Opera Crypto Browser「NFTを簡単作成できる新機能」提供へ

by BITTIMES

ウェブブラウザの「Opera(オペラ)」は2022年12月2日に、同社のWeb3ブラウザである「Opera Crypto Browser」が、ドラッグ&ドロップでコンテンツを簡単にブロックチェーン上にアップロードしてNFTを作成することができる新機能『Alteon LaunchPad』を提供する計画を明らかにしました。

こちらから読む:Mark Mobius氏、BTCの更なる下落を予想「暗号資産」関連ニュース

ドラッグ&ドロップでNFTを簡単作成

Opera(オペラ)は2022年12月2日に、同社のWeb3ブラウザである「Opera Crypto Browser」でNFTを簡単に作成することができる新機能『Alteon LaunchPad』を提供する計画を明らかにしました。

Alteon LaunchPadは「Alteon.io」とのパートナーシップによって提供されるとのことで、この新機能を利用すると任意のメディアファイルをブラウザにドラッグ&ドロップすることによってNFTを作成することができるため、Web3やNFTに関する経験をほとんど有していない方でも簡単にNFTを作成することができるとされています。

この機能は2023年第1四半期に「Opera Crypto Browser」の左側のサイトバーで利用できるようになる予定で、NFT化したいファイルをドラッグ&ドロップすると、NFTをプレビューしてスマートコントラクトのプロパティを確認することができるように設計されています。

作成したNFTは他の人と共有したり、プライベートマーケットプレイスで販売したりすることができるとのことで、全てのNFTはOperaがサポートする仮想通貨ウォレットに送ることが可能、ウォレットを持っていない場合はブラウザで「Opera Crypto Wallet」をすぐに作成することができると説明されています。

「Opera」の仮想通貨エコシステム責任者であるSusie Batt氏と、「Alteon」の共同設立者であるMatt Cimaglia氏は、Alteon LaunchPadの提供について次のようにコメントしています。

【Opera:Susie Batt氏】
「Opera Crypto Browser」は、Web3をプライベートかつ安全に探索するためのものです。「Alteon LaunchPad」はこのエコシステムに自由に貢献できる機会をユーザーに提供します。ユーザーはプラットフォームの使用料なしで即座に簡単にNFTを作成できるようになり、急成長を続けるNFT業界をより多くの人々が探究するようになります。

【Alteon:Matt Cimaglia氏】
Alteonは誰もがアクセスできる世界規模のツールのエコシステムを構築することによって、あらゆるバックグラウンドを持つコンテンツクリエーターの活躍の場を平等にすることを目標としています。

Operaとのパートナーシップは、従来のクリエイターとWeb3クリエイターエコノミーの間の技術的ギャップを埋め、ブロックチェーン技術が提供する機会から誰もが恩恵を受けることができるようにするものです。私たちは「Alteon LaunchPad」を通じて、新たなデジタル世界の原動力となる探究心や好奇心を獲得しています。

Operaは今年11月にNFTの分析・追跡・探索ツールである「DegenKnows」を発表しており、今回発表された「Alteon LaunchPad」はこれに続く最新ツールとなっています。

「Alteon LaunchPad」の詳細は、以下に記載しているAlteonの公式サイトで確認することができます。

>>「Alteon LaunchPad」の詳細はこちら
>>「Opera」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

欧州で「機関投資家向け暗号資産取引サービス」提供へ:スタンダード・チャータード銀行

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

コインチェック:新作映画「新世界」でのNFT活用に向けKIRIYA PICTURESと連携

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

アメリカがん協会「ビットコインによる寄付」を受け入れ

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

メタバース不動産とは?仮想空間上の土地が注目される理由

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

Unstoppable Domains:メタバース3Dアバターの「Ready Player Me」と提携

Unstoppable Domains:メタバース3Dアバターの「Ready Player Me」と提携

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

Cardano関連ウォレット「Yoroi」ERGトークンのサポート終了へ

Cardano関連ウォレット「Yoroi」ERGトークンのサポート終了へ

暗号資産取引所coinbook(コインブック)とは?基本情報・特徴などを解説

暗号資産取引所coinbook(コインブック)とは?基本情報・特徴などを解説

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

LINE NFT:賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」の第一弾販売、本日12時から開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す