Trust Wallet「ブラウザ拡張機能に関する脆弱性」必要な対応・対策は?

by BITTIMES   

仮想通貨ウォレットのTrust Wallet(トラストウォレット)は2023年4月22日に、ブラウザ拡張機能版トラストウォレットの一部アドレスに影響する深刻な脆弱性が見つかったことを発表しました。

この問題は既に修正されていますが、2022年11月14日〜23日までの間に「ブラウザ拡張機能版のトラストウォレット」で作成された新しいウォレットアドレスは、この脆弱性の影響を受けるとされているため注意が必要です。

Trust Walletのブラウザ拡張機能ユーザーは要注意

Trust Wallet(トラストウォレット)は2023年4月22日に、ブラウザ拡張機能版トラストウォレットの一部ウォレットアドレスに影響する脆弱性が見つかったことを発表しました。

なお、この脆弱性はオープンソースプロジェクト「Wallet Core」のWebAssembly(Wasm)実装に関連したもので、ブラウザ拡張機能自体に起因するものではなかったとも説明されています。

今回の脆弱性の影響を受けるのは「2022年11月14日〜23日までの間に"ブラウザ拡張機能版のトラストウォレット"で作成された新しいウォレットアドレス」で、発表時点では既に2件の資産流出を確認、合計17万ドル(約2,278万円)の被害が出ているとも報告されています。

トラストウォレットは今回の脆弱性の影響で資産を盗まれたユーザーに対して「全額補償」の対応をとっていますが、対象ユーザーには「対象となるウォレットから早急に資金を移動させること」が推奨されています。

脆弱性被害の対象となるウォレットは?

今回の脆弱性被害の対象となるウォレットは「2022年11月14日〜23日までの間に"ブラウザ拡張機能版のトラストウォレット"で作成された新しいウォレットアドレス」となります。

逆に脆弱性の被害を受けないウォレットの例としては以下のようなものが挙げられています。

  • Trust Walletのモバイルアプリのみ使用している場合
  • 他で作成したアドレスをブラウザ拡張機能にインポートしただけの場合
  • 2023年11月14日以前または2022年11月23日以降にTrust Walletのブラウザ拡張機能でウォレットを作成した場合

Trust Walletのモバイルアプリとブラウザ拡張機能の"最新バージョン"は引き続き安全に使用できますが、脆弱性の影響を受けているアドレスのTrust Walletブラウザ拡張機能には"警告通知"が表示されるとのことです。

対象ユーザーが取るべき行動・対策は?

警告通知が表示されないウォレットアドレスは今回の脆弱性の影響を受けていないため安全に使用できるものの、通知が表示された場合は「新しいウォレットアドレスを作成して、対象ウォレットから早急に資金を移動させ、脆弱なアドレスの使用を停止する」という対応を取る必要があります。

新しいウォレットを作成する場合には、ブラウザ拡張機能で作成したウォレットアドレスを復元するのではなく、ウォレットアドレスを"新規作成"して新しい復元フレーズ・秘密鍵を記録し直す必要があります。

「2022年11月14日〜23日までの間に"ブラウザ拡張機能版のトラストウォレット"で作成された新しいウォレットアドレス」は、既に秘密鍵などの重要情報が漏洩している可能性があり、後日資産が盗まれる可能性もあるため、新しいウォレットを作成したら脆弱性のあるウォレットアドレスから早急に資金を移動させましょう。

暗号資産を盗まれた場合の対応・払い戻し請求について

Trust Walletは今回の脆弱性の影響で資産を盗まれたユーザーに対して「全額補償」の対応を実施しています。脆弱性の影響を受けたアドレスで管理されている暗号資産の合計は発表時点で約88,000ドル(約1,180万円)です。

2022年12月下旬と2023年3月下旬に異常な資金移動が確認された場合は、今回の脆弱性の影響で資産盗難の被害に遭っている可能性があります。

脆弱性の影響で実際に資産を盗まれた可能性がある場合は「こちらの請求フォーム」から必要事項を提出することによって、払い戻し請求を行うことが可能です。

ただし、償還期間は60日間で、日本時間2023年6月22日17:00以降は請求フォームが利用できなくなるため、早めに請求を行う必要があります。

請求が確認された後はできるだけ早く払い戻しプロセスが開始される予定ですが、状況によっては14日以上かかる場合もあると説明されています。2023年4月22日時点で処理された被害者の請求数は8件とされています。

「原因不明の資産流出」との関係性は?

仮想通貨業界では、2022年12月以降から複数のチェーンにまたがる大量の暗号資産が流出している"原因不明の資産流出"が注目を集めていますが、今回トラストウォレットで報告された脆弱性はこの原因不明の資産流出とは全く関係がないと説明されています。

Trust Walletは今回の脆弱性の影響を受けたウォレットアドレスを把握していますが、「Trust Walletが確認した脆弱性の影響を受けたアドレス」と「原因不明の資産流出で報告されているウォレットアドレス」は一致しなかったとのことです。

Trust Wallet公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

米国初の「ビットコイン現物先物」提供開始:LedgerX

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

メタバース世界を体験できる「The Sandbox Alpha」公開へ:ザ・サンドボックス

メタバース世界を体験できる「The Sandbox Alpha」公開へ:ザ・サンドボックス

コインベスト:販売所サービスで「ダイ(DAI)」取扱い開始

コインベスト:販売所サービスで「ダイ(DAI)」取扱い開始

Amazonで「仮想通貨購入したい」商品アンケートで「12.7%」が回答

Amazonで「仮想通貨購入したい」商品アンケートで「12.7%」が回答

ビットコイン価格上昇を予測した著名トレーダー「ショートポジション」に移行

ビットコイン価格上昇を予測した著名トレーダー「ショートポジション」に移行

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す