Unstoppable Domains「.coin」ドメイン関連サービスを終了|対象者には補償も

by BITTIMES

NFTドメインを販売している「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」は2022年10月18日に、同社が販売していた「.coin」関連のドメイン提供を終了することを発表しました。今回の措置は「他サービスとのドメイン重複」が発覚したことによるもので、.coin関連ドメインを既に所有しているユーザーには「支払い額の3倍のクレジット」が提供されるとも説明されています。

こちらから読む:ビットコイン、ギネス世界記録に認定「暗号資産」関連ニュース

「他サービスとのドメイン重複」が発覚

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)は2022年10月18日に、同社が販売していた「.coin」関連のドメイン提供を終了することを発表しました。

Unstoppable Domainsは「.crypto」「.wallet」「.blockchain」などといった様々な種類のNFTドメインを販売しているサービスであり、これらのNFTドメインを取得したNFT保有者は、ドメインに自分のウォレットアドレスを紐付けて自分が取得したドメイン名で暗号資産を受金したり、そのドメインで自分のサイトを公開したりすることができるようになっています。

同社は以前から「.coin」関連のNFTドメインを販売していましたが、.coinドメインは「Emercoin」と呼ばれるブロックチェーンプラットフォームが2014年から発行していたため、同じドメイン同士が衝突する可能性があることを考慮して「.coin関連ドメインの提供終了」が決定されたと説明されています。

Unstoppable Domainsはトップレベルドメインが「.coin」となる形式のNFTドメインを2021年から販売していましたが、その当時Emercoin側は「.coin」関連のドメインを広範囲にマーケティングしていなかったため、2021年の販売開始時点でUnstoppable Domains側はトップレベルドメインが重複していることに気付いていなかったとのことです(Unstoppable Domainsは重複確認後すぐに.coinドメインの販売を停止)。

対象者には「支払い額の3倍のクレジット」を提供

公式発表では『私たちはこの決定を軽々しく下すことはできなかった。それが理想的ではないことも承知している』と述べており、そのようなことも考慮した上で『.coinドメインを所有している人々に支払った金額の3倍のクレジットを提供することにした』と説明しています。

.coinドメインのNFTを保有しているユーザーはそのドメインをまだ保有している状態となっているものの、Unstoppable Domainsのサービスではそれらのドメインが機能しないようになっているとのことで、.coinドメイン保有者はUnstoppable Domains公式サイトの「マイドメイン」ページからドメイン返却が可能、返却が完了した時点でドメイン購入価格の3倍のクレジットを受け取ることができると説明されています。

なお、.coinドメインを保有しているユーザーには同社から詳細についての連絡も行われるとのことで、その他の質問についてはヘルプセンターで説明されていると報告されています。

その他のトップレベルドメインに関しては既に徹底的な調査が実施されているとも報告されており、今後同様の状況を回避するためのシステムを導入しているとも説明されています。

>>「Unstoppable Domains」の公式発表はこちら
>>「Unstoppable Domains」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE NFT:プロフィールNFT機能提供開始「プロフNFT by Minto」も本日発売

LINE NFT:プロフィールNFT機能提供開始「プロフNFT by Minto」も本日発売

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

Facebook「Meta」に社名変更|NFTも取り入れたメタバース事業に注力

Facebook「Meta」に社名変更|NFTも取り入れたメタバース事業に注力

Ripple社:シリーズC投資家からの「自社株買い」を実施|評価額は50%増加

Ripple社:シリーズC投資家からの「自社株買い」を実施|評価額は50%増加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

アニメ特化型NFTマーケットプレイス「fancity」公開:テレビ東京メディアネット×クラウドサーカス

アニメ特化型NFTマーケットプレイス「fancity」公開:テレビ東京メディアネット×クラウドサーカス

NTTドコモ:Web3普及に向け「Astar Network」と協力

NTTドコモ:Web3普及に向け「Astar Network」と協力

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

ゲーム特化ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開に向けた第2フェーズに突入

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

日本円ステーブルコインJPYWが「Polygon・BSC」に対応

日本円ステーブルコインJPYWが「Polygon・BSC」に対応

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

FTX Japan:顧客資産「年内の出金再開」に向けて準備=報道

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

M2Eゲームアプリ「Walken」登録者200万人を突破|Walken Runnerもローンチ予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す