自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

by BITTIMES   

暗号資産の自動損益計算サービス「Cryptact(クリプタクト)」を運営している「株式会社pafin」は2022年6月23日に、Cryptactで提供されている分散型金融(DeFi)取引のアグリゲーション機能に、NFTやゲームなど様々なプロジェクトで注目されているブロックチェーン「ポリゴン(Polygon/MATIC)」を追加したことを発表しました。

こちらから読む:Gtax、HashHubレンディングに対応「税金」関連ニュース

Polygon関連のDeFi取引を簡単に集約

暗号資産の自動損益計算サービス「Cryptact(クリプタクト)」を運営している「株式会社pafin」は2022年6月23日に、Cryptactで提供されている分散型金融(DeFi)取引のアグリゲーション機能に、NFTやゲームなど様々なプロジェクトで注目されているブロックチェーン「ポリゴン(Polygon/MATIC)」を追加したことを発表しました。

Cryptact(クリプタクト)は暗号資産の確定申告などに役立つ自動損益計算ツールであり、暗号資産取引所の取引履歴をアップロードしたり、暗号資産取引所とのAPI連携を行うことによって、各種取引所での取引履歴を一括管理して、取引所別・通貨別・年別などで実現損益を簡単に確認することができるサービスとなっています。

分散型金融(DeFi)取引のアグリゲーション機能は「DeFi取引の自動集約・取引内容の自動識別や編集・損益計算」などをワンストップで行うことができる機能であり、DeFi取引を行なったブロックチェーンを画面から選択して、自分のウォレットアドレスを登録するだけで簡単に利用することができるようになっています。

ウォレットアドレスを登録すると、システムがウォレットアドレスに紐づくトランザクション(取引)を解析し、関連するスマートコントラクトを特定することで「入出金履歴がどういった取引を背景に行われたか」を自動で判別し、取引履歴が画面に表示されるため、"面倒なDeFi取引の管理を簡素化することができる"という利点を有しています(※判別できない取引は自分で取引種類を上書きすることが可能)。

DeFi取引のアグリゲーション機能は、DeFi取引で主に利用されている「BSC」と「Ethereum」に対応していましたが、今回新たに「Polygon」がサポートされたことによって、合計2万以上のスマートコントラクトに対応することになったと報告されています。

(画像:株式会社pafin)(画像:株式会社pafin)

株式会社pafinは公式発表の中で『今後も日々増加し続ける暗号資産のDeFi取引に関してユーザーニーズの高いブロックチェーンやスマートコントラクト分野から順次拡大していく』と述べています。

>>「株式会社pafin」の公式発表はこちら

クリプタクトの画像 暗号資産の損益計算サービス「クリプタクト」はこちら

ポリゴン(Polygon/MATIC)を取扱う暗号資産取引所ビットバンクの新規登録はこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

ビットコイン報酬型買い物アプリ「Lolli」加盟店数1,000店近くまで増加

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

EOS関連の分散型ソーシャルメディア「Voice」公開予定日を早め7月リリースへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

分散型取引所(DEX)も規制されるべき|米CFTC委員長が発言

分散型取引所(DEX)も規制されるべき|米CFTC委員長が発言

ビットコイン「3万ドル回復後に急落」巨額送金アラートとの関連性は?

ビットコイン「3万ドル回復後に急落」巨額送金アラートとの関連性は?

Bitmedia.io:新たなマーケットプレイスで画期的な機能を提供開始

Bitmedia.io:新たなマーケットプレイスで画期的な機能を提供開始

Blur:NFT担保のP2P無期限レンディングサービス「Blend」を発表

Blur:NFT担保のP2P無期限レンディングサービス「Blend」を発表

韓国:国会議員・公務員に「仮想通貨の保有状況報告」を義務付け

韓国:国会議員・公務員に「仮想通貨の保有状況報告」を義務付け

DeFi・DEX・NFTなど暗号資産取引を集約&可視化「ディファイタクト」登場

DeFi・DEX・NFTなど暗号資産取引を集約&可視化「ディファイタクト」登場

The Sandbox「実験解放区」の近隣LAND、期間限定で販売へ:Coincheck NFT

The Sandbox「実験解放区」の近隣LAND、期間限定で販売へ:Coincheck NFT

カルダノDEX「SundaeSwap v2」利便性を高める複数のアップデートを実施

カルダノDEX「SundaeSwap v2」利便性を高める複数のアップデートを実施

USDCのクロスチェーン転送をより安全に「CCTP」メインネットでローンチ:Circle

USDCのクロスチェーン転送をより安全に「CCTP」メインネットでローンチ:Circle

Coinbase「グローバル市場向けの暗号資産デリバティブ取引所」を発表

Coinbase「グローバル市場向けの暗号資産デリバティブ取引所」を発表

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

Mastercard:ブロックチェーン取引の信頼性強化へ|Polygon・Solanaなども協力

Mastercard:ブロックチェーン取引の信頼性強化へ|Polygon・Solanaなども協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

へデラ(Hedera/HBAR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

へデラ(Hedera/HBAR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す