Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

by BITTIMES

韓国の金融規制当局である韓国金融委員会(FSC)の金融情報分析院(FIU)は2021年8月20日に、同国の大手暗号資産取引所「Upbit(アップビット)」を運営している「Dunamu(ドゥナム/두나무)」が仮想通貨事業者のライセンス申請を行なったことを発表しました。韓国政府は現在、国内外の暗号資産交換業者に対して"仮想通貨事業者の登録申請"を求めていますが、Dunamuは申請を行なった最初の事業者であると報告されています。

こちらから読む:カルダノ(ADA)価格上昇で300円台に突入「暗号資産」関連ニュース

Dunamu:韓国初の仮想通貨事業者ライセンス申請

韓国の金融規制当局である韓国金融委員会(FSC)の金融情報分析院(FIU)は2021年8月20日に、同国の大手暗号資産取引所「Upbit(アップビット)」を運営している「Dunamu(ドゥナム/두나무)」が仮想通貨事業者のライセンス申請を行なったことを発表しました。

韓国では仮想通貨に関する規制である「特定金融取引情報法(特金法)」の改正に伴い、韓国居住者向けに仮想通貨関連サービスを提供している事業者に対して「2021年9月24日までに仮想通貨関連事業者として登録申請を行うこと」が求められており、今年4月にはFSCのウン・ソンス委員長が『取引所の事業登録申請がまだ行われていない。事業登録申請が行われなかった場合には全ての取引所が9月に閉鎖される可能性がある』と警告したことなども報じられていました。

また先月22日にはFSCから『韓国居住者向けに仮想通貨関連サービスを提供している外国の暗号資産事業者27社に対して、"暗号資産事業者登録の申請対象であること"を通知した』との発表も行われており、『9月25日以降も未申告で営業を続けた場合には特定の法律に基づいて処罰される』との警告も行われていましたが、「Dunamu」は仮想通貨事業者のライセンス申請を行なった初の事業者であると報告されています。

暗号資産事業者の届け出リスト(画像:FIU)暗号資産事業者の届け出リスト(画像:FIU)

韓国で暗号資産事業者のライセンスを取得するためには「実名確認のための銀行との提携」など複数の要件を満たす必要があるとのことですが、Dunamuは既に韓国のネット銀行である「Kバンク」と提携しているとのことです。

ライセンス申請後は3ヶ月ほどの審査期間を得て正式に承認するかどうかが決定されることになっていると伝えられているため、遅くとも2021年11月20日までには申請の結果が判明すると予想されており、Upbitは審査期間中も資金洗浄対策などのチェックを続けていくとみられています。

8月中に1〜2社が申請を行う可能性も

現時点でライセンス申請を行なっている事業者は1社のみとされていますが、地元メディアの報道によると韓国金融委員会の副委員長は『8月中に1〜2社の仮想通貨取引所が申請を行うと期待している』と語ったと報じられているため、今後はその他の仮想通貨取引所でも申請が行われることになると予想されます。

韓国は仮想通貨取引が活発な国の1つでもあるため、同国の仮想通貨取引所が全て閉鎖されれば仮想通貨市場全体にも大きな影響が出る可能性があると懸念されていましたが、今後ライセンス申請を行う事業者が増加していけば、大きな問題に発展することは避けられると期待されます。

なお、今回ライセンス申請を行なった「Dunamu」は、NFT関連事業を支援する目的で「NiziU、TWICE、2PM」などの有名アイドルが所属する韓国の大手芸能事務所「JYP Entertainment(JYPエンターテインメント)」とも提携しています。

>>「FIU」の公式発表ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JCB:CBDC向け決済ソリューションの実証実験「JCBDC™」プロジェクト開始

JCB:CBDC向け決済ソリューションの実証実験「JCBDC™」プロジェクト開始

Zaif:国内初上場「スケブコイン(SKEB)」取扱いへ

Zaif:国内初上場「スケブコイン(SKEB)」取扱いへ

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

DMMグループのNFTカードゲーム「Duelyst3.0」12月公開へ|α版参加者も募集

DMMグループのNFTカードゲーム「Duelyst3.0」12月公開へ|α版参加者も募集

double jump.tokyo:Oasys初のNFTプロジェクト「OASYX」第一弾を発表

double jump.tokyo:Oasys初のNFTプロジェクト「OASYX」第一弾を発表

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す