XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

by BITTIMES   

NOBORDER.z FZE(ノーボーダーズ)は2021年10月11日に、同社が開発するメタバース対応型NFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」が、チェーンリンク(Chainlink/LINK)を開発している「Chainlink Labs」と提携したことを発表しました。XANALIAは今回の提携を通じて「Chainlink VRF」と呼ばれる乱数発生ソリューションを導入したため、改ざんや偏りのない完全にランダムなNFTの鋳造が可能になったと報告されています。

こちらから読む:中国マクドナルド、合計188個のNFTを発行「暗号資産」関連ニュース

乱数発生ソリューション「Chainlink VRF」を導入

NOBORDER.z FZE(ノーボーダーズ)は2021年10月11日に、同社が開発するメタバース対応型NFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」が、チェーンリンク(Chainlink/LINK)を開発している「Chainlink Labs」と提携したことを発表しました。

XANALIA(ザナリア)は3D仮想空間のための分散型マルチチェーンNFTマーケットプレイスであり、世界的に有名なアニメーション・ゲーム・デジタルアートなどといった様々な知的財産を"デジタル著作権付きの暗号資産"に変えて、それらを活用したNFTゲームやXANALIA独自のNFTメタバース「XANA」で使用できるようにするためのユーティリティを提供しています。

ザナリアでは、純粋に偶発性に基づいた乱数抽選でNFTを発行する「NFTブラインドボックス」という新機能が提供されているものの、ユーザーに安全に偏りなくランダムにNFTを配布するためには「ユーザーが独立して監査できる安全な乱数生成器(RNG)へのアクセス」が必要であったとのことです。

現在のNFT市場で使用されている多くのRNG(乱数発生)ソリューションは開発者による操作やオラクルによる予測を完全に防ぐことが難しかったものの、XANALIAは「Chainlink Labs」が提案する改ざん防止と監査が可能なRNG(乱数発生)ソリューション「Chainlink VRF」を導入して、改ざんや偏りのない完全にランダムなNFTの鋳造を可能にしたと報告されています。

Chainlink VRFは、リクエストが行われた時点ではまだ未知のブロックデータと、オラクルノードが事前にコミットした秘密鍵を組み合わせて、乱数と暗号証明を生成する仕組みになっているとのことで、この技術を活用することによって『偶然性と予測不可能性というエキサイティングなゲーム要素を持つNFTの配布方法において、透明性と公平性がより高いレベルで保証されるようになった』と説明されています。

また、Chainlink VRFを導入することによって「NFTブラインドボックス結果がオラクル、外部のエンティティ、または内部開発者によって改ざんされたり予測されないこと」を自動的かつ公的に検証可能な証明としてユーザーに提供することが可能になったとも説明されています。

Chainlink VRFを導入して発売した第一弾目のブラインドボックスNFTコレクション「孫悟空 メタバースアバターNFT」は、2021年9月26日から実施された販売で42万7,570ドル(約5,000万円)の売り上げを記録したと報告されています。

>>「NOBORDER.z FZE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

ブロックチェーンを活用した「スマートポート計画」を発表 ー スペイン・バレンシア港

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

注目度の高い仮想通貨ニュース

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

Slash:Bybit Web3で「SVLトークンのIDO」開始|現物取引も提供予定

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

Own The Doge:ドージコインでも有名な「かぼすちゃん」画像の権利を取得

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

イーロン・マスク氏率いる「Tesla」2024年第1四半期もビットコインを保持

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

仮想通貨決済のCoinGate「対応ブロックチェーン」拡充か|Xでアンケート調査を実施

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す