不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

by BITTIMES

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の子会社である「株式会社 bitFlyer Blockchain」と「住友商事株式会社」は、2019年7月23日に独自のブロックチェーンである"miyabi"を活用した「不動産賃貸契約プラットフォーム」の共同開発に向けて提携したことを発表しました。

こちらから読む:参議院選挙、開票結果など「国内ニュース」一覧

契約時間の短縮、業務効率化を目指す

「bitFlyer Blockchain」と「住友商事株式会社」が共同開発する「不動産賃貸契約プラットフォーム」は、bitFlyer Blockchainが開発した独自のエンタープライズ向けブロックチェーンである「miyabi」を活用して住宅の賃貸契約をデジタル化した、"物件の内見予約から契約までを行えるプラットフォーム"だと説明されています。

従来の賃貸契約は「貸主・管理会社・仲介会社・借主」の間で直接やりとりをしたり、FAXや郵送などを使ったりと多大な労力を必要とするものとなっていましたが、今回発表されたプラットフォームは「1秒間に最大6,000件」という高い処理能力を維持しつつ「ファイナリティの確保」や「カスタマイズの柔軟性」を実現している「miyabi」を活用することによって、契約期間を短縮し、事務作業を効率化することができると期待されています。

アプリケーションは「借主向け」と「管理会社・仲介会社向け」に開発されることになっており、契約を行う当事者それぞれが物件申込〜契約締結までのプロセスをタイムリーに確認することができるとのことです。

2020年中には一般公開予定

今後の予定としては、2019年後半には「プロトタイプの開発・検証」を完了して、2020年中には一般利用者向けにサービスを提供していく予定となっており、将来的にはブロックチェーン以外の技術を取り入れながら、借主がスマートフォンのみで
・物件の検索
・内見予約
・契約
・入居
・各種費用の支払い
・契約更新や退去手続き
までのプロセスをワンストップで完結できる仕組みを構築すると説明されています。

また、住宅の賃貸契約だけでなく「売買契約」や「住宅以外の契約」などに拡大していくことも計画しており、保証会社や保険会社などの不動産契約との関わりが深い"他業種サービス"の利便性向上も目指していくとのことです。

仮想通貨決済採用の可能性に関しては、加納 裕三(かのう ゆうぞう)社長が『将来的に多彩な支払い手段が必要になれば提供したい』とコメントしています。

不動産関連の事業にブロックチェーン技術を活用する取り組みは世界中で進められており、最近ではブロックチェーンで"月の登記"を行うプロジェクトも公開されています。日本国内の大手企業が「不動産賃貸契約プラットフォーム」を立ち上げることによって、今後はこのような契約方法がさらに普及していくことになると予想されます。

>>住友商事からの公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

SBI北尾社長:中国投資協会ブロックチェーン・ビッグデータ委員会の「高級顧問」に就任

SBI北尾社長:中国投資協会ブロックチェーン・ビッグデータ委員会の「高級顧問」に就任

「糖尿病患者」向けのブロックチェーン・ネットワークを構築:ドイツ製薬大手

「糖尿病患者」向けのブロックチェーン・ネットワークを構築:ドイツ製薬大手

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

トルコの不動産会社:複数銘柄対応の「暗号資産決済」を導入|オンライン物件閲覧も可能

トルコの不動産会社:複数銘柄対応の「暗号資産決済」を導入|オンライン物件閲覧も可能

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

イーサリアムの主要ノード運用ソフト「Geth」でバグ|利用者にアップデート求める

OKCoinJapan:QUOREAとのAPI連携で「ビットコインの自動売買」が可能に

OKCoinJapan:QUOREAとのAPI連携で「ビットコインの自動売買」が可能に

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)」取扱い開始|3つの記念キャンペーンも

ビットポイント「カルダノ・エイダ(ADA)」取扱い開始|3つの記念キャンペーンも

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

Huobi Japan:スマホ画面に仮想通貨価格を表示「フローティングウィンドウ機能」追加

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す