米Stripe:法定通貨→仮想通貨の交換をサポート「オンランプサービス」提供開始

by BITTIMES

仮想通貨オンランプサービスを提供

米国のオンライン決済サービス大手「Stripe」は2023年5月5日に、法定通貨を仮想通貨に交換するのをサポートする「オンランプサービス」の提供を開始することを発表しました。

オンランプとは法定通貨を仮想通貨に交換するプロセスのことを指します。一方、仮想通貨を法定通貨に交換するプロセスは「オフランプ」と呼ばれ、仮想通貨と法定通貨の相互交換が可能なサービスは「オン/オフランプ」とも呼ばれます。

仮想通貨やNFTなどを活用したWeb3関連サービスを提供する際には"初心者でも簡単に仮想通貨を購入できる仕組みの導入"も重要となりますが、今回のオンランプサービスによって、Web3企業は米国居住者の仮想通貨購入をより簡単にサポートできるようになると報告されています。

仮想通貨を簡単購入できる2つのオプションを提供

Stripe(ストライプ)が提供するオンランプサービスでは「埋め込み型オンランプ」と「Stripeホスト型オンランプ」という2種類のオプションが提供されます。

「埋め込み型オンランプ」を利用する場合は、自分のウェブサイトやアプリに"仮想通貨購入ウィジェット"を直接埋め込むことによって、サービス利用者に仮想通貨購入方法を提供することができます。

「Stripeホスト型オンランプ」は、Stripeがホストする「crypto.link.com」をいうサービスを経由して仮想通貨を購入する方法で、利用者はクレジットカード情報などを打ち込むことによって簡単に仮想通貨を購入できるようになっています。

Stripeはこれらのオプションについて「埋め込み型オンランプはブランディングや顧客体験を完全にカスタマイズしたいWeb3企業に役立ち、Stripeホスト型オプションはユーザーがより簡単に始められる方法を提供する」と説明しています。

なお、同サービスには本人確認手続き(KYC)やコンプライアンス要件への対応をサポートするために「不正行為防止ツール」や「本人確認機能」が内蔵されているとも説明されています。

Stripeのクリプト担当技術責任者であるGuillaume Poncin氏は、仮想通貨オンランプサービスについて次のように述べています。

Web3企業はコンバージョンや認証の最適化・本人確認・詐欺防止などといった非常に重要でありながらも厄介な部分を「Stripe」にアウトソースすることができます。

これによって企業は自社のビジネスに集中することができるようになり、顧客はWeb3サービスを迅速かつ安全に利用できるようになります。

オンランプ機能は複数のサービスで導入予定

Stripeが提供するオンランプサービスは複数のWeb3関連サービスで導入が予定されているとのことで、具体的には以下のようなサービスで利用される予定だと報告されています。

Brave(ブレイブ)
Braveは、プライバシー重視のWebブラウザ。今後はStripeのオンランプを使用して、Brave Walletで直接仮想通貨を購入できるようになる予定。

・Safe(セーフ)
Safeは、イーサリアムとEVM上でデジタル資産を管理できるプラットフォーム。開発者はSafe{Core}SDKから直接、分散型アプリケーションにStripeのオンランプを埋め込むことができるようになる。

・1inch(ワンインチ)
1inchは、分散型取引所(DEX)のデータを集約して最適なレートを提供するDEXアグリゲーター。1inchはStripeのオンランプを統合して、ユーザーが簡単かつ迅速にウォレットに資金を追加できるようにする予定。

・Lens Protocol(レンズ・プロトコル)
Lens Protocolは、クリエイターがコンテンツを収益化できるよう支援する分散型ソーシャルプロトコル。Lensは、LensFrens上でStripeのオンランプを使用して、ユーザーがシームレスにコンテンツを収集し、Lensエコシステム内でお気に入りのWeb3クリエイターをサポートできるようにする。

Stripe公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

ビットコインの歴史上で過去最高額「4億6,800万円相当の取引手数料」支払い

ビットコインの歴史上で過去最高額「4億6,800万円相当の取引手数料」支払い

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル社:米ドル連動ステーブルコイン「Ripple USD(RLUSD)」今年後半ローンチへ

リップル社:米ドル連動ステーブルコイン「Ripple USD(RLUSD)」今年後半ローンチへ

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

Rebel Satoshi(RECQ)のプレセールがミームコインコミュニティから新たな投資家を惹きつけ、FLOKIとPEPEが強い値動きを示す

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

価格上昇のサイン?取引所のBTC・ETH残高が「過去数年の最低水準」まで減少

価格上昇のサイン?取引所のBTC・ETH残高が「過去数年の最低水準」まで減少

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

SBI VCトレード「APT・HBARのステーキング手数料無料キャンペーン」開催へ

SBI VCトレード「APT・HBARのステーキング手数料無料キャンペーン」開催へ

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す