バイナンス:機関投資家向けカストディサービス「Binance Custody」提供開始

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2021年12月6日に、機関投資家向けの暗号資産保管サービスである「Binance Custody」を開始したことを発表しました。このサービスは最初にリトアニア共和国の機関投資家向けに提供されているとのことですが、将来的にはその他の地域にもサービスを拡大していく予定だと報告されています。

こちらから読む:Travala.com、ユーザー投票でSHIB決済に対応「暗号資産」関連ニュース

機関投資家向けの「カストディサービス」を開始

BINANCE(バイナンス)は2021年12月6日に、機関投資家向けのカストディサービスである「Binance Custody」を開始したことを発表しました。Binance Custodyはリトアニア共和国で立ち上げられており、同国の法令・規制を完全に遵守していると報告されています。

公式発表では『仮想通貨のカストディ分野における最先端技術・セキュリティ・プロセスと、カストディサービスを運用するための専門知識を用いて、機関投資家のお客様向けにデジタル通貨を安全に保管するための機能を提供する』と説明されており、このサービスを利用することによって「簡単で便利な仮想通貨取引」と「仮想通貨の安全な保管」が可能になるとされています。

暗号資産の保管には「高レベルのセキュリティを備えた適格なコールドウォレット」を使用するとのことで、コールドウォレットのハードウェアには暗号モジュールのセキュリティ要件に関する米国連邦標準規格「FIPS 140-2」に準拠したものを使用、暗号資産の出金には複数の署名が必要となるマルチシグの仕組みを採用していると説明されています。

将来的にはリトアニア以外の地域でも提供予定

「Binance Custody」のサービスは最初にリトアニア共和国の機関投資家向けに試験的に提供されるとのことですが、BINANCEの共同創設者兼CEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は『将来的には他の地域でも提供したいと考えている』と語っています。

「Binance Custody」と「BINANCEエコシステム」における全てのイニシアチブにとって"ユーザー保護"は最重要事項です。そのため「Binance Custody」の構成要素はセキュリティ・コンプライアンス・ユーティリティに基づいています。このサービスをリトアニアの機関投資家のお客様に試験的に提供し、将来的には他の地域でも提供していくことを楽しみにしています。

なお「Binance Custody」のコールドウォレットサービスは、発表が行われた2021年12月6日からリトアニア共和国の機関投資家向けに提供されているとのことで、今後は「共有ウォレットソリューション、取引へのアクセス、ステーキング分散型金融(DeFi)」などの追加機能も提供されていくことになると説明されています。

>>「Binance Custody」の公式発表はこちら
>>「Binance Custody」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

Kraken:日本居住者向けに「イーサリアムのステーキングサービス」提供開始

Kraken:日本居住者向けに「イーサリアムのステーキングサービス」提供開始

BTC支持派のジャック・ドーシー氏「Twitter CEOの退任」を発表

BTC支持派のジャック・ドーシー氏「Twitter CEOの退任」を発表

ビットバンク:販売所でThe Sandboxの「SAND」取扱開始

ビットバンク:販売所でThe Sandboxの「SAND」取扱開始

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

ToncoinとPEPEは上昇トレンドを維持し、Rebel Satoshi($RECQ)のプレセールは注目プロジェクトとして急上昇

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

TransBoden:新たなSolanaミームコイン、100%公正な方法で「$BODENX」のローンチに成功

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す