bitFlyer Blockchain「Miyabi」のブランドリニューアル|Miyabi Explorerを一般公開

by BITTIMES

bitFlyer Blockchainは2022年12月29日に、同社が独自開発したプライベートブロックチェーン「Miyabi」のブランドをリニューアルし、ロゴマークを変更したことを発表しました。今回の発表では「Miyabi Explorer」を一般公開したことも報告されています。

こちらから読む:JVCEA、暗号資産の上場審査を簡素化「国内ニュース」

独自ブロックチェーンをリニューアル

bitFlyer Blockchainは2022年12月29日に、同社が独自開発したプライベートブロックチェーン「Miyabi」のブランドをリニューアルし、ロゴマークを変更したことを発表しました。

Miyabiは、ブロックチェーンの特長である堅牢性を持ちながら取引の確定や処理速度などに関連する課題を解決したbitFlyer Blockchain独自のプライベートブロックチェーンであり、データが確定するファイナリティを確保した状態で秒間4,000トランザクション以上の高速な処理スピードを実現しています。

「Miyabi」ロゴはbitFlyer Blockchainの代表取締役である加納裕三氏が"メビウスの輪"に着想を得てデザインしたもので、「ブロックチェーンは誰の手も介さずに永遠に動き続けるDAO(分散型自立組織)である」というコンセプトや、それぞれのノードが同社独自開発のコンセンサスアルゴリズム「BFK2」のもとで対話を続ける様子を表現したものだと説明されています。

このブロックチェーンは法令対応等の仕様変更やより高いセキュリティとパフォーマンスが求められるエンタープライズ向けブロックチェーンとして設計されていますが、今回は新たにWeb3時代に求められるNFTソリューションなどの新機能も搭載したとのことで、bitFlyer Blockchainは『Miyabiと共にWeb3事業を積極展開していく』とコメントしています。

なお今回の発表では「Miyabi」のブロックチェーンに記録された情報を確認したり、トランザクション履歴から検索したりすることができるブロックチェーンエクスプローラー「Miyabi Explorer」を一般公開したことも報告されています。「Miyabi Explorer」には、Miyabiの公式サイトからアクセスすることができます。

Miyabi-Explorer(画像:bitFlyer Blockchain)Miyabi-Explorer(画像:bitFlyer Blockchain)

>>「bitFlyer Blockchain」の公式発表はこちら
>>「Miyabi Explorer」はこちら
>>「Miyabi」のブランドサイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

HashHubレンディング:ステーブルコイン「USDコイン(USDC)」取扱い開始

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

HashPort:MATCHAトークンのIEO実施に向け「MATCHA NFT」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

ワールドコインの「World ID認証拠点」を全国展開|国内事業パートナー募集開始:カンバンクラウド

ワールドコインの「World ID認証拠点」を全国展開|国内事業パートナー募集開始:カンバンクラウド

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

サンリオ × NTT Digital「次世代サービスへの仮想通貨ウォレット機能導入」で連携

サンリオ × NTT Digital「次世代サービスへの仮想通貨ウォレット機能導入」で連携

注目度の高い仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:ビットコイン不正流出受け「各種キャンペーンの中止」を発表

DMMビットコイン:ビットコイン不正流出受け「各種キャンペーンの中止」を発表

BTC価格の高値更新が予想される中、ビットボットの成長に期待が集まる

BTC価格の高値更新が予想される中、ビットボットの成長に期待が集まる

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

OKCoinJapan:ネオ(NEO)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:ネオ(NEO)取扱いへ【国内初上場】

韓国ゲーム大手:日本市場に特化した独自のOasys L2「XPLA Verse」正式ローンチ

韓国ゲーム大手:日本市場に特化した独自のOasys L2「XPLA Verse」正式ローンチ

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

Dogeverseのプレセールが1500万ドルを調達、終了までのカウントダウンが始まる

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

ブラジル最大手銀行:仮想通貨取引サービスを「全ユーザー」に開放

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

Astar Network(ASTR)総供給量の5%を処分する「大規模バーン」を提案

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す