中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

by BITTIMES   

スイスの民間シンクタンクである「2B4CH」は2021年10月8日に、仮想通貨ビットコイン(BTC)を国の準備資産の1つにすることを提案するイニシアチブを開始したことを明らかしました。2B4CHは、スイス連邦憲法99条で定められている『準備資産を金で保管する』という条項にビットコインを追加して、スイス中央銀行が保有する資産にBTCを追加することを提案しています。

こちらから読む:「暗号資産」関連ニュース

「準備資産へのBTC追加」を提案

スイスの民間シンクタンクである「2B4CH」は2021年10月8日に、仮想通貨ビットコイン(BTC)を国の準備資産の1つにすることを提案するイニシアチブを開始したことを明らかしました。

2B4CHはビットコインやブロックチェーンなどの調査を手掛けている非営利のシンクタンクであり、今回のイニシアチブではスイスの連邦憲法99条で定められている『準備資産を金で保管する』という条項に"ビットコイン"を追加して、スイス中央銀行が保有する資産にBTCを追加することが提案されています。

イニシアチブの具体的な内容はまだ決まっていないとのことですが、まずは"中央銀行のビットコイン保有"についての議論を活発化させることなどの目的で『10万人の署名を集めること』を目標にしているとのことで、Twitterでリツイートを求める活動などが行われています。

2B4CHは一連のツイートの中で『ビットコインを準備資産に組み込む法律の制定について楽観的に考えてはいない』と述べており、このツイートは"人々のネットワークを通じて十分な票が集まるか?"を確認するためのものであるとの説明が行われています。

また、2B4CHはツイートの中で『ほとんどの人は理解できないものには賛成しないだろう』との予想も語っており、コインテレグラフの報道では2B4CHの創設者イーブス・ベナイム氏は『投票が成功することを願っているが、そうでなくてもこのトピックが公開討論に持ち込めることができればそれで成功だろう』と語ったとも報告されています。

なお、このイニシアチブの次のステップは改正投票を行うための署名を集めることであるものの、最終的に投票が行われるまでには数ヶ月〜数年かかる見込みであるとも報じられています。

総発行枚数が2,100万枚に決められているビットコインは「優れた価値の保存手段になる」として注目されており、世界的に有名なアメリカの投資家Bill Miller(ビル・ミラー)氏は昨年11月に『将来的には全ての主要な大手銀行・投資銀行・富裕層がBTCなどの資産に投資することになるだろう』との考えを語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

【追記あり】現物ビットコインETF申請企業10社「フォームS-1の修正版」提出|手数料などの一覧も

【追記あり】現物ビットコインETF申請企業10社「フォームS-1の修正版」提出|手数料などの一覧も

ソニー銀行「デジタル証券 第一弾商品」の募集取り扱い開始|予定配当率年0.30%

ソニー銀行「デジタル証券 第一弾商品」の募集取り扱い開始|予定配当率年0.30%

Ledger:NFTに焦点を当てたハードウェアウォレット「Ledger Nano S Plus」を発表

Ledger:NFTに焦点を当てたハードウェアウォレット「Ledger Nano S Plus」を発表

無許諾/海賊版のカルダノNFTを排除「JPG Store」と「JPNFT」が業務提携

無許諾/海賊版のカルダノNFTを排除「JPG Store」と「JPNFT」が業務提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す