Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

by BITTIMES

売上高世界最大の米大手スーパーマーケットチェーンである「Walmart(ウォルマート)」が、アメリカ国内にある数十店舗でビットコイン(BTC)を販売し始めたことが複数の報道で明らかになりました。報道によると、ウォルマートの一部店舗にはビットコイン購入機能も備えたATMである「Coinstar(コインスター)」が設置されているとのことで、買い物客はこのATMを通じてBTCを購入することができると報告されています。

こちらから読む:米金融機関でビットコインの売買・保有が可能に「暗号資産」関連ニュース

ウォルマートにある200台のATMでBTC販売

Walmart(ウォルマート)が、アメリカ国内にある数十店舗でビットコイン(BTC)を販売し始めたことが「Bloomberg」や「Coindesk」などの報道で明らかになりました。報道によると、ウォルマートの一部の店舗では「Coinstar(コインスター)」のATMを通じてビットコインを購入することができるようになっていると説明されています。

Coinstar(コインスター)は硬貨を紙幣に簡単に交換することができる機能などを備えた無人のコイン交換機を展開している大手企業であり、同社端末のビットコイン購入機能は仮想通貨ATMや仮想通貨ウォレットを展開している「Coinme(コインミー)」との提携を通じて提供されています。

報道によると、Coinstarは「現金でビットコインを購入できる試験サービス」を実施しているとのことで、全米のウォルマート店舗に設置されている200台のコインスター端末がこの試験サービスに参加していると伝えられています。

偽プレスリリース騒動を受け、発表は見送り

今回の件についてウォルマートからの公式発表は行われていないものの、Coindeskは『10月12日にペンシルベニア州にある店舗で実際に少額のビットコインを購入した』とも報告しており、『先月"ウォルマートの店舗でライトコイン決済が可能になる"という偽のプレスリリースが出回ったため、ウォルマートはプレスリリースの発行を見送った』とも報告されています。

実際にCoinstarの端末でビットコインを購入する際には「紙幣を挿入して引き換えコードが記載された紙の交換券を受け取る」といった流れをとることになるとのことで、「この引き換えコードを使用するためにはCoinmeのアカウントを開設して本人確認手続きを完了させる必要がある」とも説明されています。

また「Coinstar端末でビットコインを購入するためには4%のオプション手数料がかかり、現金交換には7%の手数料がかかる」とも報告されており、「ビットコイン販売を歓迎する声が出ている一方で、一部では高額な手数料に対する不満の声が出ている」とも報じられています。

Coinstar端末の手数料は一般的な暗号資産取引所の手数料と比べるとやや高額であるものの、仮想通貨取引所を利用するよりもわかりやすい方法でビットコインを購入することができるため、ビットコインを初めて購入する人のハードルが下がり、ビットコインの普及につながる可能性があると期待されています。

>>「Coindesk」の報道はこちら
>>「Bloomberg」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Socios.com「トルコフィンテック協会(FINTR)」に参加|国際教育機関との提携も

Socios.com「トルコフィンテック協会(FINTR)」に参加|国際教育機関との提携も

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

Puma Browser:リップル(Ripple/XRP)活用した「プライバシー重視のWEBブラウザ」登場

Puma Browser:リップル(Ripple/XRP)活用した「プライバシー重視のWEBブラウザ」登場

MicroStrategy CEO「ビットコイン価格暴落しても売る気はない」と説明

MicroStrategy CEO「ビットコイン価格暴落しても売る気はない」と説明

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所で「ステラルーメン(XLM)」取扱いへ

Coincheck NFT:Othersideのメタバース土地「Otherdeed」6月15日から取扱いへ

Coincheck NFT:Othersideのメタバース土地「Otherdeed」6月15日から取扱いへ

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

SBI VCトレード「取引所サービス」正式リリース|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード「取引所サービス」正式リリース|記念キャンペーンも開催

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

エルサルバドル大統領「BTCは再び回復する」と強気姿勢|一部からは批判コメントも

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

Chiliz&Socios:メキシコの「CDグアダラハラ」と提携|CHVSファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコの「CDグアダラハラ」と提携|CHVSファントークン発行へ

ビットコイン「価格暴落の歴史」まとめ|下落理由・備えるための対策も

ビットコイン「価格暴落の歴史」まとめ|下落理由・備えるための対策も

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す