Nippon Idol Token(NIDT)とは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所など

by BITTIMES   

ニッポンアイドルトークン(Nippon Idol Token/NIDT)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

Nippon Idol Token(NIDT)とは?

Nippon Idol Token(NIDT)の画像

ニッポンアイドルトークン(Nippon Idol Token/NIDT)とは、ブロックチェーン技術とメタバースを利用した活動領域の拡大をミッションとする新しい女性アイドルグループの創造を目的としたプロジェクト『IDOL3.0 PROJECT』のユーティリティトークンとして機能する日本発の暗号資産であり、株式会社オーバースによって発行・運営されています。

『IDOL3.0 PROJECT』は、IEOによる資金調達で得られた資金で新規アイドルグループを組成・育成し、従来型のアイドル活動を基本としながら「ブロックチェーン技術とメタバースによる活動領域の拡大」をコンセプトとすることによって、世界中のファンに対して夢・希望・喜び・共感を与えていくことを目的としたプロジェクトであり、NIDTのIEOには日本の暗号資産交換業者である「DMMビットコイン」と「コインブック」が協力しています。

仮想通貨NIDTはイーサリアムのブロックチェーン上で発行されるユーティリティ・トークンであり、利用者はNIDTを通じてアイドル活動の応援・支援を行うことが可能、コンサートやイベント等の従来型のアイドル活動や、メタバースやNFT(トレカ・ゲーム等)などの新たなアイドル活動においてNIDTエコシステムが形成されるよう設計されています。

NIDTの具体的なユーティリティとしては「アイドル活動運営の一部の意思決定に参加できる投票権・アバターやNFTなどのデジタルグッズ購入・物販等の購入・コンサートやイベント等のチケット購入・メンバーへの投げ銭」が挙げられており、「暗号資産取引所を通じたステーキング」に対応する方針なども説明されています。

IDOL3.0 PROJECTでは2023年10月7日に、女性アイドルグループ「WHITE SCORPION(ホワイト・スコーピオン)」が誕生しました。

暗号資産取引所コインブックの画像 NIDTを取扱うコインブックの新規登録はこちら

『IDOL3.0 PROJECT』の事業内容

Nippon Idol Token(NIDT)のIEOで調達された資金は、新規アイドルグループ創造プロジェクト『IDOL3.0 PROJECT』で女性アイドルグループの芸能活動の運営事業推進で使用されるため、IDOL3.0 PROJECTの事業内容を把握しておくことも重要です。

『IDOL3.0 PROJECT』では、女性アイドルグループの運営事業を推進するための事業スキームが構築されており、それぞれの事業内容は以下のようなものとなっています。

プロジェクト管理業務

IDOL3.0 PROJECTの管理業務は「株式会社オーバース」が担当。オーバースは当社は、対象女性アイドルグループのメンバーの募集・選考・選定を行い、歌唱やダンス等のレッスンによる育成に携わる。対象女性アイドルグループやそのグループメンバーは「オーバース」に所属してアイドル活動を行うこととなる。

タレントマネジメント業務・レーベル業務

タレントマネジメント業務・レーベル業務は、豊富な経験と実績を有する大手音楽関連制作会社に業務委託を行う。また、業務推進アドバイザーと強力な関係を維持しながら、タレントマネジメント業務・レーベル業務を進めていく。

業務推進アドバイザー

業務推進アドバイザーに関しては、女性アイドルグループの運営に関する豊富な実績を有する企画制作会社と提携。この企画制作会社は対象事業の業務推進に関する全般的なアドバイザーとしての役割を担う。

メタバース開発

メタバース(仮想空間)に関連した開発に関しては、メタバースの開発について実績を有するシステム開発会社に開発業務を委託する。

IDOL3.0 PROJECTにおけるメタバース・Web3関連の事業構築では「gumi」や「東京通信グループ」と共同で取り組みを実施していくことを計画。オーバース・gumi・東京通信グループの3社は、オーバースが組成するアイドルグループをファンが推すためのプラットフォーム「NIDTポータル(仮称)」上で展開されるメタバースやNFTなどを共同で探求していく。

総合プロデューサー

新規女性アイドルグループの基本コンセプト・活動方針の構想を行う総合プロデューサーには、日本を代表する作詞家・作家でありながら「おニャン子クラブ」や「AKB48」などアイドル業界で数多くの実績と豊富な経験を持つ秋元康氏が就任。秋元康氏による総合プロデュースのもとで、新規アイドルグループの具体的な活動に関する企画・運営を行なっていく。

暗号資産取引所DMMビットコインの画像 NIDTを取扱う暗号資産取引所DMMビットコインはこちら

Nippon Idol Token(NIDT)の特徴・機能

(画像:オーバース)(画像:オーバース)

