ブロックチェーンドメイン「.crypto」主流ブラウザからアクセス可能に:Unstoppable Domains

by BITTIMES

「.crypto」や「.zil」などのブロックチェーンドメインを販売している「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」は2021年2月16日に、分散型ドメイン名サーバシステムなどを提供している米国企業「Cloudflare(クラウドフレア)」の技術を活用することによって、インターネット上の様々なブラウザから「.crypto」のドメインにアクセスできるようになったことを発表しました。

こちらから読む:金融庁、暗号資産交換業者に2社を登録「暗号資産」関連ニュース

「Unstoppable Domains」について

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)は現在のインターネットの通信規格「http」の代替として期待されている「IPFS」を採用した分散型ドメイン「ブロックチェーン・ドメイン」の構築を手がけているソフトウェア会社であり、イーサリアムの技術を用いた「.crypto」や、ジリカの技術を用いた「.zil」などといったブロックチェーンドメインを販売しています。

従来のドメインは中央集権型のデータセンターによって管理されていましたが、ブロックチェーンドメインはドメイン所有者の元で管理されているため、セキュリティとプライバシーが強化されるだけでなく、優れた検閲耐性も備えています。

またこれらのブロックチェーンドメインを取得すると、自分のウェブサイトを作成できるだけでなく、自分のウォレットアドレスを紐付けておくことによって一般的に使用されている「複雑な英数字のアドレス」を使用せずに「myname.crypto」などといった簡単な文字列で暗号資産を送金することもできるようになるため『暗号資産のやり取りを簡素化することができる』という点でも注目されています。

様々なブラウザで「.crypto」のサイトが表示可能に

ブロックチェーンドメインを用いたWEBサイトは一部のブラウザやサービスでしかサポートされていなかったため、実際に作成されたサイトを閲覧するためには「Unstoppable Browser」などの"ブロックチェーンドメインに対応したブラウザ"を使用する必要がありましたが、今回の発表では『Cloudflare(クラウドフレア)の技術を活用することによって、インターネット上の様々なブラウザから「.crypto」のドメインにアクセスできるようになったこと』が報告されています。

具体的には「Chrome、Firefox、Brave、Opera、Edge」などのブラウザでの閲覧が可能になったことが報告されており、各ブラウザでのアクセスを可能にするための設定方法は「Unstoppable Browser」の公式発表ページで説明されています。

Unstoppable DomainsのCEOであるMatthew Gould氏は公式発表の中で次のようにコメントしています。

データ漏えいが当たり前になっている時代において個人のデジタル資産に対するプライバシーと所有権は最優先事項となっていますが「集中型管理」という方法はそれを事前に見越していた人々や企業から疑問視されていました。この新しいシステムはそれとは異なるものです。コントロールする権利を本来あるべきユーザーの手に戻します。

公式発表によると「Unstoppable Domains」ではこれまでに50万以上のブロックチェーンドメインが作成されているとされているため、様々なブラウザがブロックチェーンドメインに対応することによって、今後はこれらのブロックチェーンドメインが広く普及していく可能性があると期待されます。

>>「Unstoppable Domains」の公式発表はこちら
>>「Unstoppable Domains」の公式サイトはこちら
>>「各ブラウザの設定方法」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

ビットコインは「アマゾン」のような存在|将来的には金を超える:Lou Kerner

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

前澤友作氏:Web3で遊ぼう「MZ CLUB」立ち上げ|各種プロジェクトとコラボ

前澤友作氏:Web3で遊ぼう「MZ CLUB」立ち上げ|各種プロジェクトとコラボ

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱い開始|限定NFTが当たるキャンペーンも

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱い開始|限定NFTが当たるキャンペーンも

中東二国の中央銀行が仮想通貨を「共同開発」サウジアラビア・アラブ首長国連邦

中東二国の中央銀行が仮想通貨を「共同開発」サウジアラビア・アラブ首長国連邦

注目度の高い仮想通貨ニュース

HEXA×クラウドサーカス「企業向けWEB3.0/NFT活用支援ソリューション」提供へ

HEXA×クラウドサーカス「企業向けWEB3.0/NFT活用支援ソリューション」提供へ

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

Brave:ファイルコイン対応の「デスクトップ最新版」公開|複数のネットワークにも標準対応

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

BINANCE CEO「米SECのBNB調査」についてコメント

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

ビットポイント:ディープコイン(DEP)の入金が可能に「Play to Earnの日」の登録申請も

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

BAYC開発企業Yuga Labs「フィッシング詐欺が行われる可能性」について注意喚起

BAYC開発企業Yuga Labs「フィッシング詐欺が行われる可能性」について注意喚起

Optimism「OPトークン」正式ローンチ|暗号資産取引所にも続々と上場

Optimism「OPトークン」正式ローンチ|暗号資産取引所にも続々と上場

GTA6「仮想通貨報酬システム導入」の噂が話題に|ゲーム内で獲得・取引が可能に?

GTA6「仮想通貨報酬システム導入」の噂が話題に|ゲーム内で獲得・取引が可能に?

Chiliz&Socios:メキシコの「CDグアダラハラ」と提携|CHVSファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコの「CDグアダラハラ」と提携|CHVSファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す