Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

by BITTIMES   

PCゲームやPCソフトのゲーム配信プラットフォームである「Steam(スチーム)」が、仮想通貨やNFTの発行・交換を可能にするブロックチェーン技術を基盤としたアプリケーションの配信を禁止するガイドラインを定めたことが明らかになりました。

ガイドラインに「ブロックチェーンゲームは禁止」と追記

PCゲームやPCソフトのゲーム配信プラットフォームである「Steam(スチーム)」が、仮想通貨やNFTの発行・交換を可能にするブロックチェーン技術を基盤としたアプリケーションの配信を禁止するガイドラインを定めたことが明らかになりました。

Steam(スチーム)が公開しているコンテンツ配信者向けのガイドラインには『Steamで公開すべきでないもの』として以前から合計12個の項目が記載されていましたが、現在は新たに13個目の項目として『仮想通貨やNFTの発行・交換を可能にするブロックチェーン技術に基づいて構築されたアプリケーション』という内容が追加されています。

(画像:Steam)(画像:Steam

Steamは世界中で非常に多くのユーザーに利用されている大手ゲーム配信プラットフォームであるため、仮想通貨やNFTを取り入れたゲームを開発している一部の企業は「Steamでのゲーム配信」を予定に入れて開発を進めていましたが、ガイドラインにブロックチェーンゲームの配信を禁止する条項が追加されたことによって、そのようなブロックチェーンゲームはSteamで配信することができなくなりました。

BCゲーム「Age of Rust」からの報告も

エンジン(Enjin/ENJ)のエコシステムに参画しているゲーム開発企業「SpacePirate Games」も広大な宇宙を舞台にしたダークSFアクションアドベンチャーブロックチェーンゲーム『Age of Rust(エイジ・オブ・ラスト)』を提供していましたが、先日15日には『Steamから"Age of Rustを含む全てのブロックチェーンゲームを取り下げる"と通知を受けた』との報告がなされています。

ただし「Age of Rust」は一連のツイートの中で『私たちはNFTとブロックチェーンは未来であると信じている』ともコメントしており、『現時点ではSteamと単独で戦うのではなく、ゲーム開発・NFT作成・コミュニティ強化などにエネルギーを注いでいこうと考えている。ゲームは他のプラットフォームで公開し続ける』と説明しています。

私達は数分前にSteamから『NFTには価値があるため、Age of Rustを含む全てのブロックチェーンゲームを取り下げる』との通知を受けました。私たちは水面下でSteamと良好なコミュニケーションをとり、素直に話し合いを行なってきました。

私たちはブロックチェーンとNFTについて正面から向き合うことを選択しましたが、その結果としてSteamとの戦いに負けてしまいました。Age of RustがSteamから削除されたことも残念ですが、それよりも「ブロックチェーンゲーム全体が削除される」ということの方が重要です。これは全ての人々にとっての後退を意味します。

Steamは「アイテムには価値があり、現実世界で価値があるアイテムを自分たちのプラットフォームで配信することは認められない」という見解を示しています。彼らの選択は尊重しますが、私たちは根本的に『NFTとブロックチェーンゲームは未来である』と信じています。これが私たちが皆様とこの旅を始めた理由です。

現時点では「Steam」との戦いに単独で取り組むのではなく、ゲーム開発・より多くのNFTの作成・コミュニティの強化などにエネルギーを注いでいこうと考えています。Unityのゲームを他のプラットフォームで公開し続けます。私たちは前に進み続けており、EnjinやNFT、そして私たちのコミュニティを愛しています。

「Epic Games Store」はBCゲームを歓迎

Steamはブロックチェーンゲームの配信を禁止する措置をとっているものの、「Epic Games Store」の運営などを行なっている「Epic Games」はブロックチェーンゲームを歓迎する姿勢を示しており、同社のCEOであるTim Sweeney(ティム・スウィーニー)氏は16日のツイートで『Epicは自社ゲームでは仮想通貨を利用していないが、Epic Games Storeは一定の条件に基づいてブロックチェーン技術を活用したゲームを歓迎する』とコメントしています。

Epic Games Storeは、関連する法律に従い、規約を開示し、適切なグループによって年齢評価されていることを条件として、ブロックチェーン技術を利用したゲームを歓迎します。Epicは自社ゲームでは仮想通貨を使用していませんが、テクノロジーや金融分野におけるイノベーションを歓迎しています。

また、スウィーニー氏は一連のツイートの中でブロックチェーン技術についてもコメントしており、『ブロックチェーン技術は特定の用途が成功するか失敗するかに関わらず実用性がある』と語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

IOTA:iOS・Android版Trinityの「最新版」公開|利用者はパスワード変更を

IOTA:iOS・Android版Trinityの「最新版」公開|利用者はパスワード変更を

Zaif「IEO事業の検討」を開始|トークン発行による資金調達を支援

Zaif「IEO事業の検討」を開始|トークン発行による資金調達を支援

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

2024年の半減期後、ビットコインはいくらになる?米Pantera Capitalの価格予想

2024年の半減期後、ビットコインはいくらになる?米Pantera Capitalの価格予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説