ビットコインキャッシュのハードフォークに伴いbitFlyerがサービスを停止

by BITTIMES

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが5月16日に予定されています。仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、今回のハードフォークに伴いビットコインキャッシュの預入と送付を停止することを発表しています。

ハードフォークの目的と日程

ビットコインキャッシュ(BCH)のコミュニティは、5月16日にビットコインキャッシュ・ブロックチェーンのハードフォークを予定しています。

今回のハードフォークは、32MBまでのブロックサイズの引き上げや、いくつかのオペコード新規追加および再有効化を目的としています。

ハードフォークは日本時間2018年5月16日(水)午前1時~午前3時頃に行われる予定です。

bitFlyerからの重要なお知らせ

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ハードフォークの約1時間前からビットコインキャッシュの預入と送付を停止することを発表しています。

アルトコイン販売所でのBCH/JPY売買」と「bitFlyer LightningでのBCH/BTC売買」は通常どおり利用することができます。

ビットコインキャッシュの預入と送付の再開は、ハードフォーク後にビットコインキャッシュ・ブロックチェーンの安定稼動を確認した後に行われる予定となっており、再開する際には改めて連絡されるとのことです。

ビットフライヤーが発表した内容を以下に掲載します。

【重要】ビットコインキャッシュのハードフォークに伴うビットコインキャッシュお預入・ご送付サービス停止について

お客様へ

ビットコインキャッシュ・コミュニティによりビットコインキャッシュ・ブロックチェーンのハードフォークが予定されています。今回のハードフォークは 32 MB までのブロックサイズの引き上げといくつかのオペコード新規追加および再有効化が目的です。今回のハードフォークは日本時間 2018 年 5 月 16 日(水) 午前 1 時~午前 3 時頃に行われる予定です。

bitFlyer では、ハードフォークの約 1 時間前からビットコインキャッシュのお預入・ご送付サービスを停止させていただきます。

アルトコイン販売所での BCH/JPY 売買、bitFlyer Lightning での BCH/BTC 売買サービスは通常どおり稼動いたします。

新たなチェーンへの移行は自動的に行われるためお客様ご自身で行っていただくお手続きはございません。

ビットコインキャッシュのお預入・ご送付サービスの再開はハードフォーク後、ビットコインキャッシュ・ブロックチェーンの安定稼動を確認した後に行う予定です。再開の際には改めてご連絡いたします。

お客様には、ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

※ 今回のハードフォークにおいてビットコインキャッシュ・ブロックチェーンが分岐する可能性は低いと考えられます。
※ 今回のハードフォークによりビットコインキャッシュ・ブロックチェーンの分岐が発生した場合、当社の対応方針は後日ご連絡いたします。
※ 当社のハードフォークに関する対応はハードフォークの状況により変更となる可能性がございます。
※ 当社は、本対応内容の瑕疵、変更等により、お客様ならびに第三者が損害を被った場合でも一切補償いたしません。
※ 当該分岐が発生した場合の当社の対応方針についてのご質問については一切回答いたしかねます。

日本を代表する仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちらからどうぞ

仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュ(BCH)タイの仮想通貨取引所「bitkub」上場へ

ビットコインキャッシュ(BCH)タイの仮想通貨取引所「bitkub」上場へ

暗号資産で電子マネー「楽天キャッシュ」をチャージ|楽天ウォレットが新サービス

暗号資産で電子マネー「楽天キャッシュ」をチャージ|楽天ウォレットが新サービス

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

Huobi Japan:HT保有量に応じて手数料割引「取引手数料割引ランク」提供開始

Huobi Japan:HT保有量に応じて手数料割引「取引手数料割引ランク」提供開始

ビットコインキャッシュの慈善団体が南スーダンで食糧供給

ビットコインキャッシュの慈善団体が南スーダンで食糧供給

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BTCBOX:Amazonギフト券や2,000円がもらえる「2つのキャンペーン」開催

BTCBOX:Amazonギフト券や2,000円がもらえる「2つのキャンペーン」開催

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す