ニッポンアイドルトークン(Nippon Idol Token/NIDT)や「IDOL3.0 PROJECT」の特徴・機能としては以下のような点が挙げられます。

メタバースでのイベントやファン交流

IDOL3.0 PROJECTでは、新型コロナウイルスの影響などでアイドルとの交流機会が減少したことを考慮して、従来の物理的な活動場所に加えて、メタバース(仮想空間)でのイベントやファン交流など「インターネット技術を活用した新しい活動」も実施される予定です。

メタバース上での取り組みとしては「仮想コンサート会場・仮想スタジオ・仮想店舗」などにおけるアイドル活動が展開される予定です。これによって「感染拡大のリスク低減・ファンが実際に移動する負担軽減」などに繋がり、日本全国や世界中のファンに対して活動内容を発信することができると期待されています。

メタバース内では従来では不可能であった「ファンと女性アイドルグループとの交流」も可能で、具体的には「主要なメタバースで展開されているアバターを用いたサービス」に加えて「実在する女性アイドルグループメンバーとの交流イベント」などが展開されることになっています。なお、アバターやNFTなどデジタルグッズの購入や、チケット購入・投げ銭などではNIDTが使用されます。

【メタバース展開の例】

  • コンサート会場・グッズ販売所・イベント会場など、従来のアイドル活動を踏襲した空間の設置
  • 現実世界では実現困難な女性アイドルグループとの交流スペースの創造
  • 既存の街並みや建造物を模倣しかつ発展させたデジタルツインの実現
  • 一般的な女性アイドルグループの公式ホームページと同等以上の情報発信
  • 世界中のファンの獲得や支持を前提とした多言語展開
  • 世界中のファン同士が交流できるコミュニティ空間の運営

国内女性アイドルグループの海外進出

IDOL3.0 PROJECTは、海外進出を目指す女性アイドルグループの持続可能な活動を実現するための取り組みを実施します。アイドルグループの楽曲自体は大部分が「日本語」で制作・歌唱されるものの、活動拠点となる「メタバース・Webサイト・SNS」などのコミュニケーションツールは多言語展開される予定です。

メタバース展開では「全世界のファンや女性アイドルが参加するコミュニティ空間」が構築され、ファン同士の情報交換をはじめとした様々なコミュニケーションの場が提供される予定で、「AIを活用した世界中のファン同士のコミュニケーションのサポート」なども検討されています。

楽曲や映像の販売では「CD・DVD」などのパッケージソフトが今も使用されていますが、IDOL3.0 PROJECTでは「従来のパッケージソフト展開」に加えて「海外展開を考慮した音楽配信」に関する取り組みも積極的に行われる予定です。

アイドルグループメンバーに対するNIDT付与

一般的な女性アイドルグループのメンバーは10代から20代にかけての学業や人格形成の重要な時期をアイドル活動に充てており、グループ卒業後に芸能活動を継続するケースも見られますが、芸能活動を継続した場合には「グループ所属時よりも活動頻度が減少する」という場合も多く、実社会で即時に就業することは容易ではないため、アイドル本人にとっては"卒業後の生活に対する不安"がつきまとう形となっていました。

IDOL3.0 PROJECTでは、女性アイドルグループメンバーの卒業後の生計に対する不安を和らげるために「グループにおける活動実績に基づいてNIDTをメンバーに割り当て、卒業時に当該メンバーに付与すること」が計画されています。

このような仕組みを導入することによって、女性アイドルグループのメンバーは不安なくアイドル活動に専念でき、活動の質の維持につながると期待されています。

ファン目線を重視したアイドル活動の展開

従来のアイドル活動に関するプロジェクトは、そのほとんどが大手芸能事務所・放送局・広告代理店などといった"資金提供者"などに依拠しており、資金提供者の意向が色濃く反映されていたため、当該プロジェクトは資金提供者などの営業方針や収益状況などの影響を大きく受けざるを得ない状態となっていました。

これによって、アイドル業界における既得権益が優先される一方で、新しい技術や生活様式への対応が劣後され、ファンが望むアイドル活動のプロデュースに支障を来しており、その結果様々な課題が存在していましたが、IDOL3.0 PROJECTはIEOを通じて一般からの資金調達を図ることでそのような問題を回避しています。

NIDTの発行・販売で利用者から資金調達を行うことによって、従来の資金提供者などによる影響を遮断でき、自由かつ創造的なファン目線を重視したアイドル活動の展開が可能になると期待されています。

アイドルメンバーサポートの内容

IDOL3.0 PROJECTで提供される「メンバーサポート」の内容としては以下のようなものが挙げられています。

住居等の確保
希望するメンバーには寮を用意。寮では専任の女性管理人を常駐させて食事の無償提供を行う(※グループ活動外は自費)。また、近隣の警察署と連携し、メンバーの安全確保に努めていく。

健康管理
アイドル活動を継続するうえで「メンバーの健康管理」は欠かせないため、『IDOL3.0 PROJECT』では医療サービス提供会社と提携して定期健康診断・予防接種などメンバーの健康管理に取り組んでいく。

