Shiba Inu関連サービスがより安全・便利に?「全アプリケーションへのSSI統合」を計画

by BITTIMES   

SHIBユーザーと政府の信頼を強化

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)チームは2023年8月3日に、個人が自分自身で自らのIDを管理できる「自己主権型アイデンティティ(Self-Sovereign Identity/SSI)」を全てのシバイヌ関連アプリケーションに統合する計画を明らかにしました。

この計画はシバイヌの主任開発者であるShytoshi Kusama氏が「CoinDesk」との対談の中で語ったもので、『全てのアプリケーションをブロックチェーン基盤のデジタルIDに結びつけることによって、SHIBユーザーと政府の信頼を強化する』と説明されています。

🔓デジタル新時代の幕開け、Shibariumは信頼を回復・強化します!🚀

Shytoshi Kusama氏が「CoinDesk」との対談で、全てのシバイヌプロジェクトに自己主権型アイデンティティ(SSI)を統合する計画を発表🔥

自己主権型アイデンティティ(SSI)とは

自己主権型アイデンティティ(SSI)とは、GoogleやAmazonなどといった特定の管理主体に依存することなく、自分自身で自分のID情報を管理できる仕組みのことを指します。

これは「パスポートや運転免許証のような身分証明書・ID情報文書のデジタル版」として機能するもので、ID情報をデジタル化して管理方法を工夫することによって、より効率的で安全なID利用環境を構築しています。

管理主体が存在する従来のID管理方法では「ID管理を管理主体に委ねる必要があり、ユーザーはサービス毎に異なる膨大な数のID管理が必要で、管理主体のサービス停止でIDが使えなくなる可能性がある」といった問題点がありました。

しかし、SSIを利用する場合には「ユーザー自身が自らのIDを管理することが可能で、1つのIDで複数のサービスにアクセスすることができる」というメリットがもたらされます。

Shiba InuエコシステムにおけるSSI活用の利点

CoinDeskの報告によると、シバイヌ開発チームは「SHIBを活用しているプロジェクト」や「Shibarium上での構築を計画しているプロジェクト」など様々なコミュニティプロジェクトと協力していると報告されています。

Shibariumは、高速かつ低コストな取引環境を実現するレイヤー2ネットワークであり、メタバース分散型取引所ゲームなどいった様々なサービスを構築するための重要な基盤になると期待されています。

今後は「Shiba Inu」や「Shibarium」で色々なサービスが展開されていくことになると予想されますが、SSIがそれら全てのプロジェクトで採用されれば、各種サービスへのアクセスが安全かつ簡単になり、複数のID情報を管理する手間も削減されると期待されます。

また、ウォレットなどを介して1つのIDで各種サービスにアクセスできるようになれば、サービス連携したコンテンツ展開も容易になると期待されるため、エコシステム全体の相互運用性が高まり、ユーザーにとって魅力的なゲームやコンテンツなどが増加する可能性があるとも期待されます。

Shiba Inuが採用を計画しているSSIの詳細については明らかにされていないものの、近日中には「Shibarium」もリリースされる予定で、最近では「Shibarium Bridge」のベータ版も公開、大口保有者がSHIBを蓄積していることなども報告されているため、今後の発表や値動きなどには注目が集まっています。

>>シバイヌ関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ハワイ:暗号資産関連企業「12社」の運営を許可|規制サンドボックス制度を適用

ハワイ:暗号資産関連企業「12社」の運営を許可|規制サンドボックス制度を適用

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

日本向けソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

日本向けソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」公開

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す