現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

by BITTIMES

韓国の自動車メーカーである「HYUNDAI(ヒュンダイ/現代自動車)」は2022年1月4日に、メタバース(仮想空間)で現実世界に実在するロボットを操作できるようにする『メタモビリティ』の構想を発表しました。

こちらから読む:Enjin、Bloktopiaの仮想空間に本部開設へ「メタバース」関連ニュース

メタバースで「現実世界のロボット」を操作

HYUNDAI(ヒュンダイ/現代自動車)は2022年1月4日に、メタバース(仮想空間)で現実世界に存在するロボットを操作する『メタモビリティ』の構想を発表しました。

メタモビリティの構想については2022年1月5日〜8日にかけてラスベガスで開催されている世界最大級のテクノロジー見本市『CES 2022』で現代自動車の幹部らによって詳しく語られており、ロボットを現実世界と仮想世界の設定として活用することによって、仮想世界のアバターを操作して現実世界のロボットを動かし、遠隔地でのロボット作業を可能にする仕組みが説明されています。

現代自動車は昨年6月に米国のロボット研究開発大手「Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)」の買収を完了していましたが、メタモビリティの構想ではボストン・ダイナミクスのロボット技術が活用されるとのことで、仮想世界の構築では「Microsoft(マイクロソフト)」と連携する方針も明かされています。

ロボットで現実世界と仮想世界を繋ぐことによって可能になる具体的な例としては「ロボットを通じたペットとの交流」が挙げられており、『外出先からメタバース上の自宅のデジタルツインにアクセスすることによって、アバターロボットを使って韓国にいるペットに餌をあげたり、抱きしめたりすることができるようになる』と説明されています。

また、将来的には「火星に立つロボットをアバター操作で動かすことによって遠隔地を仮想的に体験する」といった用途も想定されているとのことで、現代自動車グループの社長であるChang Song(チャン・ソン)氏は「メタモビリティ」の考え方について次のように語っています。

メタモビリティの考え方は「空間・時間・距離がすべて無意味なものになる」というものです。ロボットをメタバースに接続することによって、私たちは現実世界と仮想現実の間を自由に行き来できるようになります。メタバースが提供するそこにいるかのような没入型の体験からさらに一歩進んで、ロボットが人間の身体感覚の延長となり、メタモビリティによって日常生活を再構築し、豊かにすることができるようになります。

(画像:Hyundai)(画像:Hyundai)

メタバース(仮想空間)業界は近年急速に発展してきており、今月4日にはパナソニックのグループ会社である「Shiftall(シフトール)」からVRヘッドセット「MeganeX」、ウェアラブル冷温デバイス「Pebble Feel」、メタバース対応音漏れ防止機能付きマイク「mutalk」という3種類のメタバース向け新製品も発表されています。

>>「現代自動車」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで学校の「インターネット環境改善」ユニセフとキルギス政府が協力

ブロックチェーンで学校の「インターネット環境改善」ユニセフとキルギス政府が協力

IBMのブロックチェーンで「じゃがいも食品」の情報管理|Nestlé×Carrefour

IBMのブロックチェーンで「じゃがいも食品」の情報管理|Nestlé×Carrefour

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

BINANCE:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

BINANCE:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

決済アプリ「Uquid」がリップル(XRP)に対応|電気代・保険料などの支払いが可能に

決済アプリ「Uquid」がリップル(XRP)に対応|電気代・保険料などの支払いが可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

MicroStrategy CEO「ビットコイン価格暴落しても売る気はない」と説明

MicroStrategy CEO「ビットコイン価格暴落しても売る気はない」と説明

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

暗号資産取引所CoinBest「ダイ(DAI)」取扱いへ|日本国内初上場

暗号資産取引所CoinBest「ダイ(DAI)」取扱いへ|日本国内初上場

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

米資産運用大手「BlackRock」ブロックチェーンETFを申請

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

GMOコイン「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始|販売所とつみたて暗号資産で

GMOコイン「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始|販売所とつみたて暗号資産で

Huobi Japan「SOLOエアドロップ2倍キャンペーン」開始|最大1万円相当が当たる

Huobi Japan「SOLOエアドロップ2倍キャンペーン」開始|最大1万円相当が当たる

カルダノ財団×EMURGO:DApps開発促進に向け「開発者向けのツールスタック」構築へ

カルダノ財団×EMURGO:DApps開発促進に向け「開発者向けのツールスタック」構築へ

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す