HEXAメタバース:複数の機能を追加した「メタバースβ版 2.0」リリース

by BITTIMES   

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

HEXAメタバースβの大幅アップデートを実施

NFTマーケットプレイスなどを展開している「HEXA(ヘキサ)」2023年6月1日に、大幅アップデートで複数の機能を追加した「HEXAメタバースβ2.0」をリリースしたことを発表しました。

HEXAメタバースは、今年3月にリリースされたHEXA独自の仮想空間であり、アバターNFT・メッセージ・HEXA LANDなどといった複数の機能が搭載されています。

今回リリースされた「HEXAメタバースβ2.0」は、このHEXAメタバースに複数のアップデートを加えたもので、アバターNFTに加えて「エリアNFTの発行」や「クリエイターランドの建設」も可能になったと報告されています。

今回実施された「HEXAメタバースβ」のアップデート内容としては以下のようなものが挙げられています。

HEXAメタバースβのアップデート内容

  • HEXA LANDのエリアを全て開放。HEXA LAND NFT保有者は、HEXA LANDの区画を自由に使用することが可能に
  • HEXA LANDに「エリアNFTの設置・外部リンクの設置機能」などを搭載(エリアNFTは発行申請画面から発行可能)
  • HEXA LANDで販売済の発行NFTを設置することが可能に。クリエイターランドなどを作成し、販売済みのNFTの価値向上に役立てることができる
  • HEXAメタバース全体でエリアNFT・通常の3D NFTに当たり判定(衝突判定)をつけることが可能に
  • 住民日記機能を搭載。HEXAメタバース上で簡単に写真を撮影して日記を投稿することが可能に

HEXA LANDとHEXA住民票ルームの違い

【HEXA LANDだけでできること】

  • クリエイターズNFTの設置(販売後も設置可能)
  • 外部リンクの設置(住民票ルームへの設置も可能)
  • エリアNFTの設定
  • 隣接LANDとのシームレスな接続
  • 開始位置の設置
  • 今後もさらなる機能を追加予定

【HEXA LANDと住民票ルームの両方でできること】

  • 保有NFT、売れていない発行NFTの設置
  • 設置NFTに当たり判定をつける
  • メッセージの書き込み
  • 住民日記の投稿

【住民票ルームでできて、HEXA LANDでできないこと】

  • 重いファイルや重いポリゴン数のオブジェクトの設置(スマホでもスムーズに利用できるようにするため)

B2C型ではない「C2C型のメタバース」

(画像:メディアエクイティ株式会社)(画像:メディアエクイティ株式会社)

HEXAを運営しているメディアエクイティの公式発表では、「ゲームなどで使用される武器やアバターなどのアイテムは、サービス運営側がコンテンツを作ってユーザーに販売をする"B2C"の形式が一般だが、HEXAメタバースはB2C型ではない"C2C型のメタバース"になっている」と説明されています。

HEXAメタバースで使える「アバターNFT・エリアNFT・その他のNFT」は、参加するユーザー自身で作って販売することが可能で、それらのNFTは転売することも可能となっています。

さらに、HEXAメタバース・HEXA NFTマーケットプレイスはウェブ上で提供されるプラットフォームとなっているため、アプリ版で手数料が差し引かれるようなことはなく、HEXAプラットフォームの手数料だけが差し引かれた金額を収益として受け取ることが可能となっています。

HEXAのユーザーは以下のような種類のデータを販売することが可能で、公式発表では「HEXAには1ヶ月間で100万円以上のNFT販売を行っているユーザーが多数存在していて、NFTのトレードだけで稼いでいるユーザーもいる」とも報告されています。

【HEXAプラットフォームでユーザーが販売できるデータの種類】

  • 画像データ:PNG,JPG,JPEG,GIF,BMP
  • 音楽データ:MP3
  • 動画データ:MP4(H.264/AVC)
  • 3Dデータ:GLB
  • 情報・記事データ:リッチエディタ(HTML)
  • アバターNFT:GLB
  • エリアNFT:GLB
  • ツイート:ツイート

HEXAの画像Twitterアカウントで簡単登録「HEXA」はこちら

HEXA発表メディアエクイティ発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

イーサリアム関連通貨のウォレットアプリ「COINCOME Wallet」公開:Makers Farm

イーサリアム関連通貨のウォレットアプリ「COINCOME Wallet」公開:Makers Farm

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

DMMビットコイン:Nippon Idol Token(NIDT)のIEOスケジュールを発表

DMMビットコイン:Nippon Idol Token(NIDT)のIEOスケジュールを発表

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

Venmo:PayPalの米ドルステーブルコイン「PYUSD」をサポート

Venmo:PayPalの米ドルステーブルコイン「PYUSD」をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す