Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

by BITTIMES   

エンタメ大手「Disney Enterprises(ディズニー・エンタープライズ)」が『仮想世界シミュレーター』と呼ばれるメタバース関連の特許を取得したことが米国特許商標庁(USPTO)が公開した資料によって明らかになりました。この特許技術は現実世界と3Dイメージが連動するものであり、ユーザー動作に応じて3D効果が近くの空間・壁・オブジェクトなどに投影される仕組みとなっているため、この技術を活用することによってディズニーのテーマパークでヘッドセットを使わないARアトラクションを提供することができると伝えられています。

こちらから読む:Binance US、Portalsにオフィス開設へ「メタバース」関連ニュース

テーマパークで"ヘッドセット不要のARアトラクション"を

Disney Enterprises(ディズニー・エンタープライズ)が『仮想世界シミュレーター』と呼ばれるメタバース関連の特許を取得したことが米国特許商標庁(USPTO)が公開した資料によって明らかになりました。この特許技術は2020年7月に申請されたもので、2021年12月末に申請が許可されたと報告されています。

ディズニーが今回取得した特許は「ハードウェアとソフトウェアを含むコンピューティングプラットフォーム」や「そのコンピューター基盤と通信可能な追跡システム・投影デバイス」などを使用したものとなっており、ディズニーのテーマパークの来場者を携帯電話で追跡することによってユーザーの動作に応じた3D効果が近くの空間・壁・オブジェクトなどに投影される仕組みになっていると報告されています。

ディズニーが出願した特許技術の一部(画像:米国特許商標庁)ディズニーが出願した特許技術の一部(画像:米国特許商標庁

メタバース(仮想空間)は一般的に「インターネット上に構築された空間にVR(仮想現実)やAR(拡張現実)のヘッドセットなどを使用してアクセスするもの」となっていますが、ディズニーが提案している技術は「現実世界にメタバースを持ち込むもの」になっているとのことで、この技術によってディズニーのテーマパークでヘッドセットを使わないARアトラクションを提供することができるようになると伝えられています。

ディズニーはARデバイスの問題点として「導入コストがかかること・着用が不便であること・伝染病などへの懸念から煩わしい衛生管理が義務付けられる可能性があること」などを挙げており、ARデバイスは事実上"複数のユーザーが同じ体験を共有すること"を妨げているため『複数のユーザーが各ユーザーの視点に応じて正確にレンダリングされた3D仮想世界の没入型シミュレーションを体験できるソリューションが必要とされている』と説明しています。

Los Angeles Times」の報道によると、ディズニーの広報担当者は『現時点ではこの技術を今後の体験に導入する計画はない』と語ったとのことですが、ディズニーのCEOであるBob Chapek(ボブ・チャペック)氏は2021年11月に開催された決算説明会で「現実世界とデジタル世界を密接に結びつけた独自のディズニー・メタバース」を提供する方針を示唆していたため、今回明らかにされた特許技術の活用には期待が高まっています。

>>「米国特許商標庁が公開した資料」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

ロシア軍「ウクライナへのロケット攻撃」を開始|暗号資産価格は急落

ロシア軍「ウクライナへのロケット攻撃」を開始|暗号資産価格は急落

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

「ビットコインは無価値になるかもしれないが、下落したら買う」Thomas Peterffy氏

「ビットコインは無価値になるかもしれないが、下落したら買う」Thomas Peterffy氏

VISA「国際決済ネットワーク」にブロックチェーン技術活用|銀行間の直接取引を実現

VISA「国際決済ネットワーク」にブロックチェーン技術活用|銀行間の直接取引を実現

注目度の高い仮想通貨ニュース

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

Huobi Japan:販売所・取引所で「OMG」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「OMG」取扱いへ

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

QUOREA「bitbank自動売買」のAPI接続方法|画像付きでわかりやすく解説

ビットバンク:Flare Networksのスパーク(Spark/FLR)取扱いへ【国内初上場】

ビットバンク:Flare Networksのスパーク(Spark/FLR)取扱いへ【国内初上場】

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

Bitpanda:メタバース・DeFiなど「4つの暗号資産インデックス」を発表

Bitpanda:メタバース・DeFiなど「4つの暗号資産インデックス」を発表

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

Bitcoin.com「Unstoppable Domains」と提携|仮想通貨送金を簡素化

Bitcoin.com「Unstoppable Domains」と提携|仮想通貨送金を簡素化

ビットバンク:暗号資産の「信用取引サービス」提供へ|ティザーサイト公開

ビットバンク:暗号資産の「信用取引サービス」提供へ|ティザーサイト公開

カルダノ基盤メタバース「Pavia」リブランディングに向けた大幅アップデートを予定

カルダノ基盤メタバース「Pavia」リブランディングに向けた大幅アップデートを予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す