PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

by BITTIMES   

HashPaletteが提供するNFTマーケットプレイス「PLT Place」にWovn Technologies株式会社が提供するWebサイト多言語化ソリューション『WOVN.io』が導入され、"より正確に翻訳された英語版ページ"が公開されたことが明らかになりました。今後はベトナム語・インドネシア語・中国語などの言語追加も視野に入れていると報告されているため、多言語対応によってPLT Placeの海外ユーザーがさらに増加し、NFTコンテンツの売買もより活発化していくと期待されます。

「WOVN.io」導入でより正確な翻訳ページを提供

HashPaletteが提供するNFTマーケットプレイス「PLT Place」にWovn Technologies株式会社が提供するWebサイト多言語化ソリューション『WOVN.io』が導入され、より正確に翻訳された「PLT Place」の英語版ページが公開されたことが明らかになりました。

PLT Placeは、企業やクリエイターが様々なNFTを出品したり、ユーザー同士でNFTを売買することができる国内最大級のNFTマーケットプレイスであり、ユーザーはパレットトークン(Palette Token/PLT)やクレジットカードでNFTを購入することができるようになっています。

Wovn Technologiesの報告によると、現在「PLT Place」にアクセスするユーザーの半数以上は"海外からのアクセス"であるとのことですが、これまでは日本語のみでサイトが公開されていたため、海外ユーザー自身がブラウザ上の機械翻訳ツールで翻訳した結果「退会」が「Withdrawal」と翻訳され、"紹介報酬の引き出しと誤認したユーザーが間違って退会してしまう"などの機会損失にも繋がっていたとのことです。

今回導入された『WOVN.io』は元となるWebサイトが1つあればHTMLにスクリプトタグを1行挿入するだけでWebサイトの多言語化を行うことができる多言語化ソリューションとなっており、重要な用語は画面を見ながらスピーディーに修正することができるため、同ソリューションの導入によって、ユーザー体験を低下させてしまう致命的な誤訳を防ぎつつ、いち早く正確な翻訳を提供することができると期待されています。

また、Wovn Technologiesは「PLT Place」の今後の取り組みについて『インドネシア・ベトナムなどの東南アジア圏を中心とした幅広い言語ユーザーのみなさまにご利用いただけるよう、ベトナム語・インドネシア語・中国語などの言語追加を視野に入れつつサービスを展開していく』と説明しているため、今後はPLT Placeの海外ユーザーがさらに増加し、各種NFTコンテンツの売買が活発化していくことになると期待されます。

なお「PLT Place」の英語ページは公式サイト右下に表示されている「Language」ボタンをクリックして「English」を選択することによって表示することが可能です。

公式サイト右下の「Language」ボタンから英語翻訳が可能(画像:PLT Place)公式サイト右下の「Language」ボタンから英語翻訳が可能(画像:PLT Place)

>>「Wovn Technologies」の公式発表はこちら
>>「Wovn Technologies」の公式サイトはこちら
>>「PLT Place」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム基盤の「eスポーツプラットフォーム」を共同開発:ConsenSys×NACL

イーサリアム基盤の「eスポーツプラットフォーム」を共同開発:ConsenSys×NACL

ビットコイン、下落トレンドはまだ続く?アナリストは「20万円台突入」を予想

ビットコイン、下落トレンドはまだ続く?アナリストは「20万円台突入」を予想

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

米SEC「Krakenのステーキングサービスは証券法違反」と指摘|対象事業者に登録求める

米SEC「Krakenのステーキングサービスは証券法違反」と指摘|対象事業者に登録求める

ビットコイン取引量「過去最高値」に迫る|最も重要なチャートが示す市場回復の兆し

ビットコイン取引量「過去最高値」に迫る|最も重要なチャートが示す市場回復の兆し

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「10万円相当のイーサリアム(ETH)が当たるキャンペーン」開始

ビットポイント「10万円相当のイーサリアム(ETH)が当たるキャンペーン」開始

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

Base Dawgzが2週間で170万ドル達成!一部の投資家は今後の大きな成長を予想

Base Dawgzが2週間で170万ドル達成!一部の投資家は今後の大きな成長を予想

コインチェック「10万円分のBRILが当たるキャンペーン」開始

コインチェック「10万円分のBRILが当たるキャンペーン」開始

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

Shibarium基盤のミームコイン「DAMN」中央集権型取引所への上場が決定

カルダノ基盤ステーブルコインUSDM開発企業「Moneta」に名称変更

カルダノ基盤ステーブルコインUSDM開発企業「Moneta」に名称変更

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す