現物イーサリアムETF、米国で承認される可能性は?専門家の見解まとめ

by BITTIMES

現物イーサリアムETF承認に関する専門家の見解

米国証券取引委員会(SEC)が今月11日に現物ビットコインETFの上場を承認したことを受けて、仮想通貨業界では"現物イーサリアムETFの上場承認"にも期待が高まっています。

現物イーサリアムETFの上場申請は既に「BlackRockFidelity・VanEck・Hashdex」など複数社から行われており、VanEckやHashdexの申請の結果発表は2024年5月に予定されていますが、これらのETF申請が承認されるかどうかについては専門家の間でも意見が分かれています。

ニコラス・パニギスツォグロウ氏:JPMorgan

JPモルガンのアナリストであるニコラス・パニギスツォグロウ氏は、仮想通貨メディア「The Block」に対して『米SECが5月までに現物イーサリアムETFを承認する可能性は50%以下だ』と語ったと伝えられています。

同氏は「米SECが5月までに現物イーサリアムETFを承認するためには、BTCと同じようにETHを"有価証券ではなく商品である"と分類する必要がある」と述べており、5月までにイーサリアムが商品として分類される可能性は50%以下だと説明しています。

米投資銀行「TD Cowen」リサーチグループ

米投資銀行「TD Cowen」のリサーチグループは『米SECが現物イーサリアムETFを承認するまでにはもうしばらく時間がかかる』と予想していると伝えられています。

同社チームは「米SECはその他の仮想通貨ETFを承認する前に、現物ビットコインETF承認後の状況について一旦様子を見たいと考えるのではないだろうか」と述べており、「承認までに26ヶ月はかからないかもしれないが、11月の大統領選以降になる可能性がある」と予想しています。

また、同社は「トークンがどのように規制されるのか、どのような種類の開示が要求されるのか、どの機関が投資家保護を担当するのかといった枠組みを確立するための法案の制定が必要になると考えている」とも述べています。

エリック・バルチュナス氏:Bloomberg

ブルームバーグETFアナリストであるエリック・バルチュナス氏は『現物イーサリアムETFが2024年5月に承認される確率は70%だ』と語ったと伝えられています。

同氏は「現物ビットコインETFが承認されて、現物イーサリアムETFが承認されないというシナリオは想像できない」と述べており、ローンチ時期は明確ではないが、承認確率は70%だと語ったと報じられています。

なお、同じくブルームバーグのETFアナリストであるジェームス・セイファート氏は、米SECがイーサリアム先物ETFを承認していることから「米SECは暗黙のうちにイーサリアムを商品として受け入れている」と指摘しており、現物イーサリアムETFも承認される可能性が高いと予想しています。

マーク・ユスコ氏:Morgan Creek Capital

Morgan Creek Capitalの共同創設者兼CEOであるマーク・ユスコ氏は、仮想通貨メディア「Cointelegraph」のインタビューに応じた際に『現物イーサリアムETFが2024年に米国で承認される確率は50%未満である』と語っています。

米SECのゲイリー・ゲンスラー委員長は現物ビットコインETFが承認された際に「今回の承認は有価証券に該当しないビットコインに限定したものであり、その他暗号資産のETFを承認する意思を示すものではない」ということを強調していましたが、マーク・ユスコ氏はそのような米SECの敵対的な姿勢から、現物イーサリアムETFが承認される可能性は低いとの見解を示しています。

また、同氏は米SECがイーサリアムを有価証券とみなしている可能性があることも指摘しており、米SECは過去に「イーサリアムは証券ではない」との見解を示したが、その後はそれに反するような発言も行われていると説明しています。

>>ETF関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

P2EゲームJobTribes:人気漫画「大東京トイボックス」とのコラボNFT販売へ

P2EゲームJobTribes:人気漫画「大東京トイボックス」とのコラボNFT販売へ

ICO(クラウドセール)のココを見ろ「成功する7つのルール」

ICO(クラウドセール)のココを見ろ「成功する7つのルール」

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

パリ・サンジェルマンFC:Sociosアプリで「$PSGデジタルコレクティブル」提供へ

パリ・サンジェルマンFC:Sociosアプリで「$PSGデジタルコレクティブル」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

ビットコインドック新記録達成:開始わずか24時間で120万ドル以上を調達

ビットコインドック新記録達成:開始わずか24時間で120万ドル以上を調達

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す