Cardano上のプロジェクト数「1,200」に到達|ADAクジラの取引も12週間ぶりの高水準

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン上に構築されたプロジェクトの数が1,200に到達したことが2023年2月3日に公開された開発レポートで明らかになりました。SECP・Laceなどの開発作業も順調に進められているとのことで、今月4日には10万ADA以上を保有するクジラの取引量が12週間ぶりの高値を記録したとも報告されています。

こちらから読む:ChatGPT向けの分散型決済フレームワーク発表「暗号資産」関連ニュース

SECP・Laceなどの開発作業も継続中

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン上に構築されたプロジェクトの数が1,200に到達したことが2023年2月3日に公開された週間開発レポートで明らかになりました。今回公開された週間開発レポートによると、Cardanoで立ち上げられたプロジェクト数は116で、トランザクション総数は6,000万を突破したと報告されています。

最近の開発については、2023年2月15日頃に予定されているアップグレード「SECP」の準備が続けられていると報告されており、「ノードv.1.35.5」に続いて「Rosetta v.2.1.0」がリリースされたとも報告されています。

SECPアップグレードは、Cardanoでスマートコントラクトを構築するために使用される言語「Plutus」に新しい組み込み関数を追加して、開発者が簡単にクロスチェーンのアプリケーションを構築できるようにするものであり、これによってクロスチェーンのアプリ開発の敷居が下がり、カルダノ基盤DApps増加にもつながると期待されています。

また、Cardano関連のデジタル資産を保管・管理することができるライトウォレット「Lace」の開発作業も進められているとのことで、公開テスト版として提供されているLaceを利用している場合はまもなくネットワークの切り替えが可能になるとも説明されています。

Laceウォレットは「資産管理・NFT管理・取引・ステーキング」などの機能を備えた軽量版ウォレットであり、NFTを含めた資産をまとめて管理できるだけでなく、ステーキングも簡単に行うことが可能で、各種DAppsにも簡単に接続できるため、正式リリースされることによって、Cardano関連サービスの利用がより便利になると期待されています。

ADAクジラ・サメの取引も活発化

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)では2023年1月1日から価格上昇が続いていますが、仮想通貨分析企業である「Santiment」は今月4日のツイートで『ADA価格は2023年に65%上昇している』と報告した上で『この価格上昇にはADAを大量保有するサメとクジラの蓄積が大きく関連している』と説明しています。

先月末には「ADAを大量保有している約31のアドレスがADAを売却または移動している」ということが報告されていましたが、Santimentの報告によると、10万〜1億のADAを保有するADAクジラは現在も蓄積を続けているとのことで、2023年2月4日には10万ADA以上を保有するクジラの取引が12週間ぶりの高値を記録したと報告されています。

ADAの価格はカルダノのメインネットにスマートコントラクト機能をもたらす大型アップグレード「Alonzo」が実施された2021年9月に325円付近まで上昇した後、長期的に下落し続けていますが、価格下落の裏でも開発作業は順調に進められており、Cardanoブロックチェーンを活用したサービスや商品も順調に増えているため、Cardano・ADAの今後の成長や回復には依然として期待が高まっています。

>>「公開された週間開発レポート」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Pro「ドージコイン(DOGE)」取り扱いへ|発表受け価格高騰

Coinbase Pro「ドージコイン(DOGE)」取り扱いへ|発表受け価格高騰

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す