TON財団:分散型ファイル共有ソリューション「TON Storage」を発表

by BITTIMES

TON(The Open Network)の開発を支援する「The TON Foundation(TON財団)」は2023年1月4日に、TONブロックチェーンを活用した分散型のファイル共有・データストレージソリューションである「TON Storage」をローンチすることを発表しました。

こちらから読む:ビットバンク、FLR取扱開始日を発表「暗号資産」関連ニュース

スマートコントラクトで金銭的なインセンティブも付与

TON(The Open Network)の開発を支援する「The TON Foundation(TON財団)」は2023年1月4日に、TONブロックチェーンを活用した分散型のファイル共有・データストレージソリューションである「TON Storage」をローンチすることを発表しました。

このソリューションはTorrent(トレント)によるP2Pのファイル共有に似ているものの、TON StorageはTONブロックチェーンを用いて分散化された安全でプライベートなコンピューターネットワークを介してデータを転送するため、ユーザーはあらゆるサイズのファイルを自由かつ安全に交換することができ、全てのデータは自動的にバックアップ・暗号化されると説明されています。

TON財団は『従来のトレントを使用する場合はファイルを保存するインセンティブがないため、長期的な保存が保障されない。重要ではないデータには適しているかもしれないが、重要なデータには"ストレージの保証"が不可欠である』と指摘しています。

一方「TON Storage」はブロックチェーン上のスマートコントラクトを利用して金銭的なインセンティブを付与する仕組みを採用しており、ノード運営者とユーザーがTONブロックチェーン上でスマートコントラクトを作成し、ユーザーが一定額のToncoinを支払うことで、あらかじめ決められた期間ファイルを保存することが保証されるため、事実上永久保存を保証できる画期的なサービスであると説明されています。

また『誰でもTONネットワーク上のノードオペレータになることが可能で、1つのノードを操作するだけでも他ユーザーからファイルのホスティングに対する支払いを受けることができる』とも説明されており、これは独立した新しいユーザーがTONネットワークに参加する動機となるもので、TONエコシステムのさらなる成長に貢献するものだとされています。

さらに「TON Storage」は、TONブロックチェーン上のウェブサイト「TONサイト」や分散型のドメインネームサービス「TON DNS」と連携することによって、固定IPアドレス・中央集権化されたドメインなどを必要とせずにTONネットワーク上でサイトを立ち上げることを可能にするとのことで、Webサーバーを用意することなくTONストレージ上でサイトを構築することができるため、『完全に分散化されたインターネット』という目標を達成するためのパズルのピースが揃ったことになると説明されています。

「TON Foundation」の創設メンバーであるAnatoly Makosov氏は「TON Storage」について次のようにコメントしています。

「TON Storage」のローンチは長い間待ち望まれていました。この技術は個人ユーザーから数百万ドルの利用者を持つサービスまで幅広く利用することができます。信頼性の高い分散型ストレージソリューションを提供することは『分散型のオープンなインターネット』という私たちのビジョンを実現するための次の重要なステップとなります。私たちのコミュニティがこの技術を使ってどのような製品を生み出すかを楽しみにしています。

>>「TON Foundation」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブラジルのサッカークラブ「Atlético Mineiro」BINANCEでNFTコレクション発売へ

ブラジルのサッカークラブ「Atlético Mineiro」BINANCEでNFTコレクション発売へ

CyberAgent:ブロックチェーン・AI等を活用し「行政手続きのデジタル化」を支援

CyberAgent:ブロックチェーン・AI等を活用し「行政手続きのデジタル化」を支援

GMOコイン:新規口座開設後「最短10分」で取引が可能に|申込みの審査体制を強化

GMOコイン:新規口座開設後「最短10分」で取引が可能に|申込みの審査体制を強化

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

ブロックチェーンで「マンガの売上をファンに還元」権利売買サービスを実証実験:TART

ブロックチェーンで「マンガの売上をファンに還元」権利売買サービスを実証実験:TART

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

注目度の高い仮想通貨ニュース

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

SBI VCトレード「今後のFlareトークン獲得方法」について続報

SBI VCトレード「今後のFlareトークン獲得方法」について続報

アート・NFT分散型保有プラットフォームSTRAYM「Astar Japan Lab」に入会

アート・NFT分散型保有プラットフォームSTRAYM「Astar Japan Lab」に入会

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

ビットポイント:Flareトークン(FLR)の貸出募集開始|貸出期間30日間・年率2%

ビットポイント:Flareトークン(FLR)の貸出募集開始|貸出期間30日間・年率2%

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

中央アフリカ共和国「仮想通貨法案の起草を担当する委員会」を設置

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年には50倍の利益の見込み

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年には50倍の利益の見込み

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

JPYC:8万円相当のASTRが当たる「Twitterキャンペーン」などを開催

JPYC:8万円相当のASTRが当たる「Twitterキャンペーン」などを開催

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す