Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

by BITTIMES

韓国の金融規制当局である韓国金融委員会(FSC)の金融情報分析院(FIU)は2021年8月20日に、同国の大手暗号資産取引所「Upbit(アップビット)」を運営している「Dunamu(ドゥナム/두나무)」が仮想通貨事業者のライセンス申請を行なったことを発表しました。韓国政府は現在、国内外の暗号資産交換業者に対して"仮想通貨事業者の登録申請"を求めていますが、Dunamuは申請を行なった最初の事業者であると報告されています。

こちらから読む:カルダノ(ADA)価格上昇で300円台に突入「暗号資産」関連ニュース

Dunamu:韓国初の仮想通貨事業者ライセンス申請

韓国の金融規制当局である韓国金融委員会(FSC)の金融情報分析院(FIU)は2021年8月20日に、同国の大手暗号資産取引所「Upbit(アップビット)」を運営している「Dunamu(ドゥナム/두나무)」が仮想通貨事業者のライセンス申請を行なったことを発表しました。

韓国では仮想通貨に関する規制である「特定金融取引情報法(特金法)」の改正に伴い、韓国居住者向けに仮想通貨関連サービスを提供している事業者に対して「2021年9月24日までに仮想通貨関連事業者として登録申請を行うこと」が求められており、今年4月にはFSCのウン・ソンス委員長が『取引所の事業登録申請がまだ行われていない。事業登録申請が行われなかった場合には全ての取引所が9月に閉鎖される可能性がある』と警告したことなども報じられていました。

また先月22日にはFSCから『韓国居住者向けに仮想通貨関連サービスを提供している外国の暗号資産事業者27社に対して、"暗号資産事業者登録の申請対象であること"を通知した』との発表も行われており、『9月25日以降も未申告で営業を続けた場合には特定の法律に基づいて処罰される』との警告も行われていましたが、「Dunamu」は仮想通貨事業者のライセンス申請を行なった初の事業者であると報告されています。

暗号資産事業者の届け出リスト(画像:FIU)暗号資産事業者の届け出リスト(画像:FIU)

韓国で暗号資産事業者のライセンスを取得するためには「実名確認のための銀行との提携」など複数の要件を満たす必要があるとのことですが、Dunamuは既に韓国のネット銀行である「Kバンク」と提携しているとのことです。

ライセンス申請後は3ヶ月ほどの審査期間を得て正式に承認するかどうかが決定されることになっていると伝えられているため、遅くとも2021年11月20日までには申請の結果が判明すると予想されており、Upbitは審査期間中も資金洗浄対策などのチェックを続けていくとみられています。

8月中に1〜2社が申請を行う可能性も

現時点でライセンス申請を行なっている事業者は1社のみとされていますが、地元メディアの報道によると韓国金融委員会の副委員長は『8月中に1〜2社の仮想通貨取引所が申請を行うと期待している』と語ったと報じられているため、今後はその他の仮想通貨取引所でも申請が行われることになると予想されます。

韓国は仮想通貨取引が活発な国の1つでもあるため、同国の仮想通貨取引所が全て閉鎖されれば仮想通貨市場全体にも大きな影響が出る可能性があると懸念されていましたが、今後ライセンス申請を行う事業者が増加していけば、大きな問題に発展することは避けられると期待されます。

なお、今回ライセンス申請を行なった「Dunamu」は、NFT関連事業を支援する目的で「NiziU、TWICE、2PM」などの有名アイドルが所属する韓国の大手芸能事務所「JYP Entertainment(JYPエンターテインメント)」とも提携しています。

>>「FIU」の公式発表ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

米住宅保険会社ARW「ビットコインに投資する」と発表|仮想通貨決済にも対応

米住宅保険会社ARW「ビットコインに投資する」と発表|仮想通貨決済にも対応

新型ブロックチェーンスマホ「Exodus」新機能が明らかに:台湾HTC

新型ブロックチェーンスマホ「Exodus」新機能が明らかに:台湾HTC

リップル(XRP)が1位獲得 ー 1ドル以下で購入できる「最良の仮想通貨」WeissRatings

リップル(XRP)が1位獲得 ー 1ドル以下で購入できる「最良の仮想通貨」WeissRatings

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

BINANCE:ナイジェリアの法定通貨「ナイラ(NGN)」をサポート

BINANCE:ナイジェリアの法定通貨「ナイラ(NGN)」をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

パナマの議員:BTC・ETHなどの決済利用を認める「仮想通貨法」の草案提出

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す