コインベースのBase発表で「Base Protocol」一時急騰|なりすましトークンにも要注意

by BITTIMES

暗号資産取引所Coinbase(コインベース)がイーサリアムのL2ネットワーク「Base」を発表したことを受けて、Base Protocol(BASE)と呼ばれるCoinbaseとは関係のない仮想通貨の価格が一時的に急騰していたことが明らかになりました。現在は、CoinbaseのBaseに便乗した「なりすましトークン」が複数発行されていることも報告されています。

こちらから読む:Coinbase、イーサリアムのL2ネットワーク「Base」を発表

BASE価格は1.40ドルから7ドルに急騰

Coinbase(コインベース)は2023年2月23日に、イーサリアム(Ethereum/ETH)のレイヤー2ネットワークである「Base」のテストネットを公開したことを発表していましたが、この発表を受けてCoinbaseとは関係のないBase Protocol(BASE)の価格が一時的に急騰していたことが明らかになりました。

Base Protocolの公式サイト情報によると、仮想通貨BASEは「全ての仮想通貨の時価総額に対して1:1兆の割合で価格が固定されるように設計された暗号資産」であり、仮想通貨全体の時価総額が1兆ドルの場合はBASE価格が1.00ドルに、仮想通貨全体の時価総額が2.5兆ドルの場合はBASE価格が2.50ドルになるよう設計されています。

現在の仮想通貨全体の時価総額は約1兆ドルとなっているため、コインベースからBaseの発表が行われた2023年2月23日時点のBASE価格は「1BASE=1.40ドル」となっていましたが、Base発表後にBASE価格は徐々に上昇、2023年2月24日には一時的に7ドル以上まで価格が上昇しています。

BASE価格は2023年2月24日に7ドルまで上昇(画像:CoinMarketCap)BASE価格は2023年2月24日に7ドルまで上昇(画像:CoinMarketCap

コインベースはBase発表時に「Baseで新しいネットワークトークンを発行する予定はなく、ガス代の支払いにはETHを使用する予定」と説明していましたが、Base Protocolのティッカーシンボルは「BASE」であるため、Base ProtocolのBASEをコインベースのものだと勘違いした投資家の動きによってBASE価格が急騰した可能性があると考えられます。

Baseのなりすましトークンに関する注意喚起も

CoinbaseがBaseを発表した後には「Baseを装うなりすましトークンが複数作成されていること」も報告されており、詐欺トークンの発見などに役立つツールを提供している「Token Sniffer」は2023年2月24日のツイートでCoinbaseがBaseを発表した後に4つのなりすましトークンが作成されていると注意喚起を行なっています。

Token Snifferの報告によると、これらのなりすましトークンはEthereumとFantomのブロックチェーン上で発行されているもので、どのトークンもティッカーシンボルは「BASE」を使用していると報告されています。

🚨CoinbaseがBaseのテストネットを立ち上げて以来、レイヤー2ネットワークを取り巻く誇大広告に乗じて4つのなりすましトークンが作られました。トークンの詳細はこちら。

仮想通貨業界では「話題になっているプロジェクトなどに便乗した偽トークン」などが定期的に作られる傾向があり、今後も同様の事例が起きる可能性も十分にあると考えられるため、投資を行う際には「偽トークンに騙されていないか」や「そのトークンは本当に公式のものであるのか」などをしっかりと確認することが重要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HEXA:NFT保有者限定コミュニティ機能「Scale-free」公開

HEXA:NFT保有者限定コミュニティ機能「Scale-free」公開

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ginco:業務用暗号資産ウォレットで「ERC20トークン12銘柄」を新規サポート

Ginco:業務用暗号資産ウォレットで「ERC20トークン12銘柄」を新規サポート

話題のSHIBフランチャイズ「Welly」店舗拡大計画|自動販売機も展開予定?

話題のSHIBフランチャイズ「Welly」店舗拡大計画|自動販売機も展開予定?

パブリックチェーンで「デジタル証券」発行へ|大和証券など4社が概念実証

パブリックチェーンで「デジタル証券」発行へ|大和証券など4社が概念実証

ビットコイン「時価総額ランキングTOP10」に復帰|バークシャー・ハサウェイ上回る

ビットコイン「時価総額ランキングTOP10」に復帰|バークシャー・ハサウェイ上回る

ビットトレード「仮想通貨5銘柄の新規上場」を発表|取扱銘柄は合計39種類に

ビットトレード「仮想通貨5銘柄の新規上場」を発表|取扱銘柄は合計39種類に

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

チャーリー・マンガー氏が死去|仮想通貨否定派としても知られる伝説の投資家

チャーリー・マンガー氏が死去|仮想通貨否定派としても知られる伝説の投資家

将来を背負うミームコイン:ミームネイターとベイビードージコインの価格予測

将来を背負うミームコイン:ミームネイターとベイビードージコインの価格予測

アスター(Astar/ASTR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

アスター(Astar/ASTR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Symbol(XYM)アプリ構築の解説本『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』11月18日に発売

Symbol(XYM)アプリ構築の解説本『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』11月18日に発売

Poloniexハッキング「犯人の身元情報」特定か|ジャスティン・サン氏が最終通告

Poloniexハッキング「犯人の身元情報」特定か|ジャスティン・サン氏が最終通告

ロバート・キヨサキ氏が語る「金持ち父さんの教え:その1」

ロバート・キヨサキ氏が語る「金持ち父さんの教え:その1」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す