祝して『Moonstakeウェブ版ウォレット上でIOSTの無料アカウントを作成できる特別キャンペーンを実施すること』も報告しています。

このキャンペーンの開催期間は2021年5月24日〜2021年5月31日までの1週間となっており、キャンペーン期間中にMoonstakeウェブ版ウォレット上でIOSTアカウントを作成した場合は通常発生する費用が無料になると説明されています。

ただし、無料で作成できるIOSTアカウントの総数には限りがあるとされているため、無料アカウント作成を希望する場合には必要な手続きを早めに行う必要があります。「無料IOSTアカウントの作成方法」などについては以下の公式発表ページで解説が行われています。

>>「Moonstake」の公式発表はこちら
>>「Moonstake Wallet」の利用登録はこちら(無料)

2021年5月25日|アイオーエスティー(IOST)の価格

アイオーエスティー(IOST)の価格は先日24日に2.5円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年5月25日時点では「1IOST=3.70円」で取引されています。

2021年4月25日〜2021年5月25日 IOSTのチャート(引用:coingecko.com)2021年4月25日〜2021年5月25日 IOSTのチャート(引用:coingecko.com)

アイオーエスティー(IOST)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

BITMAX:LINE独自の暗号資産が貰える「LINK上場記念キャンペーン」開催

BITMAX:LINE独自の暗号資産が貰える「LINK上場記念キャンペーン」開催

【Cardano/ADA】Maryアップデートを完了「ネイティブトークン発行」などが可能に

【Cardano/ADA】Maryアップデートを完了「ネイティブトークン発行」などが可能に

イーサリアムは今後いくらになるか?【2018年〜2021年予測】

イーサリアムは今後いくらになるか?【2018年〜2021年予測】

ビットバンク:販売所で「MATIC・DOT・DOGE」取扱開始|合計18銘柄に対応

ビットバンク:販売所で「MATIC・DOT・DOGE」取扱開始|合計18銘柄に対応

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

新型ハードウェアウォレット「Ledger Stax」登場|iPodの父が開発支援

新型ハードウェアウォレット「Ledger Stax」登場|iPodの父が開発支援

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)の「ステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)の「ステーキングサービス」提供へ

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

FTX Japan「暗号資産の出庫・日本円の出金」を一時停止|買収報道についてコメント

FTX Japan「暗号資産の出庫・日本円の出金」を一時停止|買収報道についてコメント

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

Genesis:暗号資産取引所「Gemini」に9億ドルの債務|FTX破綻の影響広がる

Genesis:暗号資産取引所「Gemini」に9億ドルの債務|FTX破綻の影響広がる

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す