米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

by BITTIMES

グローバルに仮想通貨取引サービスを展開している米国の大手暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」が、欧州地域への事業拡大を計画していることがドイツの大手メディア「Handelsblatt」の報道で明らかになりました。同社はすでに欧州地域でのライセンス取得に向けた取り組みを進めているとのことで、2021年中には複数の地域で承認が得られる可能性があると報告されています。

こちらから読む:ビットポイント、国内初"ADA"取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

マルタ・ルクセンブルグ・アイルランドでは取得可能性大

Kraken(クラーケン)の共同創業者兼CEOであるJesse Powell(ジェシー・パウエル)氏はドイツの大手経済メディア「Handelsblatt」のインタビューに応じた際に、Krakenが欧州地域でのライセンス取得に向けた取り組みを進めていることを明らかにしました。

同氏によると、Krakenはすでに"2021年末までのライセンス取得"に向けて欧州地域で複数の規制当局との交渉を進めているとのことで、マルタルクセンブルグアイルランドなどの地域では特にライセンスを取得できる可能性が高いと報告されています。

クラーケンはイギリスの金融行動監視機構(FCA)によって認可されている暗号資産デリバティブ取引プラットフォーム「Crypto Facilities Ltd.」を通じて欧州地域の顧客にサービスを提供していましたが、イギリスがEU(欧州連合)を離脱したことによって欧州地域全体でサービスを提供することはできなくなったとのことで、現地の規制に準拠してサービスを提供するためにライセンス取得に向けた取り組みを進めていると報告されています。

世界各国で仮想通貨取引所関連の取り締まりが強化されていることに伴い「BINANCE(バイナンス)」などの大手暗号資産取引所は"一部地域でのサービス停止"を多数発表していますが、その一方では米暗号資産取引所の国外進出も進んできており、今月19日には米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」が日本居住者向けのサービス提供を開始しています。

なお、Krakenは2020年10月に同社グループ会社である「Payward Asia株式会社(暗号資産交換業者:関東財務局長 第00022号)」を通じて日本居住者向けにも仮想通貨取引サービスを提供しています。

>>「Handelsblatt」の報道はこちら
>>「Kraken」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

米ドル連動ステーブルコインのリアルタイム価格・チャート一覧

BINANCE:アフリカ向けの仮想通貨・法定通貨決済アプリ「Bundle」を発表

BINANCE:アフリカ向けの仮想通貨・法定通貨決済アプリ「Bundle」を発表

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

日本居住者は「Binance.com」を利用できなくなるのか?今後の対応などを調査

日本居住者は「Binance.com」を利用できなくなるのか?今後の対応などを調査

カルビー初のNFT「Astar Farm」で限定配布|Astar Networkを活用してWeb3.0市場参入

カルビー初のNFT「Astar Farm」で限定配布|Astar Networkを活用してWeb3.0市場参入

注目度の高い仮想通貨ニュース

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す