IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

by BITTIMES

ブロックチェーンゲームNFTマーケットなどを開発・運営している「プラチナエッグ(Platinum Egg)」は2021年5月13日に、IOST基盤の日本円連動ステーブルコインである「JPYA(JPY Ascension coin)」の発行を開始したことを発表しました。

こちらから読む:カルダノ、"ERC20コンバータ"のテスト実施へ「暗号資産」関連ニュース

TOKEN LINKなどで利用できる「JPYA」発行開始

プラチナエッグ(Platinum Egg)は2021年5月13日に、IOST基盤の日本円連動ステーブルコインである「JPYA(JPY Ascension coin)」の発行を開始したことを発表しました。

JPYA(JPY Ascension coin)は「1JPYA=1円」で取引される前払式支払手段扱いのIRC20トークンとなっており、JPYA公式ページから誰でも購入が可能、最初は日本円での購入に対応し、今後は以下3種類の仮想通貨での購入も順次可能になる予定だと報告されています。(購入単位は最低10,000JPYAから、任意の金額で購入可能)
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
アイオーエスティー(IOSToken/IOST)

購入した「JPYA」は、プラチナエッグが運営しているゲームアイテムやIOST基盤のNFTアイテムを売買することができるマーケットプレイス「TOKEN LINK(トークンリンク)」などをはじめとした、同社が運営する様々なサービスで利用可能になる予定だと報告されています。なお「TOKEN LINK」では、IOST基盤のブロックチェーンゲーム「CrossLink(クロスリンク)」のゲーム内アイテムなどを売買することが可能です。

プラチナエッグの代表取締役である竹村也哉氏は「JPYA(JPY Ascension coin)」のリリースについて次のようにコメントしています。

JPYAは各種先行事例を踏まえ、専門家の方々とのディスカッションの結果生まれた、誰でも購入できる前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン(IRC20)です。

ダウンロード数17万以上の「CrossLink」や、CrossLinkと連動したNFT Marketである「TokenLink」、その他弊社で開発運用・他社と開発・運用を行っていくプロダクトなど、JPYAによって作られるエコシステムをつくっていく予定です。

今後JPYAが使えるスマートコントラクト等を開発・技術提供し、日本のブロックチェーン業界の発展に貢献して参ります。弊社はJPYAの発行の知見を活かし、今後同様のIRC20コインを発行予定の企業に対するコンサルティング事業を提供いたします。

プラチナエッグが開発したGPS連動の放置型ブロックチェーンゲーム『CrossLink(クロスリンク)』は、自分のヒーローを育成してモンスターを倒したり、武器やアクセサリーを収集したりできるだけでなく、ゲーム内でビットコイン(BTC)を獲得することもできるようになっており、すでに世界中で多くの人々にプレイされています。

JPYAは「CrossLink」のゲーム内アイテムを売買することができるNFTマーケット「TOKEN LINK」でも利用できるようになる予定となっているため、JPYAがリリースされることによって「CrossLink」や「TOKEN LINK」のコミュニティも活発化すると期待されます。

>>「JPYAの公式ページ」はこちら
>>「プラチナエッグ」の公式サイトはこちら
>>「TOKEN LINK」の公式サイトはこちら
>>「CrossLink」の公式サイトはこちら

2021年5月19日|アイオーエスティー(IOST)の価格

アイオーエスティー(IOST)の価格は今月7日に8円付近まで回復したものの、その後は再び下落しており、2021年5月19日時点では「1IOST=4.47円」で取引されています。

2021年3月31日〜2021年5月19日 IOSTのチャート(引用:coingecko.com)2021年3月31日〜2021年5月19日 IOSTのチャート(引用:coingecko.com)

アイオーエスティー(IOST)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インド:ブロックチェーンを活用して出生証明書を管理へ

インド:ブロックチェーンを活用して出生証明書を管理へ

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

BINANCE「ポーランド・スウェーデン」の法定通貨に対応

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

注目度の高い仮想通貨ニュース

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

カルダノ(Cardano/ADA)「300円台」に突入|過去最高値突破後も価格上昇続く

カルダノ(Cardano/ADA)「300円台」に突入|過去最高値突破後も価格上昇続く

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

アルゼンチン大統領「ビットコインの法定通貨化」に前向き姿勢

アルゼンチン大統領「ビットコインの法定通貨化」に前向き姿勢

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)がもらえる口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)がもらえる口座開設キャンペーン」開始

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

【重要】BINANCE:全取引ユーザーが「本人確認必須」に|KYCなしで取引・入金は不可

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

スイスの85,000店舗に「仮想通貨決済ソリューション」を提供:Bitcoin Suisse×Worldline

スイスの85,000店舗に「仮想通貨決済ソリューション」を提供:Bitcoin Suisse×Worldline

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す