シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

by BITTIMES   

手動バーンから自動化フェーズへ

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の新たなレイヤー2ネットワーク「Shibarium」で実施されている「SHIBバーン」の取り組みが、テストネット上で自動化フェーズに突入することが明らかになりました。

SHIB BURN(シババーン)とは、Shibariumのオンチェーン取引で手数料として徴収されるBONEの70%を使用して「SHIBの買い戻しとバーン」を行う仕組みのことを指します。

バーン(焼却処分)とは、特定の仮想通貨を利用不可能なウォレットアドレスに送金して、二度と使えないようにする行為のことであり、SHIBバーンによってShibarium上の取引が増加するほどSHIB流通量が減少する環境が実現しています。

SHIBバーンは現在「一定数のBONEが蓄積されたタイミングで手動バーンを行う仕組み」で実施されていますが、今回は「SHIBバーンを自動的に行うシステム」のテストが開始されることが報告されています。

Puppynetでのテスト後にメインネット実装

このテストは最初に2024年1月から「Puppynet」と呼ばれるテストネット上で実施される予定で、効率と信頼性を高めるためのアップグレードを複数回行なった上で、メインネット上に実装する流れになると報告されています。

SHIBの自動バーンは事前定義されたルールに基づいて実施される仕組みで、より効率的で透明性の高いものになると報告されています。

SHIBの手動バーンはこれまでにも複数回実施されていて、今月10日には第5回目のSHIBバーンを実施、合計バーン枚数は約432億SHIBに達しているため、自動化システムに移行した後のさらなるバーンにも注目です。

なお、今回の内容は今月24日に公開された「The Shib:Edition 11」の中で報告されたもので、記事の中では最新のエアドロップ情報などを含む、複数の話題が取り上げられています。

>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Galaxy Digital創設者「ビットコイン投資のタイミングは今」景気後退を予想

Galaxy Digital創設者「ビットコイン投資のタイミングは今」景気後退を予想

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

ロシア金融監視機関:AI用いた「暗号資産取引追跡ツール」を開発|DASHなどにも対応

チケット売買マッチングサイト「金券広場」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPが利用可能に

チケット売買マッチングサイト「金券広場」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPが利用可能に

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Cardano:バイロンメインネットの「ウロボロスBFT」本日実装へ

Cardano:バイロンメインネットの「ウロボロスBFT」本日実装へ

バイナンスジャパン「ネム(NEM/XEM)の取扱い廃止」を発表

バイナンスジャパン「ネム(NEM/XEM)の取扱い廃止」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説