Nike:Polygon活用のWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」公開

by BITTIMES

Nike(ナイキ)は2022年11月14日に、デジタルアイテムの収集やバーチャル体験など包括的なサービスを提供するWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」を立ち上げたことを発表しました。「.SWOOSH」は最初にお気に入りのバーチャルシューズ・ジャージ・アクセサリーを収集できる場所を提供、今後は時間の経過とともにプラットフォームを進化させていく予定だと報告されています。

こちらから読む:DEPが稼げる"Lucky Farmer"正式版リリース「暗号資産」関連ニュース

デジタルアイテムなどの展開を予定

Nike(ナイキ)は2022年11月14日に、デジタルアイテムの収集やバーチャル体験など包括的なサービスを提供するWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」を立ち上げたことを発表しました。

「.SWOOSH」は、Web3関連の様々なサービスを提供するプラットフォームとなっており、最初は「お気に入りのバーチャルシューズ・ジャージ・アクセサリーを収集できる場所」としてスタート、今後は時間の経過とともにプラットフォームを進化させ「コミュニティ全体がバーチャル製品を購入・取引・共同作成するためのホーム」になると説明されています。

Nikeが提供するデジタルアイテムはゲームなどで着用することもできるとのことで、それらのデジタルアイテムを作成する方法を学ぶ機会も提供、コミュニティチャレンジに勝利して選ばれた少数のクリエイターはNikeと共同で作成したバーチャル製品からロイヤリティを獲得することもできるとされています。

なお、Nikeはデジタルアイテムを発行する際に利用する基盤ブロックチェーンについて、環境への影響などを考慮してポリゴン(Polygon/MATIC)の技術を活用することを選択したと説明しています。

参加登録受付は2022年11月18日から開始

「.SWOOSH」は現在ベータ版として公開されており、参加登録受付は2022年11月18日から開始、2022年の残りの期間で多様かつ公平なコミュニティを招待することによってプラットフォームを成長させ、2023年には「メンバーによって形作られる最初のデジタルコレクション」が発表される予定だと報告されています(アメリカとヨーロッパの一部地域を対象にサービスをスタートして拡大)。

参加メンバーは最初のデジタルコレクションが発売された直後に、Nikeとバーチャル製品を共同制作する機会を獲得するための「コミュニティ・チャレンジ」に参加できるようになる予定で、このチャレンジの勝者は共同制作で協力したバーチャル製品のロイヤリティを得ることができると説明されています。

なお、Nikeは2021年12月にバーチャルスニーカーやコレクターズアイテムを扱っているNFTスタートアップ「RTFKT」を買収しており、2021年9月には人気のゲームプラットフォーム「Roblox」で『NIKELAND』と呼ばれるメタバースを開設していましたが、今回発表された「.SWOOSH」は別のプロジェクトであると説明されています。

「Nike Virtual Studios」の総責任者であるRon Faris氏は、公式発表の中「.SWOOSH」について次のようにコメントしています。

このアプローチは、スポーツをしたり買い物をしたりする場所で消費者と出会い、新しいデジタルアリーナへの入り口を提供するものです。私たちは、Web3に関心のある人々がアクセスできる未来のマーケットプレイスを構築しています。「.SWOOSH」のコミュニティとナイキは、この新しい空間で共に創造し、共有し、利益を得ることができるのです。

>>「Nike」の公式発表はこちら
>>「.SWOOSH」の詳細はこちら

ポリゴン(Polygon/MATIC)を取扱う暗号資産取引所ビットバンクの新規登録はこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

Meta(旧Facebook)「暗号資産関連広告の掲載規制」を暖和

Meta(旧Facebook)「暗号資産関連広告の掲載規制」を暖和

XRP価格急騰「100円台」まで回復|Sologenic(SOLO)エアドロップに向けてXRP買いか

XRP価格急騰「100円台」まで回復|Sologenic(SOLO)エアドロップに向けてXRP買いか

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

Binance JAPAN「2023年6月以降」に本格始動|SEBCは取次サービスを終了

Binance JAPAN「2023年6月以降」に本格始動|SEBCは取次サービスを終了

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

米大統領候補のVivek Ramaswamy氏「仮想通貨の寄付受け入れ」を発表

Oasys「ブロックチェーンゲームのハッカソン」開催へ|賞金総額65,000ドル相当

Oasys「ブロックチェーンゲームのハッカソン」開催へ|賞金総額65,000ドル相当

LINE独自の暗号資産LINK、フィンシア(FINSCHIA/FNSA)に名称変更

LINE独自の暗号資産LINK、フィンシア(FINSCHIA/FNSA)に名称変更

現金99,999円が当たる「創業9周年記念キャンペーン」開始:ビットバンク

現金99,999円が当たる「創業9周年記念キャンペーン」開始:ビットバンク

公式アカウントの乗っ取り被害が増加「Flare・OpenAI」関連でもエアドロップ詐欺

公式アカウントの乗っ取り被害が増加「Flare・OpenAI」関連でもエアドロップ詐欺

香港警察:メタバース「CyberDefender」立ち上げ|Web3関連のサイバー犯罪対策で

香港警察:メタバース「CyberDefender」立ち上げ|Web3関連のサイバー犯罪対策で

Sony & AstarのWeb3インキュベーションプログラム「デモデイ」開催へ

Sony & AstarのWeb3インキュベーションプログラム「デモデイ」開催へ

秘密鍵復元サービス「Ledger Recover」リリース延期に|オープンソース化で懸念に対処

秘密鍵復元サービス「Ledger Recover」リリース延期に|オープンソース化で懸念に対処

専門家がアルトシグナルのプレセールをAI仮想通貨市場における次のビッグウェーブと位置付ける理由

専門家がアルトシグナルのプレセールをAI仮想通貨市場における次のビッグウェーブと位置付ける理由

プレセール開催中のアルトシグナルが890,000ドルを調達|ライトコインは半減期を前に価格上昇中

プレセール開催中のアルトシグナルが890,000ドルを調達|ライトコインは半減期を前に価格上昇中

韓国:国会議員・公務員に「仮想通貨の保有状況報告」を義務付け

韓国:国会議員・公務員に「仮想通貨の保有状況報告」を義務付け

BINANCEは顧客資産と企業資金を混同している?ロイター報道にバイナンス関係者が反論

BINANCEは顧客資産と企業資金を混同している?ロイター報道にバイナンス関係者が反論

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

人気のタグから探す