PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

by BITTIMES

HashPaletteが提供するNFTマーケットプレイス「PLT Place」にWovn Technologies株式会社が提供するWebサイト多言語化ソリューション『WOVN.io』が導入され、"より正確に翻訳された英語版ページ"が公開されたことが明らかになりました。今後はベトナム語・インドネシア語・中国語などの言語追加も視野に入れていると報告されているため、多言語対応によってPLT Placeの海外ユーザーがさらに増加し、NFTコンテンツの売買もより活発化していくと期待されます。

こちらから読む:Zaif、上場希望アンケートの上30銘柄を公開「暗号資産」関連ニュース

「WOVN.io」導入でより正確な翻訳ページを提供

HashPaletteが提供するNFTマーケットプレイス「PLT Place」にWovn Technologies株式会社が提供するWebサイト多言語化ソリューション『WOVN.io』が導入され、より正確に翻訳された「PLT Place」の英語版ページが公開されたことが明らかになりました。

PLT Placeは、企業やクリエイターが様々なNFTを出品したり、ユーザー同士でNFTを売買することができる国内最大級のNFTマーケットプレイスであり、ユーザーはパレットトークン(Palette Token/PLT)やクレジットカードでNFTを購入することができるようになっています。

Wovn Technologiesの報告によると、現在「PLT Place」にアクセスするユーザーの半数以上は"海外からのアクセス"であるとのことですが、これまでは日本語のみでサイトが公開されていたため、海外ユーザー自身がブラウザ上の機械翻訳ツールで翻訳した結果「退会」が「Withdrawal」と翻訳され、"紹介報酬の引き出しと誤認したユーザーが間違って退会してしまう"などの機会損失にも繋がっていたとのことです。

今回導入された『WOVN.io』は元となるWebサイトが1つあればHTMLにスクリプトタグを1行挿入するだけでWebサイトの多言語化を行うことができる多言語化ソリューションとなっており、重要な用語は画面を見ながらスピーディーに修正することができるため、同ソリューションの導入によって、ユーザー体験を低下させてしまう致命的な誤訳を防ぎつつ、いち早く正確な翻訳を提供することができると期待されています。

また、Wovn Technologiesは「PLT Place」の今後の取り組みについて『インドネシア・ベトナムなどの東南アジア圏を中心とした幅広い言語ユーザーのみなさまにご利用いただけるよう、ベトナム語・インドネシア語・中国語などの言語追加を視野に入れつつサービスを展開していく』と説明しているため、今後はPLT Placeの海外ユーザーがさらに増加し、各種NFTコンテンツの売買が活発化していくことになると期待されます。

なお「PLT Place」の英語ページは公式サイト右下に表示されている「Language」ボタンをクリックして「English」を選択することによって表示することが可能です。

公式サイト右下の「Language」ボタンから英語翻訳が可能(画像:PLT Place)公式サイト右下の「Language」ボタンから英語翻訳が可能(画像:PLT Place)

>>「Wovn Technologies」の公式発表はこちら
>>「Wovn Technologies」の公式サイトはこちら
>>「PLT Place」の公式サイトはこちら

パレットトークン(Palette Token/PLT)を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ディーカレット:Amber Group参画記念「ビットコインがもらえるキャンペーン」開始

ディーカレット:Amber Group参画記念「ビットコインがもらえるキャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)取扱いへ

Huobi Japan:ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)取扱いへ

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

ビットポイント「カルダノ(ADA)ステーキングサービス」提供へ|記念キャンペーンも

Sociosアプリ「PayPal用いた仮想通貨CHZの購入」が可能に|EEA5カ国で対応

Sociosアプリ「PayPal用いた仮想通貨CHZの購入」が可能に|EEA5カ国で対応

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

Zaif「自動売買おてがるトレード」正式リリース|暗号資産14銘柄に対応

Zaif「自動売買おてがるトレード」正式リリース|暗号資産14銘柄に対応

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

英高級車メーカー「Bentley Motors」Polygon基盤の限定NFT発行へ

英高級車メーカー「Bentley Motors」Polygon基盤の限定NFT発行へ

Bitget:賞金総額2BTCを山分けプレゼントする取引大会を開催

Bitget:賞金総額2BTCを山分けプレゼントする取引大会を開催

Zaif運営のカイカエクスチェンジ「第一種金融商品取引業者」の登録完了

Zaif運営のカイカエクスチェンジ「第一種金融商品取引業者」の登録完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す