Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

by BITTIMES   

Flare Networks(フレアネットワーク)は2023年1月10日に、日本時間2023年1月10日午前8時59分にFLRトークンの配布を開始したことを発表しました。FLRトークンは「MEXC」などの暗号資産取引所で既に取引が開始されており、記事執筆時点の価格は「1FLR=約13円」となっています。

こちらから読む:Flare関連の記事を新着順で確認「Flare/FLR」関連ニュース

待望の「FLRトークン配布」を開始

Flare Networks(フレアネットワーク)は2023年1月10日に、仮想通貨コミュニティで長い間待ち望まれていたFLRトークンの配布を日本時間2023年1月10日午前8時59分に開始したことを発表しました。

FLRトークンの配布では、最初の全体の15%を配布して、残りの85%の配分方法は「Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)」に対するコミュニティ投票の結果で決定、予定では残り分が今後36カ月間にわたって毎月配布されることになっています。

第一回目の配布では「BinanceOKXKrakenBithumb、UpBit、Kucoinbitbank、その他ユーザー」を含めた数百万の受け取り対象者に42億7,900万のFLRトークンが配布されたとのことで、この配布は仮想通貨市場最大規模であるとも説明されています。

今回の配布によって、開発者はFlareのEVM(イーサリアム仮想マシン)とネイティブデータ取得プロトコルである「State Connector」と「Flare Time Series Oracle」を活用し始めることができるようになっており、公式発表では『これはFlareにおける重要な節目である』とされています。

ネットワークによって保護されたこれらのネイティブプロトコルは、他のブロックチェーンやインターネットからの高信頼性データへの分散型アクセスを提供し、新しいユースケースやマネタイズモデルの作成を可能にします。

Flare社のCEO兼共同創業者であるHugo Philion氏は、次のように述べています。

ブロックチェーン産業が繁栄するためには、より有用な分散型アプリケーションが必要です。Flareは、価格だけでなく、取引の詳細、Web2イベントなどのデータを通じてこれに取り組み、開発者がより多くのユーザーグループに有用性を提供するアプリケーションを構築できるようにしています。

Flareの目的は、開発者がより多くのデータに安全にアクセスするアプリケーションを構築できるようにすることです。これにより、他のチェーンで行われた支払いや、インターネットAPIからの入力でFlareスマートコントラクトのアクションをトリガーするなど、新しいユースケースを構築することができるようになります。また、ブリッジングの新しい方法、具体的には、DeFiプロトコルなどのアプリケーションで使用するために、スマートコントラクト以外のトークンをFlareに持ち込むことが容易になります。

State Connectorプロトコルについて

State Connector(ステート・コネクター)プロトコルは、Flare上のスマートコントラクトで情報を安全、スケーラブル、かつ信頼性高く使用することを可能にします。これは、ネットワーク上のデータの強力なクラスを提供し、より多くのクロスチェーンソリューションを構築することを可能にします。

State Connectorは、分散化された証明者セットとバイナリフォーキングプロトコルを組み合わせることで安全性を導き出し、データ提供者の悪意ある大多数が挑戦することを可能にします。データプロバイダーが価値を賭けることを義務付けられるプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)ベースのシステムとは対照的に、State Connectorのセキュリティは、システムに賭ける量によって制限されません。

つまり、State Connectorはトランザクションのサイズに対して安全性が不変であり、大量の価値を扱うことができる安全なシステムを提供します。

Flare Time Series Oracle(FTSO)について

Flare Time Series Oracle(FTSO)は、ネットワーク構造を利用し、中央集権的なデータプロバイダーに依存することなく、高度に分散化された価格とデータ系列をFlare上のDappsに提供するものです。FTSOは高度に分散化されたデータフィードオラクルで、約100の独立したデータプロバイダーが、3分ごとに信頼性の高いデータを提供するインセンティブを与えられています。

注目のFLRトークン価格は「1FLR=約0.1ドル」

FLRトークンは既に「MEXC」のような暗号資産取引所で取引が開始されており、注目のFLR価格は記事執筆時点で「1FLR=約0.10ドル(約13円)」となっています。MEXCでは上場直後に「1FLR=0.21ドル(約27円)」まで価格が上昇しましたが、その後は0.1ドル前後での推移が続いています。

2023年1月10日 MEXCにおけるFLR/USDTの5分足チャート(画像:MEXC)2023年1月10日 MEXCにおけるFLR/USDTの5分足チャート(画像:MEXC)

今後はその他の暗号資産取引所にもFLRトークンが続々と上場し、価格も安定していくことになると予想されるため、各取引所の今後の発表や、その後の値動きにも注目です。

なお、日本では暗号資産取引所「bitbank(ビットバンク)」が2023年1月11日からFLRトークンの取り扱いを開始することを発表しています。

>>「Flare Networks」の公式発表はこちら
>>「MEXCのFLR取引ページ」はこちら

Flare(FLR)のリアルタイム価格・チャート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」3,000個全て完売|2次販売・3次販売の日程も

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」3,000個全て完売|2次販売・3次販売の日程も

HEXA LANDの3D仮想空間「HEXAメタバース」の詳細発表|Plain LAND NFT発売も予定

HEXA LANDの3D仮想空間「HEXAメタバース」の詳細発表|Plain LAND NFT発売も予定

仮想通貨取引所「Gate US」米国で暗号資産取引のライセンス取得

仮想通貨取引所「Gate US」米国で暗号資産取引のライセンス取得

Mastercard:ブロックチェーン取引の信頼性強化へ|Polygon・Solanaなども協力

Mastercard:ブロックチェーン取引の信頼性強化へ|Polygon・Solanaなども協力

韓国国民銀行「仮想通貨・デジタル資産関連サービス」提供へ|テック企業3社と提携

韓国国民銀行「仮想通貨・デジタル資産関連サービス」提供へ|テック企業3社と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

ビットコインの本質は「政治革命」Coinbase元CTO  バラジ・スリニバサン氏

ビットコインの本質は「政治革命」Coinbase元CTO バラジ・スリニバサン氏

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す