金融庁「MEXC・Bitget・Bybit・Bitforex」など暗号資産取引所4社に警告

by BITTIMES

日本の金融庁は2023年3月31日に、海外の暗号資産取引所である「Bitget・Bybit・MEXC・Bitforex」の4社に対して警告を行ったことを発表しました。記事執筆時点では、各取引所から今後の対応などについての発表は行われていないものの、日本語対応の終了・日本居住者の利用制限・日本居住者の新規登録停止などの対応が取られる可能性もあると考えられるため、今後の対応や発表などには注目が集まっています。

こちらから読む:仮想通貨関連の記事を新着順で確認「暗号資産」関連ニュース

「日本居住者向けにサービスを提供していた」と指摘

日本金融庁は2023年3月31日に、海外の暗号資産取引所である「Bitget・MEXC・Bybit・Bitforex」の4社に対して警告を行ったことを発表しました。

今回警告を受けたのは、これらの暗号資産取引所を運営している以下の4社で、「Bitget・MEXC・Bybitの3社はシンガポール、Bitforexはセーシェル共和国を所在地としてるが、インターネットを通じて日本居住者を対象とした暗号資産交換業を行っていた」と指摘されています。
Bitget Limited
MEXC Global
Bybit Fintech Limited
・Bitforex Limited

「Bitget・MEXC・Bybit・Bitforex」の4社は仮想通貨取引所の中でも特に取引量が多い世界的な大手暗号資産取引所として知られており、取り扱う仮想通貨の種類も豊富で「コピートレード」などといった様々なサービスが提供されているため、日本国外に住む日本人にも広く利用されています。

警告を受けた暗号資産取引所の今後対応は?

記事執筆時点では「Bitget・MEXC・Bybit・Bitforex」から今後の対応などについての発表は行われていないため、今回の警告を受けて各取引所がどのような対応を行うかは現時点で不明であるものの、過去の事例から予測すると「日本語対応の終了・日本居住者の利用制限・日本居住者の新規登録停止」などの対応が取られる可能性もあると予想されます。

世界的な大手暗号資産取引所であるBINANCE(バイナンス)も「暗号資産交換業者としての登録を行わずに日本居住者向けにサービスを提供している」として2018年と2021年に合計2回の警告を受けていましたが、2022年11月に日本の暗号資産交換業者「サクラエクスチェンジビットコイン」を買収して本格的な日本市場参入を発表したタイミングで「日本語対応の終了・日本居住者の新規登録停止」などの対応が取られていました。

BINANCEは現在、日本語でサービスを利用することができない状態となっており、日本のIPでBINANCEに新規登録しようとした場合には『あなたの地域に住むユーザーにサービスを提供することはできない』といった内容の説明書きが表示される仕様となっています。

「Bitget・MEXC・Bybit・Bitforex」がどのような対応を行うかは不明であるものの、BINANCEと同様に日本居住者がブロックされる可能性もあると考えられるため、今後の公式発表などには注目が集まっています。

>>「金融庁の公式発表ページ」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

SBI VCトレード:Flareトークン最低入庫数量を「30,000FLR」に引き下げ

SBI VCトレード:Flareトークン最低入庫数量を「30,000FLR」に引き下げ

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

ビットコイン価格:一時的に「3万ドル」まで急落|仮想通貨全体で10〜50%の大幅下落

ビットコイン価格:一時的に「3万ドル」まで急落|仮想通貨全体で10〜50%の大幅下落

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

注目度の高い仮想通貨ニュース

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

シバイヌ(SHIB)暗号化企業「Zama」と提携|プライバシー・セキュリティを強化

シバイヌ(SHIB)暗号化企業「Zama」と提携|プライバシー・セキュリティを強化

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

ドージコインは「1,000円」を超える?著名アナリストのDOGE価格予想

ドージコインは「1,000円」を超える?著名アナリストのDOGE価格予想

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌ(SHIB)の報酬トークン「TREAT」の公式Xアカウントが登場

シバイヌ(SHIB)の報酬トークン「TREAT」の公式Xアカウントが登場

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す