美容管理
スキンケアや歯の管理は大きな関心事であるとともに、アイドル活動にとっても重要な要素であるため、それぞれの分野で定評のある美容施設や審美歯科と提携して、メンバーの美容管理をサポートする。

語学レッスン
海外に向けたアイドル活動を行うためには「外国語でのコミュニケーション」が必須となるため、希望するメンバーには「語学習得のレッスン」を提供する。第1外国語としては「英語」を習得してもらい、第2外国語として「中国語・韓国語」などの習得もサポートする。

学業サポート
アイドル活動と学業の両立ができるように教育関連会社と提携し、希望する中高生のメンバーに対して家庭教師や塾講師(オンライン授業を含む)を無償提供する。

退職金の支給
一定期間以上活動したメンバーがグループを卒業する際には、オーバースが発行する暗号資産「NIDT」を退職金として支給。これにより、グループ卒業後の経済的な不安を和らげるとともに、安心してアイドル活動に専念できる環境を用意する。

卒業後の進路サポート
グループの卒業にあたって、継続した芸能活動を希望する場合や一般企業へ就職を希望する場合には、協力関係にある企業の紹介または一般企業への就職斡旋など、可能な限り卒業後の進路をサポートする。

投票機能などを備えた「NIDTポータル」公開

NIDT-Portal

IDOL3.0 PROJECTは2023年8月21日に、アイドル運営に関する投票機能などを備えたポータルサイト「NIDTポータル」を公開しました。

NIDTポータルは、アイドルへの推し活記録・推し活の評価に基づく権利付与・NIDT保有量管理・アイドル運営に関する投票機能などを備えたポータルサイトです。

このポータルサイトは、仮想通貨NIDTを保有していない方でも利用することが可能で、公式サイトからメールアドレスなどの簡単な情報登録を行うだけでサービスを利用することができます。

NIDTポータルは、"NIDTを保有していないと体験できない"ではなく『NIDTを保有していればより多くの体験が得られる』という設計になっているため、NIDTを保有していなくても「投票・Web3体験・ファンランク体験」といった複数の機能を体験することができます。

最終投票の候補者29名が決定

IDOL30-PROJECT-FinalStage

2023年9月13日まで実施された一般投票ホワイトナイトシステム2ndによって、最終投票に進出する29名の候補者が決定しました。

NIDTポータルでは「最終投票ページ」も公開されており、2023年9月24日には「29名のお披露目イベント」も開催、2023年10月7日には「最終合格者を発表するイベント」も開催される予定となっています。

「WHITE SCORPION(ホワイト・スコーピオン)誕生

IDOL3.0 PROJECTでは2023年10月7日に、女性アイドルグループ「WHITE SCORPION(ホワイト・スコーピオン)」が誕生しました。

WHITE SCORPION(ホワイト・スコーピオン)は「IDOL3.0 PROJECT」の最終合格者11名で構成された女性アイドルグループであり、現在はファンクラブも公開されています。

>>WHITE SCORPIONの公式サイトはこちら

WHITE SCORPIONの画像

Nippon Idol Token(NIDT)の基本情報

基盤ブロックチェーンEthereum(ERC20)
トークン名称Nippon Idol Token
ティッカーシンボルNIDT
総発行数量1,000,000,000 NIDT(10億NIDT)
IEO販売数量300,000,000 NIDT(3億NIDT)
IEO時の販売価格5円 / NIDT
発行・運営組織株式会社オーバース

Nippon Idol Token(NIDT)の価格・チャート

後日追記予定

NIDTを取扱う暗号資産取引所

ニッポンアイドルトークン(Nippon Idol Token/NIDT)の取引が可能な暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます。

【日本国内の暗号資産取引所】
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
coinbook(コインブック)

【海外の暗号資産取引所】
なし

Nippon Idol Token(NIDT)対応のウォレット

ニッポンアイドルトークン(Nippon Idol Token/NIDT)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
MetaMask(メタマスク)

Nippon Idol Token(NIDT)関連リンク

Nippon Idol Token公式サイト
Nippon Idol Token公式Twitter
Nippon Idol Token公式Discord
ホワイトペーパー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国版FTX:株式取引が可能な新サービス「FTX US Stocks」提供へ

米国版FTX:株式取引が可能な新サービス「FTX US Stocks」提供へ

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディープコイン(DEP)暗号資産取引所「XT.com」に上場|シンガポールに初上陸

ディープコイン(DEP)暗号資産取引所「XT.com」に上場|シンガポールに初上陸

NASDAQ「仮想通貨保管サービス」第2四半期末までに提供へ|BTC・ETHから

NASDAQ「仮想通貨保管サービス」第2四半期末までに提供へ|BTC・ETHから

マルチチェーン対応タワーディフェンスゲーム「Wrath of the Jungle:Tower Defense」公開

マルチチェーン対応タワーディフェンスゲーム「Wrath of the Jungle:Tower Defense」公開

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

最終的には「主要銀行などもビットコインに投資する」と予想:伝説の投資家Bill Miller

注目度の高い仮想通貨ニュース

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す