Coinbase:イーサリアムのL2ネットワーク「Base」を発表

by BITTIMES

暗号資産取引所Coinbase(コインベース)は2023年2月23日に、イーサリアム(Ethereum/ETH)のレイヤー2ネットワークである「Base」のテストネットを公開したことを発表しました。Coinbaseの公式発表では「今後数週間以内にはメインネットに向けたロードマップを公開し、Base上での構築を開始するための開発者向けリソースをより多く提供する」とも説明されています。

こちらから読む:テゾス財団、Google Cloudと提携「暗号資産」関連ニュース

イーサリアムのレイヤー2「Base」とは?

Coinbase(コインベース)は2023年2月23日に、イーサリアム(Ethereum/ETH)のレイヤー2ネットワークである「Base」のテストネットを公開したことを発表しました。

Base(ベース)は「誰でもどこでも分散型アプリケーション(DApps)をオンチェーンで構築できるようにするための、安全かつ低コストで開発者に優しい方法を提供するEthereumのレイヤー2ネットワーク」と説明されており、Baseの目標は「10億人以上のユーザーを暗号資産経済に取り込むこと」とされています。

Baseは「Coinbaseのオンチェーン製品のホーム」になるのと同時に「誰もが構築できるオープンなエコシステム」としても機能する予定であるとのことで、過去10年間に渡って暗号資産製品を構築してきた経験を活用をして、時間をかけて徐々にチェーンを分散化していくことを計画していると説明されています。

ただし、Baseで新しいネットワークトークンを発行する予定はないとのことで、ガス代の支払いには「ETH」が使用される予定だと報告されています。なお、Baseのテストネットは今月初め頃から実際に稼働していたとのことで、今後数週間以内にはメインネットに向けたロードマップを公開し、Base上での構築を開始するための開発者向けリソースをより多く提供するとも報告されています。

Baseの特徴

Coinbaseの公式発表では、Baseの特徴として以下のような点が挙げられています。

Ethereumによるセキュリティの確保

Baseは、分散型アプリケーションを支えるために必要なセキュリティとスケーラビリティを備えている。Coinbaseのベストプラクティスと共にEthereumの基盤となるセキュリティを活用することによって、Coinbase・Ethereum L1・その他の相互運用可能なチェーンからBaseに自信を持ってオンランプできるようになっている。

Coinbaseの支援による強化

Baseは、Coinbaseの製品・ユーザー・ツールにアクセスして分散型アプリケーションを簡単に構築できるように設計されている。シームレスなCoinbase製品の統合・簡単な法定通貨のオンランプ・強力な獲得ツールによって、開発者はCoinbaseエコシステム内で1億1,000万以上の認証済みユーザーと800億ドル以上の資産にアクセスして分散型アプリケーションを開発できる。

多機能で低コスト

Baseは完全なEVM等価性をわずかなコストで提供し、開発プラットフォームを推進することに取り組んでいる。アカウント抽象化のための簡単な開発者APIでdAppsにガスレストランザクションを設定し、使いやすいブリッジで安全にマルチチェーンアプリケーションを構築できる。

オープンソース

Baseは「Optimismの力を借りた標準・モジュラー・ロールアップに依存しないスーパーチェーンを作ること」をビジョンとして「分散型で、パーミッションレス、そして誰にでもオープンな存在となること」を目指している。CoinbaseはオープンソースのOP Stackのコアデベロッパーとして「Optimism」に参加し、他の開発者の盛んなコミュニティ作りに取り組んでいる。

開発者は、BaseのRPCテストネットエンドポイントを使用するか、NodeプロバイダーであるQuickNode、Infura、Blockdaemonから選択して、Base上で開発を開始することができる。

ブリッジであり、孤立した島ではない

Baseは、Ethereum L1・他のL2・Solanaなどといった他のL1エコシステムに簡単かつ安全にアクセスできるよう設計されており、Baseから始めたユーザーがどこへでも行けるように推奨している。つまり、Baseはユーザーをクリプト経済へと導く「ブリッジ」として捉えることができる。Baseは他のチェーン上の製品にアクセスできる、使いやすいデフォルトのオンチェーン体験を提供する。Baseは他のチェーンとの相互運用性を確保することに加えて、Coinbaseの製品全般で可能な限り多くのチェーンをサポートし続ける予定だ。

非中央集権

クリプト経済をオープンかつグローバルで誰でもアクセスできる状態に保つためには「分散化」が必要不可欠だ。現在はCoinbase内でBaseのインキュベーションを始めているが、将来的には今後数年間で「完全な非中央集権化」に向けて進んでいくことを強く約束する。CoinbaseがOP Stackにもたらすリソースの増加によって、2023年にはStage 0からStage 1、2024年にはStage 2のロールアップに進展していくと確信している。

>>「Coinbase」の公式発表はこちら
>>「Base」の詳細はこちら
>>「Base」の公式Twitterはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

仮想通貨の利益が20万円以下でも「確定申告・納税」が必要なケース【税金関連の知識】

仮想通貨の利益が20万円以下でも「確定申告・納税」が必要なケース【税金関連の知識】

仮想通貨ハードウェアウォレット「Trezor」ETH・ETC・ERC20トークンに標準対応

仮想通貨ハードウェアウォレット「Trezor」ETH・ETC・ERC20トークンに標準対応

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

米国郵政公社「ブロックチェーン投票システム」の特許申請

米国郵政公社「ブロックチェーン投票システム」の特許申請

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す