米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

by BITTIMES   

米国の決済企業「Square(スクエア)」のCEOであるジャック・ドーシー氏は2021年10月15日に『Square社が仮想通貨ビットコイン(BTC)マイニングシステムの開発を検討していること』を明かしました。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

「個人・企業向けBTCマイニングシステムの開発」を検討

Square(スクエア)のCEOであるジャック・ドーシー氏は2021年10月15日に『Square社がカスタム半導体チップとオープンソースをベースとした個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発を検討していること』を明かしました。

Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は今年6月に『Square社がビットコイン用ハードウェアウォレットの作成を検討していること』を明かしており、『もしも実際にBTC用ハードウェアウォレットを開発する場合には、完全にオープンな形でコミュニティと協力しながら開発を進めたい』と語っていましたが、BTCマイニングシステムもコミュニティと協力しながらオープンな形で構築することになると報告されています。

Squareは世界中の個人・企業向けに、カスタム半導体チップとオープンソースをベースとしたビットコインマイニングシステムを構築することを検討しています。もしも実際にこのシステムを構築するのであれば、ハードウェアウォレットのモデルに倣って、コミュニティと協力しながらオープンな形で構築することになります。

「ビットコインマイニングの分散化」が重要だと説明

ジャック・ドーシー氏は一連のツイートの中で『マイニングは分散化された、エネルギー効率に優れたものでなければならない』とも語っており、『マイニングが分散化されればされるほど、ビットコインネットワークの障害耐性が高まる』と説明している他、『半導体チップの設計が一部の企業に集中しすぎていることが供給量の減少につながっている』とも指摘しています。

マイニングはもっと分散させる必要があります。マイナーの主な仕事は「"信頼できる第三者"を必要としない状態で取引を安全に処理できるようにすること」です。これは最後のビットコインが採掘された後も重要になります。マイニングが分散化されればされるほど、ビットコインネットワークの回復力が高まるのです。

マイニングはより効率的に行う必要があります。クリーンで効率的なエネルギー利用を目指すことは、ビットコインの経済性・インパクト・スケーラビリティにとって素晴らしいことです。エネルギーはシステムレベルの問題であり、シリコン・ソフトウェア・インテグレーションのイノベーションが必要です。

半導体チップの設計が一部の企業に集中しすぎています。つまり、供給が過剰に制約されている可能性が高いのです。半導体チップの開発は非常に高価で長期的な投資が必要であり、ソフトウェアやシステムの設計と密接に関連しています。なぜもっと多くの企業がこの仕事をしないのでしょうか?

また、同氏は「現在のビットコインマイニングは誰にでもできるようなものではない」とも指摘しており、『ビットコインのマイニングはリグを電源に接続するだけの簡単なものであるべきだ』と語っています。

Squareのハードウェア責任者が技術的調査を開始

ジャック・ドーシー氏の報告によると、ビットコインマイニングシステムの開発プロジェクトはSquare社のハードウェア責任者であるJesse Dorogusker(ジェシー・ドログスカー)氏が主導するとのことで『Jesse Dorogusker氏を中心としたチームが技術的調査を開始する』と報告されています。

なお、Jesse Dorogusker(ジェシー・ドログスカー)氏は以前にSquare社のハードウェアウォレットとカストディサービスの立ち上げに貢献した人物でもあります。

ジャック・ドーシー氏は一連のツイートの最後で「コミュニティの意見・感想・協力を求めていること」も報告しており、『マイニングシステムを構築すべきか?しないべきか?なぜそう思うのか?』などの意見を求めているとも語っています。マイニングシステム開発プロジェクトの詳細が決定した場合には改めて報告すると説明されているため、今後の新たな発表にも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:インテル公式ファントークン「$INTER」のFTO本日開催へ

Chiliz&Socios:インテル公式ファントークン「$INTER」のFTO本日開催へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

【重要】Liquid by FTX「日本円・暗号資産の出金・出庫サービス」終了へ

【重要】Liquid by FTX「日本円・暗号資産の出金・出庫サービス」終了へ

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

カカオのブロックチェーン「Klaytn」メインネット公開|協議会メンバーも明らかに

カカオのブロックチェーン「Klaytn」メインネット公開|協議会メンバーも明らかに

注目度の高い仮想通貨ニュース

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す