2024年の仮想通貨市場はどうなる?Bitwiseが「10の暗号資産予測」を発表

by BITTIMES   

2024年に仮想通貨市場で起きる10のこと

米国の暗号資産管理会社である「Bitwise」は2023年12月13日に、2024年に仮想通貨市場で起きる10のことを予測する内容を記した『The Year Ahead: 10 Crypto Predictions for 2024』というレポートを公開しました。

Bitwiseは記事の冒頭で「これは現在の情報に基づいた最善の予測だが、これらの予測が実現するかどうかは多くの複雑な要因に依存する」と説明した上で、BTCETHETFNFTステーブルコイン仮想通貨などに関する様々な予想を語っています。

今回語られた予想の内容は以下の通りで「10の予測」に「ボーナス予測」を加えた合計11の予測が語られています。

  1. ビットコインは8万ドルを超えて史上最高値を更新する
  2. 現物ビットコインETFが承認され、歴史上最も成功したETFのローンチとなる
  3. Coinbaseの収益は2倍になり、ウォール街の予想を少なくとも10倍上回る
  4. ステーブルコインの取引量がVISAを超える
  5. ウォール街が現実資産のトークン化に向けて準備を整える中、JPモルガンがファンドをトークン化してオンチェーン上でローンチする
  6. ユーザーが仮想通貨アプリケーションに殺到することによって、イーサリアムネットワーク上でユーザーによって支払われる手数料が2倍以上の50億ドルに達する
  7. テイラー・スウィフトが新しい方法でファンとつながるためにNFTを発行する
  8. AIアシスタントがオンライン決済で仮想通貨を使用し始め、仮想通貨が「インターネットのネイティブ通貨」として認められる
  9. 仮想通貨の新たな「キラーアプリ」として登場する予測市場に1億ドル以上が投じられる
  10. イーサリアムブロックチェーンの大幅アップグレードによって、平均取引コストは0.01ドル未満になり、幅広く利用されるきっかけになる
  11. 2024年末までには、財務アドバイザーの4人に1人が顧客口座で仮想通貨に投資するようになる

BTC価格は8万ドルを超える

ビットコイン価格が8万ドル(約1,134万円)を超えると予想する理由としては「現物ビットコインETFの承認」と「2024年4月頃に予定される半減期」が挙げられており、これによって個人投資家や機関投資家の資金が流入する一方で、BTCの供給量が半分になると指摘されています。

現物ビットコインETFの承認

現物ビットコインETFについては、ブルームバーグのアナリストが「現物ビットコインETFが2024年初頭に承認される可能性は90%」と述べていることが挙げられており、自社調査の結果に基づいて「現物ビットコインETFは5年以内に720億ドル(約10兆円)を獲得する可能性がある」とも説明されています。

ステーブルコインの成長

ステーブルコインについては「ステーブルコインは仮想通貨のキラーアプリの1つで、その市場は過去4年間で0ドルから1,370億ドルにまで成長している」と説明されています。

同社は仮想通貨市場に強気相場が到来し、ステーブルコインを用いた決済や送金が急速に拡大していることから「2024年はさらに大きな成長の年になる」との考えを示しており、「ステーブルコインの取引量がVISAを超える」と予測しています。

イーサリアムの取引活発化

イーサリアムに関しては「2024年に仮想通貨関連のアプリが主流になることで、イーサリアムネットワークにおける手数料の支払い額が少なくとも2倍になる」と予想されており、「イーサリアムは世界で最も急速に成長する大規模なテクノロジープラットフォームの1つになると考えられる」ともコメントされています。

イーサリアムに関しては、2024年に予定されるアップグレード「Dencun」に含まれる「EIP-4844」によって、Ethereumレイヤー2の平均トランザクション手数料が0.01ドル(約1.4円)を下回る可能性があるとも予想されています。

同社は「ネットワークの利用コストが90%以上削減されれば、個人が参加できるアクティビティの種類が大幅に増加する」と説明しており、少額決済・ソーシャルメディア・ゲームなどの主要製品アイデアが実現し、EIP-4844が仮想通貨関連主流アプリの道を開くことになると語っています。

音楽業界におけるNFT活用

「テイラー・スウィフトがNFTを発行する」という予想は"音楽業界におけるNFTの主流化"を示すもので、NFTが「ライブや体験などへの独占アクセス」や「ロイヤリティを通じてファンに音楽の部分的な所有権を提供する」などファンと交流するための可能性を秘めていることが説明されています。

また、スヌープ・ドッグやエミネムなどといった有名アーティストが既にNFTを採用していることも説明されており、Spotifyが音楽を聴くために特定のNFTが必要となる「トークンゲート型プレイリスト」をテストしていることも説明されています。

半自律型AIエージェントの仮想通貨採用

Bitwiseは「2024年以降には、フライト変更したり、ヘッドフォンが壊れた際に新しいヘッドフォンを注文したりなど、特定のタスクを直接実行できる"半自律型AIエージェント"の出現がテーマになる」と予想しています。

しかし、世界中で簡単に取引できる機能がなければAIエージェントの能力は限られてしまうため、そのためにBTCやステーブルコインなどの仮想通貨が活用され、2024年には小規模ながらもそれが起こり始めると予想されています。

財務アドバイザーの仮想通貨採用

財務アドバイザーの仮想通貨採用は"ボーナス予想"として語られているもので、現時点では顧客口座に仮想通貨投資を含ませているアドバイザーは驚くほど少ないが、そのようなアドバイザーが仮想通貨を採用し始めるのは時間の問題だと予想されています。

現物ビットコインETFが正式にローンチされると、米国の財務アドバイザーは数回のクリックでBTCに資金を割り当てることができるようになるため、多くのアドバイザーが仮想通貨を投資先として採用し始め、2024年末までには少なくとも4人に1人の財務アドバイザーが仮想通貨を採用すると予想されています。

Bitwiseが公開したレポートの内容は「こちらのページ」で確認することが可能です。

>>価格予想に関する記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【抵抗線突破】NEM/XEM「5円台」まで価格回復|今後の注目ポイントは?

【抵抗線突破】NEM/XEM「5円台」まで価格回復|今後の注目ポイントは?

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

マイアミ国際空港が「ビットコインATM」初導入|旅行者の利用増加に期待

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

ErisX「ビットコイン現物決済先物」を正式に公開

ErisX「ビットコイン現物決済先物」を正式に公開

X・Discordのアカウントで簡単にウォレット作成「TIPWAVE」ベータ版公開

X・Discordのアカウントで簡単にウォレット作成「TIPWAVE」ベータ版公開

Chiliz&Socios:初の「F1チーム公式ファントークン発行」が決定|2チームと提携

Chiliz&Socios:初の「F1チーム公式ファントークン発行」が決定|2チームと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説