ブロックチェーンドメイン「.crypto」主流ブラウザからアクセス可能に:Unstoppable Domains

by BITTIMES

「.crypto」や「.zil」などのブロックチェーンドメインを販売している「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」は2021年2月16日に、分散型ドメイン名サーバシステムなどを提供している米国企業「Cloudflare(クラウドフレア)」の技術を活用することによって、インターネット上の様々なブラウザから「.crypto」のドメインにアクセスできるようになったことを発表しました。

こちらから読む:金融庁、暗号資産交換業者に2社を登録「暗号資産」関連ニュース

「Unstoppable Domains」について

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)は現在のインターネットの通信規格「http」の代替として期待されている「IPFS」を採用した分散型ドメイン「ブロックチェーン・ドメイン」の構築を手がけているソフトウェア会社であり、イーサリアムの技術を用いた「.crypto」や、ジリカの技術を用いた「.zil」などといったブロックチェーンドメインを販売しています。

従来のドメインは中央集権型のデータセンターによって管理されていましたが、ブロックチェーンドメインはドメイン所有者の元で管理されているため、セキュリティとプライバシーが強化されるだけでなく、優れた検閲耐性も備えています。

またこれらのブロックチェーンドメインを取得すると、自分のウェブサイトを作成できるだけでなく、自分のウォレットアドレスを紐付けておくことによって一般的に使用されている「複雑な英数字のアドレス」を使用せずに「myname.crypto」などといった簡単な文字列で暗号資産を送金することもできるようになるため『暗号資産のやり取りを簡素化することができる』という点でも注目されています。

様々なブラウザで「.crypto」のサイトが表示可能に

ブロックチェーンドメインを用いたWEBサイトは一部のブラウザやサービスでしかサポートされていなかったため、実際に作成されたサイトを閲覧するためには「Unstoppable Browser」などの"ブロックチェーンドメインに対応したブラウザ"を使用する必要がありましたが、今回の発表では『Cloudflare(クラウドフレア)の技術を活用することによって、インターネット上の様々なブラウザから「.crypto」のドメインにアクセスできるようになったこと』が報告されています。

具体的には「Chrome、Firefox、Brave、Opera、Edge」などのブラウザでの閲覧が可能になったことが報告されており、各ブラウザでのアクセスを可能にするための設定方法は「Unstoppable Browser」の公式発表ページで説明されています。

Unstoppable DomainsのCEOであるMatthew Gould氏は公式発表の中で次のようにコメントしています。

データ漏えいが当たり前になっている時代において個人のデジタル資産に対するプライバシーと所有権は最優先事項となっていますが「集中型管理」という方法はそれを事前に見越していた人々や企業から疑問視されていました。この新しいシステムはそれとは異なるものです。コントロールする権利を本来あるべきユーザーの手に戻します。

公式発表によると「Unstoppable Domains」ではこれまでに50万以上のブロックチェーンドメインが作成されているとされているため、様々なブラウザがブロックチェーンドメインに対応することによって、今後はこれらのブロックチェーンドメインが広く普及していく可能性があると期待されます。

>>「Unstoppable Domains」の公式発表はこちら
>>「Unstoppable Domains」の公式サイトはこちら
>>「各ブラウザの設定方法」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Binance P2P:カルダノエイダ(Cardano/ADA)の法定通貨取引ペア「19種類」追加

Binance P2P:カルダノエイダ(Cardano/ADA)の法定通貨取引ペア「19種類」追加

映画公開記念「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」発売へ:博報堂DY×アーリーワークス

映画公開記念「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」発売へ:博報堂DY×アーリーワークス

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

Sweet:テゾス(Tezos/XTZ)を統合「McLaren Racing Collective」のNFTも公開

Sweet:テゾス(Tezos/XTZ)を統合「McLaren Racing Collective」のNFTも公開

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

インド決済大手Paytm:仮想通貨合法化されれば「ビットコイン対応」も検討

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月24日〜30日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月24日〜30日

GMOコイン:楽天銀行口座への振込入金が「24時間365日リアルタイム」で反映可能に

GMOコイン:楽天銀行口座への振込入金が「24時間365日リアルタイム」で反映可能に

SEBC:3,000円相当のMONAが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

SEBC:3,000円相当のMONAが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

LINE BITMAX:指定価格で売買注文を自動執行できる「予約注文機能」提供開始

LINE BITMAX:指定価格で売買注文を自動執行できる「予約注文機能」提供開始

TAOTAO「ビットコイン”Taproot”アップグレード記念キャンペーン」開始

TAOTAO「ビットコイン”Taproot”アップグレード記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:暗号資産LINKがもらえる「はじめてみようキャンペーン」開始

LINE BITMAX:暗号資産LINKがもらえる「はじめてみようキャンペーン」開始

イケハヤ氏「XANALIA NFTART AWARDS 2021」のアンバサダーに就任

イケハヤ氏「XANALIA NFTART AWARDS 2021」のアンバサダーに就任

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す