自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

by BITTIMES   

暗号資産の自動損益計算サービス「Cryptact(クリプタクト)」を運営している「株式会社pafin」は2022年6月23日に、Cryptactで提供されている分散型金融(DeFi)取引のアグリゲーション機能に、NFTやゲームなど様々なプロジェクトで注目されているブロックチェーン「ポリゴン(Polygon/MATIC)」を追加したことを発表しました。

こちらから読む:Gtax、HashHubレンディングに対応「税金」関連ニュース

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

Polygon関連のDeFi取引を簡単に集約

暗号資産の自動損益計算サービス「Cryptact(クリプタクト)」を運営している「株式会社pafin」は2022年6月23日に、Cryptactで提供されている分散型金融(DeFi)取引のアグリゲーション機能に、NFTやゲームなど様々なプロジェクトで注目されているブロックチェーン「ポリゴン(Polygon/MATIC)」を追加したことを発表しました。

Cryptact(クリプタクト)は暗号資産の確定申告などに役立つ自動損益計算ツールであり、暗号資産取引所の取引履歴をアップロードしたり、暗号資産取引所とのAPI連携を行うことによって、各種取引所での取引履歴を一括管理して、取引所別・通貨別・年別などで実現損益を簡単に確認することができるサービスとなっています。

分散型金融(DeFi)取引のアグリゲーション機能は「DeFi取引の自動集約・取引内容の自動識別や編集・損益計算」などをワンストップで行うことができる機能であり、DeFi取引を行なったブロックチェーンを画面から選択して、自分のウォレットアドレスを登録するだけで簡単に利用することができるようになっています。

ウォレットアドレスを登録すると、システムがウォレットアドレスに紐づくトランザクション(取引)を解析し、関連するスマートコントラクトを特定することで「入出金履歴がどういった取引を背景に行われたか」を自動で判別し、取引履歴が画面に表示されるため、"面倒なDeFi取引の管理を簡素化することができる"という利点を有しています(※判別できない取引は自分で取引種類を上書きすることが可能)。

DeFi取引のアグリゲーション機能は、DeFi取引で主に利用されている「BSC」と「Ethereum」に対応していましたが、今回新たに「Polygon」がサポートされたことによって、合計2万以上のスマートコントラクトに対応することになったと報告されています。

(画像:株式会社pafin)(画像:株式会社pafin)

株式会社pafinは公式発表の中で『今後も日々増加し続ける暗号資産のDeFi取引に関してユーザーニーズの高いブロックチェーンやスマートコントラクト分野から順次拡大していく』と述べています。

>>「株式会社pafin」の公式発表はこちら

クリプタクトの画像 暗号資産の損益計算サービス「クリプタクト」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

IoT関連企業「7割以上」がブロックチェーン活用を計画=IT調査大手Gartner社報告

IoT関連企業「7割以上」がブロックチェーン活用を計画=IT調査大手Gartner社報告

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

米ウィリストン市:仮想通貨決済で「公共料金の支払い」が可能に|BitPayと提携

tenshabi:メタバース建築事業「METANAVI建築」開始|Decentralandにショールーム開設

tenshabi:メタバース建築事業「METANAVI建築」開始|Decentralandにショールーム開設

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す