NFTマーケット「HEXA」シンボル(Symbol/XYM)決済に対応

by BITTIMES   

NFTマーケット「HEXA(ヘキサ)」は2022年8月30日に、NFTの販売・購入時の支払い手段で「シンボル(Symbol/XYM)」に対応したことを発表しました。これによりHEXAでは「日本円クレジットカード決済」と「XYM決済」でNFTを売買することができるようになりました。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

XYM決済でNFTの販売・転売が可能に

HEXA(ヘキサ)は2022年8月30日に、NFTの販売・購入時の支払い手段で「シンボル(Symbol/XYM)」に対応したことを発表しました。

シンボル(Symbol/XYM)決済が導入されたことによって、HEXAのNFT発行者がXYMでNFTを販売したり、NFT保有者がXYMでNFTを転売したりすることができるようになったと報告されています。

ただし、暗号資産取引所のウォレットには対応していないため、XYMで一時発行を行う場合には「Symbol(XYM)のウォレット」が必要になるとのことで、事前に「マイページ」→「報酬管理」から「仮想通貨報酬」を選択して、XYMウォレットを登録する必要があると説明されています。

なお、HEXAは以前から「日本円クレジットカード決済」にも対応していたため、日本円だけで取引を完結したい場合には日本円だけで取引を行うこともできると説明されています。

シンボル(Symbol/XYM)は日本でも人気の高い暗号資産・ブロックチェーンであるため、今回のXYM決済対応によってHEXAのNFT取引がより活発になり、XYMの取引も活発化すると期待されます。

Twitterアカウントで簡単登録「HEXA(ヘキサ)」の新規登録は以下のリンクからどうぞ。

HEXAの画像HEXAの新規登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

Robinhood:NFT・DeFi・DApps対応の「自己管理型Web3ウォレット」発表

Robinhood:NFT・DeFi・DApps対応の「自己管理型Web3ウォレット」発表

SHIBレストラン「Welly」待望の正式オープン発表|メニューも公開

SHIBレストラン「Welly」待望の正式オープン発表|メニューも公開

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

XRP価格:一時的に「50円台」まで回復|Ripple社は米SECの訴状に対する答弁書を提出

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説