米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

by BITTIMES

グローバルに仮想通貨取引サービスを展開している米国の大手暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」が、欧州地域への事業拡大を計画していることがドイツの大手メディア「Handelsblatt」の報道で明らかになりました。同社はすでに欧州地域でのライセンス取得に向けた取り組みを進めているとのことで、2021年中には複数の地域で承認が得られる可能性があると報告されています。

こちらから読む:ビットポイント、国内初"ADA"取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

マルタ・ルクセンブルグ・アイルランドでは取得可能性大

Kraken(クラーケン)の共同創業者兼CEOであるJesse Powell(ジェシー・パウエル)氏はドイツの大手経済メディア「Handelsblatt」のインタビューに応じた際に、Krakenが欧州地域でのライセンス取得に向けた取り組みを進めていることを明らかにしました。

同氏によると、Krakenはすでに"2021年末までのライセンス取得"に向けて欧州地域で複数の規制当局との交渉を進めているとのことで、マルタルクセンブルグアイルランドなどの地域では特にライセンスを取得できる可能性が高いと報告されています。

クラーケンはイギリスの金融行動監視機構(FCA)によって認可されている暗号資産デリバティブ取引プラットフォーム「Crypto Facilities Ltd.」を通じて欧州地域の顧客にサービスを提供していましたが、イギリスがEU(欧州連合)を離脱したことによって欧州地域全体でサービスを提供することはできなくなったとのことで、現地の規制に準拠してサービスを提供するためにライセンス取得に向けた取り組みを進めていると報告されています。

世界各国で仮想通貨取引所関連の取り締まりが強化されていることに伴い「BINANCE(バイナンス)」などの大手暗号資産取引所は"一部地域でのサービス停止"を多数発表していますが、その一方では米暗号資産取引所の国外進出も進んできており、今月19日には米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」が日本居住者向けのサービス提供を開始しています。

なお、Krakenは2020年10月に同社グループ会社である「Payward Asia株式会社(暗号資産交換業者:関東財務局長 第00022号)」を通じて日本居住者向けにも仮想通貨取引サービスを提供しています。

>>「Handelsblatt」の報道はこちら
>>「Kraken」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

【重要】BitMEX:日本居住者のサービス利用「禁止」へ|5月からアクセス制限

【重要】BitMEX:日本居住者のサービス利用「禁止」へ|5月からアクセス制限

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

「仮想通貨=違法薬物の取引」は誤解?使用方法のイメージと事実に大きな差

「仮想通貨=違法薬物の取引」は誤解?使用方法のイメージと事実に大きな差

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

ビットコインATMの設置数が3,000台を超える|日本での普及率は?

ビットコインATMの設置数が3,000台を超える|日本での普及率は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済導入に向けたテスト」実施か|DOGE価格は上昇

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済導入に向けたテスト」実施か|DOGE価格は上昇

OpenSea(オープンシー)の「登録・初期設定方法」画像付きでわかりやすく解説

OpenSea(オープンシー)の「登録・初期設定方法」画像付きでわかりやすく解説

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「パレットトークン(Palette Token/PLT)の現物取引サービス」提供開始

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

NFTアバターサービス「METABA」無料提供へ|ホリエモン・大塚愛・SEAMOなどの著名人が参画

NFTアバターサービス「METABA」無料提供へ|ホリエモン・大塚愛・SEAMOなどの著名人が参画

Twitter Blue「NFTをプロフィール画像に設定できる機能」提供開始

Twitter Blue「NFTをプロフィール画像に設定できる機能」提供開始

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

Kraken(クラーケン)販売所の取引ペアを「合計53ペア」に拡大

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

ULTRAMAN(ウルトラマン)の「第一弾NFT事前予約受付」開始:ノーボーダーズ

ULTRAMAN(ウルトラマン)の「第一弾NFT事前予約受付」開始:ノーボーダーズ

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す