ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

運動することによって暗号資産を稼ぐことができる「Move to Earn(M2E)」の仕組みを採用したアプリ「Step App(ステップアップ)」やそのガバナンストークンである「FITFI」の基本情報・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:ステップアップ関連記事を新着順で「Step App/FITFI」関連ニュース

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

Step App(ステップアップ)とは?

StepApp-Logo-350

Step App(ステップアップ)とは、運動することによって暗号資産を稼ぐことができる「Move to Earn(M2E)」の仕組みを採用したゲームアプリ・プロジェクトです。Step Appではガバナンストークンである「FITFI」やゲーム内通貨である「KCAL」も発行しています。

同サービスは「スニーカーNFTを購入して運動しながら稼ぐ」という代表的な仕組みを採用しており、「SNEAK」と呼ばれるスニーカーNFTを保有・ステーキングして歩くことによって「KCAL」を稼ぐことができるようになっています。なお、FITFIはガス代(手数料)が安いなどの特徴を持つ「アバランチ(Avalanche/AVAX)」のブロックチェーンを基盤としています。

Step Appの公式アンバサダーには"人類史上最速の男"としても知られるUsain Bolt(ウサイン・ボルト)氏が就任しており、2022年12月1日にはStep Appのグローバルローンチイベントが東京で開催されています。

Step App(ステップアップ)の特徴

Step App

スニーカーNFTを用いたM2Eアプリ

Step App(ステップアップ)は仮想通貨業界で人気の「スニーカーNFTを用いたMove to Earnアプリ」となっています。プレイヤーは「SNEAK」と呼ばれるスニーカーNFTを保有・ステーキングして歩くことによってゲーム内トークンである「KCAL」を稼ぐことができます。

スニーカーNFTには様々な種類があり、ゲーム的要素も用意されているため、ユーザーは運動しながらコレクション要素やゲーム要素を楽しみつつ稼ぐことができるようになっています。

プレイヤー同士の対戦機能

Step App(ステップアップ)はまだ正式リリースされていないものの、公式サイトにはアプリ内に「他プレイヤーや友人との対戦機能」が実装される予定であることも記載されています。

また、プレイヤーはグローバル/地域のリーダーボードで歩数を競い合うこともできるようになっているとのことで、『トーナメントで勝利するとユニークなスキンのロックが解除され、専用のリーダーボードが手に入る』とも説明されています。

基盤ブロックチェーンは「Avalanche」

Step App(ステップアップ)のガバナンストークンである「FITFI」は、高速かつ低コストで環境にも優しいパブリックブロックチェーン・スマートコントラクトプラットフォームである「アバランチ(Avalanche/AVAX)」の技術を用いて発行されています。

Avalanche基盤のトークンは人気の仮想通貨ウォレット「MetaMask(メタマスク)」で保管することができるため、MetaMaskにAvalancheのネットワークを追加すれば、MetaMask上でFITFIを管理することができます。

アンバサダーはウサイン・ボルト氏

Step App(ステップアップ)の公式アンバサダーには"人類史上最速の男"としても知られるUsain Bolt(ウサイン・ボルト)氏が就任しています。ウサイン・ボルト氏は今後開催される各種イベントに参加する予定であるとのことで、Step Appのブランドアンバサダーとして様々な取り組みをおこなっていくと報告されているため、世界的な認知度向上にもつながると期待されます。

Step App(ステップアップ)のメリット

  • スニーカーNFTを保有して歩いて稼ぐ人気のスタイル
  • プレイヤー同士の対戦機能などを搭載
  • 仮想通貨FITFIは複数の大手暗号資産取引所に上場済み
  • ウサイン・ボルト氏がアンバサダーに就任するなど今後の成長に期待されている
  • 比較的新しいプロジェクトであるため早い段階から参加できる

Step App(ステップアップ)のデメリット

  • 利用し始めるための多少の資金が必要
  • STEPNに似たサービスであるため、ユーザー獲得できるかなどの懸念がある

仮想通貨FITFIの価格

FITFIを取扱う暗号資産取引所

FITFIは記事執筆時点で日本国内の暗号資産取引所には上場していないため、FITFIを売買したい場合には海外取引所を利用する必要があります。FITFIを取り扱っている代表的な暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2022年11月時点)。
Bybit(バイビット)
OKX(オーケーエックス)
KuCoin(クーコイン)
MEXC Global(MEXCグローバル)
Bitget(ビットゲット)
CoinEx(コインエックス)
・Gate.io

>>「Bybit」の公式サイトはこちら
>>「OKX」の公式サイトはこちら
>>「MEXC Global」の公式サイトはこちら
>>「Bitget」の公式サイトはこちら

FITFI対応ウォレット

FITFIを保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
MetaMask(メタマスク)

Step App(FITFI)関連リンク一覧

Step App公式サイト
Step App:iOS版アプリ
Step App:Android版アプリ
Step App公式Twitter
Step App公式Telegram
Step App公式Discord
ライトペーパー
エクスプローラー①(StepScan)
エクスプローラー②(AvaScan)
エクスプローラー③(SnowTrace)

暗号資産取引は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エルサルバドル初のビットコインマイニングプール「Lava Pool」稼働

エルサルバドル初のビットコインマイニングプール「Lava Pool」稼働

カルダノ財団:日本で行われている「不審な投資勧誘」について注意喚起

カルダノ財団:日本で行われている「不審な投資勧誘」について注意喚起

Lifeasapaが誇る科学開発ツール「SYPWAI」その利点とは?

Lifeasapaが誇る科学開発ツール「SYPWAI」その利点とは?

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

注目度の高い仮想通貨ニュース

K9 Finance:Shibariumのテストネット「Puppynet」でKNINEトークン展開

K9 Finance:Shibariumのテストネット「Puppynet」でKNINEトークン展開

DMMビットコイン:ビットコイン不正流出受け「各種キャンペーンの中止」を発表

DMMビットコイン:ビットコイン不正流出受け「各種キャンペーンの中止」を発表

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

カルダノ開発企業「ブエノスアイレス大学法学部」とMOU締結|アルゼンチンで提携進む

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

Atomic Wallet:Shibariumのネイティブトークン「BONE」をサポート

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す