XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

by BITTIMES

NOBORDER.z FZE(ノーボーダーズ)は2021年10月11日に、同社が開発するメタバース対応型NFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」が、チェーンリンク(Chainlink/LINK)を開発している「Chainlink Labs」と提携したことを発表しました。XANALIAは今回の提携を通じて「Chainlink VRF」と呼ばれる乱数発生ソリューションを導入したため、改ざんや偏りのない完全にランダムなNFTの鋳造が可能になったと報告されています。

こちらから読む:中国マクドナルド、合計188個のNFTを発行「暗号資産」関連ニュース

乱数発生ソリューション「Chainlink VRF」を導入

NOBORDER.z FZE(ノーボーダーズ)は2021年10月11日に、同社が開発するメタバース対応型NFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」が、チェーンリンク(Chainlink/LINK)を開発している「Chainlink Labs」と提携したことを発表しました。

XANALIA(ザナリア)は3D仮想空間のための分散型マルチチェーンNFTマーケットプレイスであり、世界的に有名なアニメーション・ゲーム・デジタルアートなどといった様々な知的財産を"デジタル著作権付きの暗号資産"に変えて、それらを活用したNFTゲームやXANALIA独自のNFTメタバース「XANA」で使用できるようにするためのユーティリティを提供しています。

ザナリアでは、純粋に偶発性に基づいた乱数抽選でNFTを発行する「NFTブラインドボックス」という新機能が提供されているものの、ユーザーに安全に偏りなくランダムにNFTを配布するためには「ユーザーが独立して監査できる安全な乱数生成器(RNG)へのアクセス」が必要であったとのことです。

現在のNFT市場で使用されている多くのRNG(乱数発生)ソリューションは開発者による操作やオラクルによる予測を完全に防ぐことが難しかったものの、XANALIAは「Chainlink Labs」が提案する改ざん防止と監査が可能なRNG(乱数発生)ソリューション「Chainlink VRF」を導入して、改ざんや偏りのない完全にランダムなNFTの鋳造を可能にしたと報告されています。

Chainlink VRFは、リクエストが行われた時点ではまだ未知のブロックデータと、オラクルノードが事前にコミットした秘密鍵を組み合わせて、乱数と暗号証明を生成する仕組みになっているとのことで、この技術を活用することによって『偶然性と予測不可能性というエキサイティングなゲーム要素を持つNFTの配布方法において、透明性と公平性がより高いレベルで保証されるようになった』と説明されています。

また、Chainlink VRFを導入することによって「NFTブラインドボックス結果がオラクル、外部のエンティティ、または内部開発者によって改ざんされたり予測されないこと」を自動的かつ公的に検証可能な証明としてユーザーに提供することが可能になったとも説明されています。

Chainlink VRFを導入して発売した第一弾目のブラインドボックスNFTコレクション「孫悟空 メタバースアバターNFT」は、2021年9月26日から実施された販売で42万7,570ドル(約5,000万円)の売り上げを記録したと報告されています。

>>「NOBORDER.z FZE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

ブロックチェーンゲームがPS4に初登場「Plague Hunters」2019年発売へ

ブロックチェーンゲームがPS4に初登場「Plague Hunters」2019年発売へ

Huobi Japan:独自の暗号資産フォビトークン(HT)の「取り扱い開始日」を発表

Huobi Japan:独自の暗号資産フォビトークン(HT)の「取り扱い開始日」を発表

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す