イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトで重大なバグが発覚

by BITTIMES   

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクトに重大なバグが発覚しました。現在QUOINEはERC20ベースのQASHトークンの取引をすべて停止しています。

スマートコントラクトの重大なバグ

今回スマートコントラクトで発覚した重大なバグに関しては、イーサリアムのERC-20(規格)の中で「batchOverFlow」という障害が発生していることがわかっています。

この障害というのが『システムの範囲外の数値を入力すると、システムがトークンを無限に作り出してしまうもの』であるため、ERC-20トークン関連の仮想通貨は取り引きを一時的に中止にするという措置が取られているとのことです。

香港の仮想通貨取引所OKExでは、BeautyChainという仮想通貨がこの脆弱性を突かれて攻撃を受けています。
これにより、現在は取り引きを停止していますが、まだ影響範囲の特定ができていないためロールバック(後退復帰)も行えない状況とのことです。

QUOINEはERC20ベースのQASHトークンの取引をすべて停止

QUOINE Japanは4月26日の午前1時ごろに、TwitterでERC20ベースのQASHトークンの取引をすべて停止することを発表しています。

以前から指摘されていた危険性

以前発表されていたイギリスとシンガポールの学生らによる研究では、勝手に資金の無期限凍結を行うものや、第三者に資金を流出させるものや、誰でも停止できる状態になっているようなスマートコントラクトが見つかったことが報告されています。

外部団体の監査を経ていないスマートコントラクトの危険性は以前から指摘されており、プログラミングのミスによって失われた金額は去年だけで5億ドルにも登り、その被害の約半分はイーサリアム上で起きています。

中でも最も有名なものがParityのバグ事件であり、総額1億6800万ドル相当のイーサリアムが移動できない状態となっていました。
この事件以外にも、経験不足や不注意な開発者によるスマートコントラクトの事件は数多く報告されています。

危険が潜むスマートコントラクトは34,000件以上?

今年の2月23日には、シンガポールとイギリスの研究者らが、総額440万ドルにも登る34,000件以上のイーサリアムのスマートコントラクトに悪用される危険性があることを報告しています。

彼らの技術レポートによると、様々なバグが含まれる質の低いスマートコントラクト上に数百万ドル相当のイーサリアムが載せられているとのことです。

この報告書では、100万件以上のスマートコントラクトが分析されており、このうちの34200件に欠陥が見つかっています。

このうちの2,365件は個々のプロジェクトによるものであり、あらゆるスマートコントラクトのうちの3.4%には、ハッキング/改ざん/悪用される可能性があるとも指摘されています。

6,239ETH(750万ドル)が既に破棄された契約の中に取り残されており、そのうち313ETH(37万9940ドル)は、契約が破棄された後に送金されたものでした。

この報告書では、実際にどのスマートコントラクトが危険にさらされているかについては明らかにされていませんでした。

イーサリアム(ETH)の現在価格

イーサリアム(ETH)を含む多くの仮想通貨は、数日前までの上昇を止め、やや価格を下げています。

現時点でも、不正送金をされたとの報告も出ているため、今後の各取引所などの動きにも注目しておく必要がありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す