ビットコイン(BTC)大型アップグレード「Taproot(タップルート)」を完了

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は日本時間2021年11月14日の14時15分頃に、スマートコントラクト・プライバシー・処理速度などといった複数の面での機能改善を行う大型アップグレード「Taproot(タップルート)」の実装を完了しました。

こちらから読む:Gemini、SHIBなど複数のトークンをサポート「暗号資産」関連ニュース

スマコン・プライバシー・処理速度などで機能改善

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は日本時間2021年11月14日の14時15分頃に、スマートコントラクト・プライバシー・処理速度などといった複数の面での機能改善を行う大型アップグレード「Taproot(タップルート)」の実装を完了しました。

Taproot(タップルート)は2017年8月に実施された「SegWit(セグウィット)」導入以来のソフトフォークであり、2013年から議論されてきた「マークル化抽象構文木(MAST)」や、2015年に提案された「シュノア署名」などの技術が導入されています。これら複数の技術が導入されたことによって、ビットコインのスマートコントラクト機能・プライバシー機能・処理速度などが向上すると期待されています。

マークル化抽象構文木(MAST)について

マークル化抽象構文木(MAST)は、トランザクションスクリプトを従来とは異なった形式で保存する技術であり、この技術を実装することによって、複雑な条件分岐があるトランザクションのデータサイズをコンパクトにすることができるようになっています。

トランザクションのデータサイズを小さくするとブロックチェーンに加えられるトランザクション数が増えるため、「送金遅延」や「取引手数料の増加」などといったビットコインで深刻化している"スケーラビリティ問題の解決"にもつながると期待される他、Taprootを用いた取引では普通の決済なのかライトニングチャネルに属する決済なのかがわからなくなるため、Lightning Network(ライトニングネットワーク)の匿名性向上にもつながると報告されています。

シュノア署名について

シュノア署名は、1989年頃にC.P.Schnorr氏によって発明された電子署名方式であり「他の電子署名方式よりも計算が単純でわかりやすく、セキュリティも強固」という特徴を有しています。この技術は特許などの政治的理由や技術的理由からビットコインには導入されていませんでしたが、今回のアップグレードで正式に導入されることとなりました。

従来のビットコインでは「楕円曲線DSA(ECDSA)」という署名方式が採用されていましたが、シュノア署名では署名データのサイズを削減することができるため、結果的にスケーラビリティ問題の解決につながると期待されています。

暗号資産取引所からは「BTC入出金再開」の発表も

なお、ビットコインの大型アップグレードに伴い、国内外の暗号資産取引所では『BTCの入出金を一時的に停止する』との発表が行われていましたが、現在はネットワークの安定性が確認されたことを受けて、一時停止されていたBTCの入出金サービスも再開され始めています。

2021年11月15日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今年4月に記録した過去最高値700万円を少し超えたラインまで上昇しているものの、今の所大幅な上昇な見られておらず、2021年11月15日時点では「1BTC=7,502,415円」で取引されています。

2020年11月16日〜2021年11月15日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月16日〜2021年11月15日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

モルディブ・タイの高級リゾート「Soneva」仮想通貨決済に対応

モルディブ・タイの高級リゾート「Soneva」仮想通貨決済に対応

MicroStrategy:ビットコイン「約16億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC近くに

MicroStrategy:ビットコイン「約16億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC近くに

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

簡単にNFTガチャサービスを構築「NFTガチャシステム」提供へ:株式会社コネクト

簡単にNFTガチャサービスを構築「NFTガチャシステム」提供へ:株式会社コネクト

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:ジリカ(Zilliqa/ZIL)取扱いへ【国内初上場】

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

Everdome「初のロケット打ち上げ」YouTube上で本日夜にライブ配信

Everdome「初のロケット打ち上げ」YouTube上で本日夜にライブ配信

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す