ビットバンク:国際規格に基づく「情報セキュリティマネジメントシステム認証」を取得

by BITTIMES

bitbank(ビットバンク)は2022年3月4日に、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際標準規格である「ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014」認証を取得したことを発表しました。日本国内の暗号資産取引所がISMS認証を取得したのは今回が初であると報告されています。

こちらから読む:BitLending、ETH・USDC・DAIに対応「暗号資産」関連ニュース

国内暗号資産取引所初「ISMS認証」を取得

bitbank(ビットバンク)は2022年3月4日に、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際標準規格である「ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014」認証を取得したことを発表しました。

ISMS(Information Security Management System)は、組織の情報を安全に管理することを目的として「機密性・完全性・可用性」といった情報セキュリティの3要素を保護するための体系的な仕組みであり、技術的な対策以外にも「従業員の教育・訓練・組織体制の整備」なども含まれていると説明されています。

ビットバンクが今回取得した「ISMS認証」は、企業のISMSが正しく適用されているかどうかを"第三者機関"が公平的な立場から審査して認証するものであり、今回のISMS認証取得によって、暗号資産取引所の企画・開発・運用の範囲において、ビットバンクの構築したISMSが国際標準規格「ISO/IEC 27001:2013/JIS Q 27001:2014」に基づいて適切に運用されていることが認証されたと報告されています。

ISMS認証を取得したのは「ビットバンク株式会社の経営管理部門・リスク管理部門・プロダクト部門・システム部門」であり、日本国内の暗号資産取引所がISMS認証を取得したのは今回が初であると報告されています。

ビットバンク株式会社は公式発表の中で、今回のISMS認証取得について次のようにコメントしています。

ビットバンクは設立当初より、お客様の資産をお預かりする立場として、セキュリティの観点で常に拘って運営してまいりました。また、企業を標的としたサイバー攻撃が多様化・高度化する昨今においても、より強固な情報セキュリティ体制を構築するべく、様々な対策を継続的に講じてきました。

当社は暗号資産取引所を運営する上で、お客様の資産及びお取引に関連する情報や個人情報を安全に管理することは最も重要な機能の1つであると考えており、お客様により安心してサービスをご利用頂くための取り組みの一環として、ISMS認証を取得いたしました。

暗号資産業界は最先端の技術をベースとした新しい産業です。一方、暗号資産ビジネスの創出を支える暗号資産取引所の運営は、金融庁が用意したガイドラインなどへの準拠が求められており、新しい領域において当局が求める高いセキュリティレベルを実現・維持していく必要があります。

当社は国内の暗号資産取引所を牽引する立場として、ISMSによる活動を含め、あらゆる方面から、今後もより強固なセキュリティ体制の構築に取り組んでまいります。また、今回のISMS認証取得のように、セキュリティに対する取り組みを見える形で業界内外に発信していくことで、国内における暗号資産事業者のセキュリティレベル向上に貢献していく所存です。

>>「ビットバンク」の公式発表はこちら

暗号資産取引所ビットバンクの新規登録はこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

米住宅保険会社ARW「ビットコインに投資する」と発表|仮想通貨決済にも対応

米住宅保険会社ARW「ビットコインに投資する」と発表|仮想通貨決済にも対応

TAOTAO:法改正に伴い「レバレッジ倍率変更・追加証拠金制度導入」など複数の変更

TAOTAO:法改正に伴い「レバレッジ倍率変更・追加証拠金制度導入」など複数の変更

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

ステラ開発財団「2021年ロードマップ」公開|目標達成に向け3つの成長戦略

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月1日〜7日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月1日〜7日

GMOコイン:FC琉球の「FCRコイン(FCR)」取扱開始|上場後に価格急落

GMOコイン:FC琉球の「FCRコイン(FCR)」取扱開始|上場後に価格急落

野村ホールディングス「デジタル資産子会社」設立へ|機関投資家向けにサービス提供

野村ホールディングス「デジタル資産子会社」設立へ|機関投資家向けにサービス提供

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

米財務省:仮想通貨ミキシングサービス「Blender.io」に制裁措置

米財務省:仮想通貨ミキシングサービス「Blender.io」に制裁措置

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

バフェット氏出資の「Nubank」仮想通貨取引サービス提供へ|BTC購入報告も

バフェット氏出資の「Nubank」仮想通貨取引サービス提供へ|BTC購入報告も

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

STEPN関連トークンGST、大手暗号資産取引所「FTX」に上場

STEPN関連トークンGST、大手暗号資産取引所「FTX」に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す