Liquid by Quoine「暗号資産証拠金取引サービスの新規登録」再開へ

by BITTIMES

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」は2021年10月28日に、Liquidを運営している「QUOINE株式会社」が2021年10月26日付けで金融商品取引法に基づく"第一種金融商品取引業者"としての登録を完了したことを発表しました。今回の登録完了に伴い、Liquidは"暗号資産証拠金取引サービスの新規登録"を近日中に再開すると報告しています。

こちらから読む:GMOコイン、"BOBAエアドロップの対応方針"を発表「国内ニュース」

QUOINE「第一種金融商品取引業者」の登録を完了

Liquid(リキッド)は2021年10月28日に、Liquidを運営している「QUOINE株式会社」が2021年10月26日付けで金融商品取引法に基づく"第一種金融商品取引業者"としての登録を完了したことを発表しました。

"第一種金融商品取引業者"は有価証券の売買や店頭デリバティブ取引などのサービス提供で必要となるものであるため、今回の登録完了によってQUOINE株式会社は金融商品取引法下の店頭デリバティブ取引である「暗号資産証拠金取引サービス」を提供することができるようになりました。

Liquidは今回の発表の中で『暗号資産証拠金取引サービスの新規登録を近日中に再開する予定』だと報告していますが、詳細については後日改めて報告すると説明されています。

日本では"第一種金融商品取引業者"の登録完了報告が増えてきており、最近では「Huobi Japan(フォビジャパン)bitFlyer(ビットフライヤー)BITPoint(ビットポイント)TAOTAO(タオタオ)」などの暗号資産取引所からも同様の発表が行われています。

>>「Liquid」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

仮想通貨市場全体で「価格急落」エルサルバドル政府はビットコイン押し目買い

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

Uniswap「自己管理型の多機能ウォレットアプリ」早期アクセス版を公開

Uniswap「自己管理型の多機能ウォレットアプリ」早期アクセス版を公開

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

ANIMAX:eスポーツプロジェクト「e-elements」新設|LoLアマチュア大会開催へ

ANIMAX:eスポーツプロジェクト「e-elements」新設|LoLアマチュア大会開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説