イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の主要なノード運用ソフトウェアである「Go Ethereum(Geth)」の古いバージョンでバグが見つかり、アップデートを行わなかったノードが存在したことによって、イーサリアムブロックチェーンのノードの半分以上に影響が及ぼされていることが明らかになりました。影響を受けたノードはメインネットから分岐してしまう懸念があるため、開発者からは『Geth v1.10.7以前のソフトウェアを実行している場合は早急にノードをアップデートする必要がある』との警告が発せられています。

こちらから読む:Liquid、仮想通貨の入庫アドレスを変更「暗号資産」関連ニュース

Gethの古いバージョンでバグが発覚

イーサリアム(Ethereum/ETH)の主要なノード運用ソフトウェアである「Go Ethereum(Geth)」の古いバージョンでバグが見つかり、アップデートを行わなかったノードが存在したことによって、イーサリアムブロックチェーンのノードの半分以上に影響が及ぼされていることが明らかになりました。

Go Ethereum(Geth)はイーサリアムのメインネットで最も利用されているクライアントソフトであり、このクライアントソフトを利用することによって「マイニング・資金移動・スマートコントラクト・ブロック履歴の表示」などといった様々な操作が可能となっています。

Gethは2021年8月12日「Geth v1.10.7」をリリースした後、19日に『セキュリティ上極めて深刻な問題が確認されたため、24日に新たなバージョンをリリースする』と発表し、24日には予定通り新しいバージョンをリリースしていましたが、新しいバージョンへのアップデートが一部のノードで行われていなかったため、チェーンが分岐する問題に発展したと報告されています。

「早急にノードのアップデートが必要」と警告

イーサリアムのソフトウェア開発者であるMarius Van Der Wijden(モーリス・ヴァン・デル・ヴァーデン)氏によると、今回の分岐は未知の個人またはグループがGethの旧バージョンに影響を与える脆弱性を悪用したことによって発生したとのことで、『Geth v1.10.7以前のソフトウェアを実行しているGethクライアントとイーサリアムノードはネットワークから分離されるリスクがあるため、v1.10.7以前のソフトウェアを実行している場合は早急にノードをアップデートする必要がある』と説明されています。

「Ethernodes.org」のデータによると、現在はイーサリアムノードの74.6%が「Geth」を実行しているとのことで、その中でも「Geth v1.10.8を実行しているのは36.4%」「Geth v1.10.9を実行しているのは1.62%」とされているため、Gethを実行しているノードの約62%がv1.10.7以前のソフトウェアを実行しているということになります。

(画像:Ethernodes.org)(画像:Ethernodes.org

複数の報道では『ネットワークへの影響はほとんどないと見られる』と報じられているもの、今回の事象を受けて日本国内でも多くの暗号資産取引所が「ETH関連銘柄の入出金一時停止」を発表しており、現在も一部の取引所で入出金停止の状態が続いています。

2021年8月28日|イーサリアム(ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の入出金などには影響が出ているものの、ETH価格への影響は今のところ確認されていません。ETHの価格は先月21日に20万円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2021年8月28日時点では「1ETH=356,343円」で取引されています。

2021年3月2日〜2021年8月28日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)2021年3月2日〜2021年8月28日 ETHの価格チャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は各種手数料が無料の暗号資産取引所ビットポイントからどうぞ。

暗号資産取引所ビットポイントの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRPが使える音楽コンテンツ配信サービス「Xsong」ベータ版公開へ

XRPが使える音楽コンテンツ配信サービス「Xsong」ベータ版公開へ

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

ジャマイカ証券取引所:ブロックチェーン企業と協力して仮想通貨取引サービス提供へ

ジャマイカ証券取引所:ブロックチェーン企業と協力して仮想通貨取引サービス提供へ

大手暗号資産取引所KuCoin「Non-Fungible Token(NFT)取引サービス」提供へ

大手暗号資産取引所KuCoin「Non-Fungible Token(NFT)取引サービス」提供へ

仮想通貨でチャージ可能に?電子マネー「Suica」などへの対応検討:ディーカレット

仮想通貨でチャージ可能に?電子マネー「Suica」などへの対応検討:ディーカレット

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月12日〜18日

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

Coincheckつみたて:最大3万円がもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

Coincheckつみたて:最大3万円がもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

カルダノとイーサリアムを繋ぐ「ERC20コンバーター」今週テストネットに登場

カルダノとイーサリアムを繋ぐ「ERC20コンバーター」今週テストネットに登場

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す