クオン:The Sandboxのメタバースに「Quan LAND」開設|キャラクターNFTも販売

by BITTIMES   

LINEスタンプなどの販売を行っている「Quan(クオン)」は2021年11月2日に、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用したメタバース(仮想空間)を展開している「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」と提携して、The Sandboxの仮想空間上にキャラクターのテーマパーク『Quan LAND』を開設したことを発表しました。クオンは今後、同社キャラクターのオリジナルNFTの販売などを行っていくと報告しています。

こちらから読む:NIKE、仮想空間用バーチャルグッズの商標申請「暗号資産」関連ニュース

The Sandboxの仮想空間に「Quan LAND」を開設

Quan(クオン)は2021年11月2日に、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用したメタバース(仮想空間)を展開している「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」と提携して、The Sandboxの仮想空間上にキャラクターのテーマパーク『Quan LAND』を開設したことを発表しました。

Quan(クオン)はLINE・Facebook・WhtasApp・WeChatなどと提携してスタンプの販売などを行っている東京都の企業であり、スタンプ累計ダウンロード数は50億件を超えています。同社は2018年にNFT領域で「CryptoCrystal」のプロジェクトなども立ち上げていましたが、今回はメタバース分野の代表的なプラットフォームである「The Sandbox」と提携したことが発表されています。

クオンは今回の提携を通じて、The Sandboxの仮想空間上に同社専用の土地である『Quan LAND』を開設しており、今後は「クオンが展開するキャラクターのオリジナルNFT販売、CryptoCrystalとの連携、同社クリエイターネットワークのNFTコンテンツ展示」などといった様々な展開を行っていくと報告されています。

Quan LANDでは今後「クオンのキャラクターNFTを用いたオリジナルの生活空間」や「キャラクターNFTが手に入るミニゲーム」などといった様々な体験を楽しむことができるようになるとのことで、将来的にはQuan LANDの隣接地に「CryptoCrystalのLAND(土地)」が登場することも予定されていると説明されています。

The Sandboxの仮想空間上に開設されたQuan LANDの土地(画像:Quan)The Sandboxの仮想空間上に開設されたQuan LANDの土地(画像:Quan)

「NFTやLANDの先行販売」も予定

(画像:Quan)(画像:Quan)

Quan(クオン)は今回の発表の中で「Quan LAND周辺のLANDを一般ユーザー向けに先行販売すること」や「クオンの人気キャラクターである"ビジネスフィッシュ・ベタックマ・うさぎゅーん!"4体のオリジナルNFTを先行販売すること」なども報告しています。

また、NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」でオークションも開催されるとのことで『これまでスタンプでは見ることができなかった、キャラクターの生活の一部をボクセルアートで再現した限定NFTアセットを、各キャラクターにつき2体限定で販売する』と説明されています。

(画像:Quan)(画像:Quan)

「株式会社クオン」の代表取締役である水野和寛氏と、「The Sandbox」のプロジェクト責任者であるSebastien Borget氏は、今回の提携について次のようにコメントしています。

【株式会社クオン:水野和寛氏】
ブロックチェーン技術を活用したメタバースのトップランナーである『The Sandbox』とのコラボレーションにとてもワクワクしています。世界中にいるクオンのスタンプ発のキャラクターのファンの方々がNFTに興味を持つきっかけになり、日本のキャラクターがメタバースに展開するきかっけにもなってほしいと思います。

「Quan LAND」の隣に、クオンがキャラクターデザインを担当したNFTのヒットプロジェクト(1200万ETHの流通)「CryptoCrystal LAND」(現在開発中)もあるので、この周りに様々なキャラクターのプロジェクトが集まってきたら楽しそうですね。

【The Sandbox:Sebastien Borget氏】
今回クオン社とのコラボレーションにより、これまでスタンプで50億回ものダウンロードを達成し、大成功を収めているかわいいキャラクターたちが『The Sandbox』に登場することにワクワクし、待ちきれません。日本の繊細なキャラクターの表現能力は世界でも誰もがマネができないほどレベルが高く、日本のアニメやデザインに憧れてきた自分としては、このようなパートナーと取り組みができることを嬉しく思います。

『The Sandbox』はユーザー自身が作り上げていく空間です。今後も『The Sandbox』ユーザーがLAND上の生活を快適に過ごせるよう、プラットフォームの更新やツールの改良を行っていきます。

>>「Quan」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインで投げ銭できる分散型SNS「Damus」App Storeで公開

ビットコインで投げ銭できる分散型SNS「Damus」App Storeで公開

OKCoinJapan:ジリカ(ZIL)のステーキングサービス提供へ

OKCoinJapan:ジリカ(ZIL)のステーキングサービス提供へ

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)システム障害で「全てのサービス」一時停止

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)システム障害で「全てのサービス」一時停止

仮想通貨取引所「Binance Singapore」正式に公開|ビットコインなど3銘柄から提供開始

仮想通貨取引所「Binance Singapore」正式に公開|ビットコインなど3銘柄から提供開始

ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

Opening Line:静岡県主催の人材育成プログラムで「NFT修了証の発行」をサポート【自治体初】

Opening Line:静岡県主催の人材育成プログラムで「NFT修了証の発行」をサポート【自治体初】

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す